広島カープ【大野豊さん著】「カープ”投手王国”再建へ」で語る広島投手陣
2018年1月7日 更新

広島カープ【大野豊さん著】「カープ”投手王国”再建へ」で語る広島投手陣

2016年、2017年と2年連続でセ・リーグを制覇した広島カープ。その3年前(2013年)に、広島のレジェンドと言われる大野豊さんが本を書いておられます。NHK解説者も務めた物腰の柔らかい文章ながら、問題点をずばっと予期していました。その本から少しご紹介します。

436 view

今回は、こちらの書籍を参考にさせていただきました。

カープ“投手王国"再建へ (宝島社新書) | 大野 豊 |本 | 通販 | Amazon

802
Amazonで大野 豊のカープ“投手王国"再建へ (宝島社新書)。アマゾンならポイント還元本が多数。大野 豊作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またカープ“投手王国"再建へ (宝島社新書)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

大野豊投手。

大野豊投手のカード。

大野豊投手のカード。

大野さんから見た北別府さんと川口さん。

北別府さん。

北別府さん。

川口さん。

川口さん。

川口さんはこんなDVDまで出しています。

「川口和久の右脳的ピッチング術」。

「川口和久の右脳的ピッチング術」。

かつて「投手王国」と呼ばれた広島カープ。
敬称略でいくと、北別府、川口、大野、山根、金石、川端、長冨、白武、清川、そして津田・・・。
打力があまりよろしくなかったので、これらの投手が、味方の援護をじっと待ちながら抑え続け、1対0とか、2対1で勝つという、玄人好みのような野球をしていたことを覚えています。
では、今回の著者、大野さんは、先発三本柱といわれた、北別府さんと川口さんをどう見ているのでしょうか。

「エースの中のエースは北別府さん」。

北別府さんは大野さんより2年年下ですが、高卒ルーキーとして入ったので、プロでは大野さんより1年先輩です。
92年7月にはプロ野球史上22人目、カープのピッチャーとしては(日本球界のみでは)唯一の200勝投手となりました。(2016年に日米通算で黒田さんが200勝を挙げています。この本は2013年出版なので、この時点ではカープ唯一。)
カープの歴史の中で、エースの中のエースは、北別府さんをおいてほかにはありません、と述べています。
針の穴をも通すコントロール。

針の穴をも通すコントロール。

北別府さんは、正確無比なコントロールを誇り、大野さんも、数多いプロ野球のピッチャーでもトップではないか、と述べています。
「球が速いだけがピッチャーではない」と、北別府さんは主張していたそうです。
また、常に冷静ながら、芯の強さ、負けず嫌いな性格であったそうです。
剛腕投手にありがちな、インコースにスピードボールを投げ込むことが攻めという考え方ではなく、変化球で、緩急をつけながら追いこんでいく。そういう投手だと述べています。
また、フォームがバランスよく、無駄な力が入らないので、コントロールにもブレが生じにくく、ケガにつながることも少ない。
また、バッティングも得意としていて、若手の手本でもあると大野さんは称賛しています。
投手として200勝を挙げた一方で、打撃に関しても現役通算で5本の本塁打を放っており、これは広島に所属した投手(野手転向した選手は除く)としてはコルビー・ルイスと並び歴代最多である。

荒れ球で三振を取りまくる川口さん。

北別府さんと正反対のタイプのピッチャーが、川口さんでした。
「ピッチャーはコントロールよりもスピードとパワーだ」と言わんばかりに、全身を使って勢い良く投げるパワフルなピッチャーだったそうです。
フォアボールも多かったのですが、気にすることもなく、その後を抑えればいいという考え。
まさに北別府さんと正反対です。
よく川口さんの投球は、「ボールの行先はボールに聞いてくれ」と呼ばれていたのを覚えていま
す。
荒れ球でバッターからすれば目標を定めにくく、またパワーもあったので、最多奪三振を87年、89年、91年と3回記録しています。そして95年9月には史上14人目となる2000奪三振も達成しています。

荒れ球も個性として育てたチーム。

ボールの行方はボールに聞いてくれ!!。

ボールの行方はボールに聞いてくれ!!。

とはいえ、フォアボールが多いと、守っている野手は疲れてしまうという問題もあります。
しかし、川口さんにコントロールを重視させると、ボールを置きにいって、スピードが落ちてしまう可能性もある。それでは川口さんの荒れ球の「魅力」が消えてしまう、という意識がチームにはありました。
頭脳派の監督であれば、最小限の力で最大限に勝つことを優先するため、コントロールを重視するのでしょうが、当時のカープは、選手の個性をさらに伸ばす方針を取っていました。
それにうまく乗り、三本柱の一人になったということです。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

【セ・リーグ3連覇、そして日本一は?】大野豊・野村謙二郎著【広島カープ最強伝説の幕開け】

一昨年(2016年)昨年(2017年)と、セ・リーグを制覇したのは見事ですが、1984年以来日本一になっていないという厳然たる事実がある広島カープ。1984年って何年前?と数えるのも大変な状況に変わりはありません。今年こそは!、というカープファンも多いと思います。カープのレジェンド・大野豊さんと野村謙二郎さんが「広島カープ最強伝説の幕開け」という本を著しています。
【祝:広島カープ2017セ・リーグ制覇!】不遇の時代を耐えた名選手たち

【祝:広島カープ2017セ・リーグ制覇!】不遇の時代を耐えた名選手たち

2016年に引き続き、2017年もセントラルリーグを制覇した、広島カープ。昨日(2017年10月24日)、惜しくもCSで敗退し、日本シリーズ進出はなりませんでした。広島ファンとしては非常に残念です。広島カープには、15年連続Bクラスという不遇の時代がありました。その時代を耐え、今の礎を築いた名選手たちを、カードでご紹介します。
赤ヘルファンが知識を披露するチャンス到来!「第2回中国新聞カープ検定」が開催決定です!!

赤ヘルファンが知識を披露するチャンス到来!「第2回中国新聞カープ検定」が開催決定です!!

野球マニア必見!「中国新聞カープ検定」の第2回の実施が決定しました。WEB検定は10月6日から10月13日まで、会場検定は11月12日に実施されます。長年培われた野球の知識を披露するチャンス到来ですよ!
隣人速報 | 345 view
投げ方はピンクレディ?UFO投法でインパクトを残した山内泰幸

投げ方はピンクレディ?UFO投法でインパクトを残した山内泰幸

1994年にドラフト1位で広島に入団しUFO投法で活躍した山内泰幸選手についてご紹介します
きゃる | 2,689 view
ミドルエッジ世代が読んでいた『野球漫画』で印象的だった投手って!?

ミドルエッジ世代が読んでいた『野球漫画』で印象的だった投手って!?

ミドルエッジ世代の男子であれば誰もが夢中になったであろう野球漫画。印象的な選手がたくさん登場していましたよね。この記事では、そんな野球漫画に登場した印象的な「投手」を何人かピックアップしてみました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト