『昭和のオカルトブーム』:「ロズウェル事件」「宇宙人解剖映像」「オリバーくん」
2016年9月8日 更新

『昭和のオカルトブーム』:「ロズウェル事件」「宇宙人解剖映像」「オリバーくん」

『昭和のオカルトブーム』として当時、一世を風靡した「ロズウェル事件」(1947年当時の事件・1978年以降の再調査)と「宇宙人解剖映像」(1995年)、「オリバー君」(1976年)を振り返ってみましょう。グロテスクな画像や映像があります。苦手な方は閲覧注意です。

5,319 view

1970年代の後半に、UFO墜落&宇宙人死体回収という「ロズウェル事件」(1947年)が発掘された。世界で最も有名なUFO事件。

UFO墜落&宇宙人死体回収という「ロズウェル事件」(1...

UFO墜落&宇宙人死体回収という「ロズウェル事件」(1947年)

この事件の発端となったのは、1947年7月8日にロズウェル陸軍飛行場(RAAF)が発表したプレスリリースである。

このプレスリリースの中で、軍は「 第509爆撃航空群の職員がロズウェル付近の牧場から潰れた「空飛ぶ円盤(flying disc)」を回収した」と発表した。

しかしその数時間後、第8航空軍司令官はこのプレスリリースを訂正し、「RAAF職員が回収したものは「空飛ぶ円盤(flying saucer)」ではなく、気象観測用気球であったと述べた。
ロズウェル事件(ロズウェルじけん、Roswell Incident)は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名になった事件。

ロズウェルUFO事件(Roswell UFO Incident)とも呼ばれる。なお、付近といってもロズウェルからは70マイル離れていたが、ロズウェル陸軍飛行場(のちの ウォーカー空軍基地(1967年に閉鎖))が深く関わったため、ロズウェル事件と呼ばれる。世界で最も有名なUFO事件といわれている。

本事件に関する情報はきわめて多数あり大変混乱している。何が信頼できるものかも判明していない。
1947年7月8日、軍は「ロズウェル付近の牧場から、壊...

1947年7月8日、軍は「ロズウェル付近の牧場から、壊れた空飛ぶ円盤を回収した」と発表した。

しかし軍は最初の発表から数時間後に前言を撤回し、「回収したものは、空飛ぶ円盤ではなく、気象を観測するための気球だった。」と改めて発表した。

「何だ、そうだったのか。」ということで世間の興味は一気にさめ、この事件はこれで終了した。
1978年、映画『未知との遭遇』の公開により、いっそう...

1978年、映画『未知との遭遇』の公開により、いっそうUFOと宇宙人の存在に現実味を持ったかもしれない。

1977年に公開されたアメリカ映画である。世界各地で発生するUFO遭遇事件と、最後に果たされる人類と宇宙人のコンタクトを描いた。日本での公開は1978年2月25日。

日本のオカルトネタとしてUFOネタが増えたのは、1978年頃以降、この映画が公開された時期です。

忘れさられていた「ロズウェル事件」(1947年)が30年以上後の「1978年」に、突如注目を浴びることになった。1978年以降の再調査。

1978年、UFO研究家のスタントン・T・フリードマン...

1978年、UFO研究家のスタントン・T・フリードマンは、1947年の「ロズウェル事件」発生当時、「軍は異星人の乗り物を極秘裏に回収した」と発表した。

1978年、元核物理学者で作家のスタントン・T・フリードマンはジェシー・マーセルにインタビューした。マーセルは、回収された場所からフォートワースまでロズウェルの残骸に同行したと知られる唯一の人物である。

それからほぼ15年のあいだ、彼や他の関係者はロズウェル事件についての話をもたらし、これらの話はロズウェルを忘れられた事件から、たぶん全ての時代の中で最も有名なUFO事例へと押し上げることとなった。
ロズウェル事件墜落現場のCGによる復元

ロズウェル事件墜落現場のCGによる復元

1970年代後半に、UFO研究家たちによって、ロズウェル事件の再検証が行われた。その結果、事件発生当時には宇宙人の話は一切出ていなかったのにも関わらず、1980年代には墜落した円盤や宇宙人(グレイ)の死体を見たという証言が続出、関連文書も相次いで発見された。

これらのほとんどは信憑性が無かったり、偽書と証明されたりして、事実の裏づけとして認められるものではなかった。

そんなロズウェル事件が一人歩きし始めたのを受けてなのか、アメリカ空軍は1994年に、事件発生当時『プロジェクト・モーグル』という機密計画による秘密実験が行われていた事を公表し、ロズウェルに墜落した物体は旧ソ連の核実験監視に使われる調査用気球だったと明らかにした。しかし、それも軍による隠蔽であると疑う者も少なくない。

日本では矢追純一のテレビスペシャル番組や、グレイの解剖シーンが収録された宇宙人解剖フィルムなどで注目を集めた事件として知られる。

グレイのイメージは、このロズウェル事件によって多くの人に広められたと言える。しかしながら宇宙人解剖フィルムが偽造であったことは既に解明済みである。
ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「墜落したUFO」

ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「墜落したUFO」

この出来事はすぐに忘れさられたが、30年以上後に、突如注目を浴びることになった。

1978年、UFO研究家のスタントン・T・フリードマンは、1947年の事件発生当時、問題の残骸の回収に関わったジェシー・マーセル少佐Jesse Marcelにインタビューを行い、「軍は異星人の乗り物を極秘裏に回収した」と発表した。フリードマンの主張はテレビのドキュメンタリー番組で取り上げられることとなった。

1980年2月、タブロイド紙の「ナショナル・エンクワイアラー」紙(The National Enquirer) がマーセルのインタビュー記事を掲載し、ロズウェル事件は全世界の注目を集めることとなった。

それ以降、この事件は世界中で様々な憶測や噂、研究、調査などの対象となっており、それは現在になってもなお進行中である。

アメリカ政府の公式見解
アメリカ政府の公式見解は1997年6月24日にアメリカ空軍総司令部が提出した報告書としてまとめられており、それによると、1947年に回収された物は極秘の調査気球であり、また「宇宙人の死体の回収と解剖」とは、1956年6月26日に発生したKC97航空機の墜落事故との記憶混同であるとされる。
ネリス空軍基地内の「エリア51」のS-4に保管されてい...

ネリス空軍基地内の「エリア51」のS-4に保管されているところを撮影した、ロズウェルで 回収された異星人の死体と言われる写真。

米中央情報局(CIA)がこのほど公開した資料で、宇宙人説や米政府陰謀説に絡めて長年話題を振りまいてきた軍事基地「エリア51」の存在を初めて公式に認めた。ネバダ州内の所在地を記した地図も併せて公表している。

この資料は米研究者が2005年に行った情報公開請求に基づいて公開された。それによると、エリア51は米政府が実施していた航空監視活動の実験場だったとされる。
このうち「U-2」と呼ばれる活動では、冷戦時代に旧ソ連を含む世界各地を監視していたという。場所はラスベガスから約200キロ北西にある。

エリア51を巡っては、米政府が宇宙人に関する秘密を隠しているとの説が長年にわたって展開されてきた。20世紀半ばごろにはネバダ州の砂漠に未確認飛行物体(UFO)が出現したとの情報も相次いで浮上している。

出典:(CNN)米CIAが「エリア51」の存在認める、宇宙人には言及せず
http://www.cnn.co.jp/usa/35036033.html
ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「回収された...

ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「回収された異星人の死体」

ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「回収された...

ロズウェル事件の時の写真と言われているもの「回収された異星人の死体」

ロズウェルUFO事件の証拠映像として世界中で放映された「宇宙人解剖フィルム」(1995年) 2006年、制作者たちによってフィルムは偽物であると告白された。

ロズウェルUFO事件の決定的な証拠映像として1995年...

ロズウェルUFO事件の決定的な証拠映像として1995年8月28日、「宇宙人解剖フィルム」と呼ばれる衝撃の映像が世界同時公開された。

2006年、制作者たちによってフィルムは偽物であると告白された。

2006年4月、イギリスの彫刻家で、テレビや映画にて特殊美術を担当していたジョン・ハンフリーという人物が、宇宙人解剖フィルムに出てくる宇宙人を作ったのは自分だと告白したのだ。
異星人解剖フィルムと呼ばれる映像は、イギリスの映像実業家レイ・サンティリ (Ray Santilli) によって世に出され、1995年8月28日に世界中のテレビで一斉に公開された(日本でのテレビ放映は1996年2月2日(フジテレビが購入)、後にビデオソフト化されている)。

サンティリの説明によると、1947年7月にニューメキシコ州ロズウェルに異星人の乗り物が墜落し、その1ヶ月後にテキサス州ダラスのフォートワース基地内で異星人の死体解剖が行われた。

この墜落現場と異星人死体解剖を撮影したという従軍カメラマンが現れ、そのフィルムをサンティリが買い取った、という話だった。

実際に、1947年にロズウェル近辺に異星人の乗り物が墜落したと主張されるロズウェルUFO事件では、一部の目撃者が回収された異星人の死体解剖が行われていたと証言していた。

【グロテスクな映像なので閲覧注意】宇宙人解剖フィルム

1995年にイギリスの映像実業家によってもたらされた、異星人の死体解剖を撮影したものと当初主張された記録フィルムである。

2006年、制作者たちによってフィルムは偽物であると告白された。異星人解剖フィルムとも呼ばれる。他の異星人解剖フィルムと区別するためにサンティリフィルムと呼ばれることもある。
日本ではフジテレビが購入し、1996年2月2日に『金曜超テレビ宣言!』内の特別番組『UFO墜落から48年 今世紀最大の衝撃映像宇宙人は本当に解剖されていた!!』の中で初めて放映された。

2006年4月、制作者たちの「フィルムは偽物である」という告白

ロズウェル事件で回収されたという操縦パネルのようなUF...

ロズウェル事件で回収されたという操縦パネルのようなUFOのパ-ツ 「宇宙人解剖フィルム」より

1995年6月に現れた映像。"Roswell: The Footage"に収録。六本指の手の形が印刻されたパネルと、「ヒエログラフ」のような印字のあるIビームが映る。
出典 ameblo.jp
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 1,009 view
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 1,155 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 4,787 view
相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

70~80年代に人気を集めたキャラクター人形『モンチッチ』。サンキューマートとのコラボ商品を発売した。合皮台形ポーチや缶バッジ等、レトロな雰囲気が可愛く演出された商品となっている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト