ロス疑惑とは何だったのか?ロスに始まりロスに終わった三浦和義氏の生涯について。
2018年12月5日 更新

ロス疑惑とは何だったのか?ロスに始まりロスに終わった三浦和義氏の生涯について。

「ロス疑惑」私たちが子どものころ、マスコミで大きく取り上げられた事件でしたね。子どものころはよく分かりませんでしたが、その後三浦和義氏はバラエティ番組などにも普通に出演していました。2008年に自殺、真相はついぞ明らかになりませんでしたが、そんな彼の生涯を振り返ります。

55,987 view

ロス疑惑

私たちの世代、ワイドショーで大きく取り上げられたこの事件のことを憶えている人は多いのではないでしょうか。

ロス疑惑の渦中の人、三浦和義

1981年から1982年にわたり、アメリカ・ロサンゼルスで起こった銃殺・傷害事件に関して、元実業家、随筆家、タレント、俳優である三浦和義氏にかけられた一連の疑惑、それが『ロス疑惑』でした。

ロス事件、三浦和義事件、疑惑の銃弾事件などと呼ばれることもあります。
その「疑惑」は保険金目当ての殺人でした

その「疑惑」は保険金目当ての殺人でした

1981年、ロサンゼルスで起こった殺人事件に関して、当初被害者の夫と見られていた三浦和義氏が「保険金殺人の犯人」なのではないかと日本のマスコミによって嫌疑がかけられ、過熱した報道合戦となり、事件に対する科学的な考察よりも三浦氏にまつわる疑惑について盛んに報じられていました。

三浦氏は、日本で行われた裁判で2003年、無期懲役から一転して無罪が決まりましたが、2008年、米国領土内において共謀罪容疑で捜査当局に逮捕され、ロスに移送後自殺、遺体として発見されたのです。

三浦和義氏を振り返る

一時はバラエティ番組に出演することも

ニュースとワイドショーが別枠だった時代に、この事件はどちらでも報道されていたことが印象的でした。
三浦 和義(みうら かずよし、1947年7月27日 - 2008年10月11日)は、山梨県出身の元実業家、随筆家、タレント、俳優。タレント事務所のアルファ・ジャパンプロモーションに所属し、株式会社エヌジーユー代表取締役であった。

身長181cm、体重78kg。父方の叔母に元女優・映画プロデューサーの水の江瀧子がいる。いわゆる「ロス疑惑」が取り沙汰された。

生い立ち

父親は建築会社に勤める土木技師、母親は料亭の娘で、山梨県で生まれ、幼少期を北海道で過ごしたのち千葉県で育ちます。

小学生だったころ、映画プロデューサーだった叔母、水の江瀧子の家へ遊びに行くと沢山の俳優たちからお年玉をもらい、その額はなんと30万~40万円に達していたそうです。このことについては「嬉しかったけど、大人を見くびることにはなった。どうしても歪むだろう」と語っています。

子役時代

水の江瀧子から俳優にならないかと勧められ、彼女のプロデュースする映画で石原裕次郎の少年時代を演じる子役として出演したことがあります。

当時、瀧子さんの実子説というものがあり、撮影所のスチール担当者から「水の江さんの子供なんだから、やっぱり大きくなったら役者になるんだろう」と話しかけられ、三浦氏自身もこの実子説を信じていたらしい、という時期がありましたが、1985年には「水の江滝子の実子説というのはなんの根拠もありません」と否定するようになりました。

その後、日立市へロケに行ったときに芸能界というものに愛想が尽きて勝手に帰宅、そのまま芸能界からは引退しました。

青年時代

中学校在学中は複数回の家出を経験。教師と喧嘩して窓から飛び出したりと、とにかく破天荒で家から数十万円を持ち出して大阪に行ったこともあったそうです。このころ、精神病院に入れられていたこともあるとか。

その後、様々なものに影響を受け、海外に出ることを志したり、陸上自衛隊少年工科学校を受験して失敗したり、なんだかんだあって整備工になります。

やがて学歴の必要性を感じ、高校に進学。しかし、生徒会長でありながら女子生徒と授業をサボって箱根で一泊し停学処分を受けたり、強盗傷害やバイク泥棒、日本刀不法所持で逮捕されるなどの問題行動を度々起こしていたそうです。

1966年には放火などの容疑で逮捕され少年刑務所で7年間の服役を経験しています。鑑別所からの脱走歴なども…。

実業家

実業家としての顔も

実業家としての顔も

出所後は『土曜漫画』編集部に入り、高井研一郎やはらたいらといった漫画家の原稿を取りに行き、家に泊まりこむといった生活を送っていました。1974年には『週刊漫画』の編集部に入り、雑用係を務めていたそうです。

その後、ロサンゼルスのカルチャー誌『WET』の日本駐在員を経て、1976年には雑貨輸入会社「フルハムロード」を設立しました。

「ロス疑惑」

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あなたは「結婚詐欺師 クヒオ大佐」事件を知っていますか?1億円を騙し取った実在の結婚詐欺師

あなたは「結婚詐欺師 クヒオ大佐」事件を知っていますか?1億円を騙し取った実在の結婚詐欺師

結婚詐欺師「クヒオ大佐」。実際に1億円の結婚詐欺を行ったこの事件はワイドショーなどでも報道されましたね。約20年にわたり結婚詐欺を続けたのだから驚きです。後に堺雅人主演の映画にもなりました。
青春の握り拳 | 325,433 view
昭和64年(1989年1月1日~7日)に起きた出来事を収集してみよう。

昭和64年(1989年1月1日~7日)に起きた出来事を収集してみよう。

先日、映画「64(ロクヨン)」を鑑賞してきました。昭和から平成に変わった1989年、みなさんはいくつでしたか?すでに30年近くが経とうとしている昭和64年の7日間に起きた出来事を集めてみました。
青春の握り拳 | 9,600 view
「国会の暴れん坊」ハマコーこと浜田幸一の破天荒な生涯。

「国会の暴れん坊」ハマコーこと浜田幸一の破天荒な生涯。

「ハマコー」こと浜田幸一といえば「国会の暴れん坊」としてその名を轟かせました。今の時代にはなかなか現れない破天荒な政治家だと思いますが、その武闘派かつ破天荒ぶりを振り返ってみようと思います。
青春の握り拳 | 22,329 view
大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

大場久美子(58)がナイスバディ過ぎるビキニ姿を披露!還暦前にはとても見えないと話題に!!

歌手・女優として活躍する大場久美子(58)が、自身のブログにてキッチンで撮影したビキニ姿を披露しました。還暦前とは思えないその若々しい姿が、現在ネットを中心に大きな話題となっています。
隣人速報 | 41,156 view
マネーの虎などにも出演!ホストブームの仕掛け人「ホストの帝王」愛田武さん死去。

マネーの虎などにも出演!ホストブームの仕掛け人「ホストの帝王」愛田武さん死去。

新宿・歌舞伎町における日本最大のホストクラブグループ「クラブ愛」の元社長、愛田武さん(本名:榎本武)が10月25日に都内近郊の病院で亡くなりました。78歳でした。
隣人速報 | 2,217 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト