「バカドリル」で有名な天久聖一の17年ぶり連載作品『サヨナラコウシエン』がついに単行本化!
2018年10月26日 更新

「バカドリル」で有名な天久聖一の17年ぶり連載作品『サヨナラコウシエン』がついに単行本化!

株式会社リイド社より、「バカドリル」などが著名な天久聖一の単行本「サヨナラコウシエン」が現在好評発売中です。

326 view

「バカドリル」で有名な天久聖一の17年ぶりの連載作品がついに単行本化!

株式会社リイド社より、「バカドリル」などが著名な天久聖一の単行本「サヨナラコウシエン」が現在好評発売中です。

表紙はこちらです。

 (2058300)

「サヨナラコウシエン」あらすじ

「サヨナラコウシエン」の主人公は、もうすぐ6さいの5さい“ふじお”。だいすきなおじいちゃんとサヨナラするため、ふじおは甲子園を目指します。ギャグとメルヘンとほんの少しの涙で描かれた“別れの物語”です。

こちらで試し読みができます!

天久聖一のサイン会も開催!!

2018年10月27日17:00よりヴィレッジヴァンガード下北沢店イベントスペースにて、天久聖一のサイン会が開催されます。単行本をヴィレッジヴァンガード下北沢店で購入するか、こちらの電話番号(TEL:03-3460-6145)にて予約が可能です。

※Twitter等のSNSでの予約は不可。

天久聖一って何をやってる人なの?

天久聖一(あまひさまさかず)は1968年生まれの漫画家、アニメーター、アニメーション監督。1989年にマガジンハウス「パンチザウルス」でデビュー。 以後漫画以外の分野で活躍中です。
 (2058341)

1988年に休刊した平凡パンチの新装版として刊行された1989年の「NEWパンチザウルス」。わずか4か月で休刊しました。
主な著書として「バカドリルシリーズ」(タナカカツキ氏との共著)「味写入門」「こどもの発想」小説「少し不思議。」などがあり、電気グルーヴ、ゆらゆら帝国のPV制作など映像作品も手がけています。
 (2058342)

1997年に刊行した「バカドリル いくよ」。

電気グルーヴ 『Cafe de 鬼(顔と科学)』

天久聖一が手掛けた電気グルーヴ 「Cafe de 鬼(顔と科学)」のPV。

ご購入はこちらから!

書籍概要

25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

SF、不条理、お色気の巨匠・吾妻ひでおの傑作「スクラップ学園」の完全版が復刻!!

SF、不条理、お色気の巨匠・吾妻ひでおの傑作「スクラップ学園」の完全版が復刻!!

マニア必見!SF、不条理、お色気漫画の巨匠・吾妻ひでおのギャグ漫画「スクラップ学園」が、「吾妻ひでおベストワークス 3 スクラップ学園」上下巻として、復刊ドットコムより発売されます!
隣人速報 | 4,567 view
【TODAY IS MONDAYとは?】課長バカ一代【拳骨編】

【TODAY IS MONDAYとは?】課長バカ一代【拳骨編】

1996年から講談社で連載が始まった、野中英次作のギャグ漫画「課長バカ一代」。読み進むうちに、「今の日本のサラリーマンに欠けているものはこれではないか?」と錯覚(笑)させるくらい腹がよじれる感覚のある漫画です。今回第3弾として、課長(補佐代理)八神の活躍をご紹介します。
松芝電機のスバラシき商品開発力!?【課長バカ一代】その2

松芝電機のスバラシき商品開発力!?【課長バカ一代】その2

1996年から講談社で連載が始まった、野中英次作のギャグ漫画「課長バカ一代」。前回、周囲の社員を振り回す「課長補佐代理心得」八神のご紹介をしましたが、今回は彼が勤務する「松芝電機」の画期的な新商品と、その商品で周囲を再び振り回す八神の活躍をご紹介します。
ジバニャンLOVE | 2,127 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,678 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 963 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト