ホコ天、竹の子族、ローラー族などを見届けてきた若者文化のシンボル「原宿旧駅舎」の解体工事が開始される。
2020年8月24日 更新

ホコ天、竹の子族、ローラー族などを見届けてきた若者文化のシンボル「原宿旧駅舎」の解体工事が開始される。

若者文化の中心・原宿のシンボルとして長年親しまれてきたJR山手線の原宿旧駅舎の解体工事が、8月24日より開始されました。

1,013 view

若者文化の中心・原宿のシンボルであった原宿駅の旧駅舎が解体。

若者文化の中心・原宿のシンボルとして長年親しまれてきたJR山手線の原宿旧駅舎の解体工事が、8月24日より開始されました。

第一報はこちらです!

1924年に完成して以来、都内最古の木造駅舎として96年にわたり原宿の象徴として存在感を示していた原宿旧駅舎。2020年3月には隣接する新駅舎にすべての機能が移転したため、役目を終えたとしてこのたびの解体となりました。しかしながら、JR東日本によれば旧駅舎を外観を再現した建物を解体した資材を使って建設する予定があり、原宿からは旧駅舎は姿を消すものの、同じ意匠の建物は再建されるとのことです。

原宿の若者文化におけるキーワードを振り返る!

昭和~平成~令和に至るまで、常に若者文化の中心地であり続けている原宿。特に昭和後期には、今でも語り継がれる原宿を拠点とした流行が多数存在していました。ここではその中からいくつかをピックアップしてみましょう。
 (2221174)

トシちゃんも「原宿キッス」という曲を出してました!

歩行者天国(ホコ天)

1977年から1996年にかけて、代々木公園の交番前から青山通りにかけてのおよそ2キロの道路で実施していた「歩行者天国」。ホコ天とも呼ばれ、若者たちがそこでパフォーマンスを繰り広げることによって新たな文化が次々と生まれました。竹の子族やローラー族(後述)、そしてイカ天バンドなどがその典型例とされています。

1980年代の原宿ホコ天(竹の子族とジャズバンド合戦)

竹の子族

80年代前半を中心に一大ブームとなった「竹の子族」。その独特な派手な服装と、当時流行していた「アラベスク」「ヴィレッジ・ピープル」といったディスコサウンドをラジカセで響かせながら、歩行者天国の路上でグループ単位で踊っていました。
 (2221197)

ローラー族

竹の子族と同時期に、「ローラー族」と呼ばれる50年代のファッションに身を包んでロカビリーを流しながら踊る集団も登場。80年代の歩行者天国では、両者が混在していました。

タレントショップ

また、80年代を中心に著名な芸能人が原宿に「タレントショップ」を開店し、様々なグッズを販売していました。田代まさし「マーシーズ」、ビートたけし 「元気が出るハウス」、山田邦子「やまだかつてないショップ」などが人気を集めていました。
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【悲報】東京・池袋を代表する百貨店「池袋マルイ」や「セガ池袋GiGO」「東急ハンズ」が閉店。

【悲報】東京・池袋を代表する百貨店「池袋マルイ」や「セガ池袋GiGO」「東急ハンズ」が閉店。

大手ショッピングモール「池袋マルイ」が、8月29日をもって営業を終了し閉店となりました。また、池袋マルイの近隣に位置するアミューズメント施設「セガ池袋GiGO」も9月20日をもって閉店します。さらに「東急ハンズ池袋店」も10月31日に閉店が決定しています。
隣人速報 | 3,124 view
「薔薇族」「さぶ」などともに人気を博したゲイ雑誌『サムソン』が休刊を発表。

「薔薇族」「さぶ」などともに人気を博したゲイ雑誌『サムソン』が休刊を発表。

80年代よりゲイの間で親しまれていた雑誌「サムソン」が、4月22日発売の2020年6月号をもって休刊することが、発行元の海鳴館の公式ツイッターにて明らかとなりました。
隣人速報 | 4,154 view
ガンダムのモビルスーツなどを手がけた大河原邦男デザインの「マンホール蓋」が東京・稲城市にお目見え!!

ガンダムのモビルスーツなどを手がけた大河原邦男デザインの「マンホール蓋」が東京・稲城市にお目見え!!

東京・稲城市にて、「機動戦士ガンダム」などのメカニックデザインで知られる大河原邦男がデザインした「マンホール蓋」が、市内5か所に設置されることが明らかとなりました。11月30日までの間に設置を予定しているとのこと。
隣人速報 | 2,245 view
「天城越え」が根強い人気!演歌歌手・石川さゆり(66)が母親&長女と貴重な“親子三代”ショットを披露!!

「天城越え」が根強い人気!演歌歌手・石川さゆり(66)が母親&長女と貴重な“親子三代”ショットを披露!!

演歌歌手として活躍する石川さゆり(66)がこのたび、自身のインスタグラムにて母親、そして長女の佐保里さんとの親子3代ショットを披露し、ファンを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 325 view
一年におよぶ週刊誌バッシングの渦中に…故・仲本工事さんの妻・三代純歌による手記『笑顔の人―仲本工事さんとの真実』が発売!

一年におよぶ週刊誌バッシングの渦中に…故・仲本工事さんの妻・三代純歌による手記『笑顔の人―仲本工事さんとの真実』が発売!

リーダーズノートより、故・仲本工事さんの妻・三代純歌による手記『笑顔の人―仲本工事さんとの真実』が発売されます。
隣人速報 | 276 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト