台湾から巨人にやってきた呂明賜(ろ めいし)!デビュー9試合で7本塁打!背番号97は体重と同じ!
2016年11月25日 更新

台湾から巨人にやってきた呂明賜(ろ めいし)!デビュー9試合で7本塁打!背番号97は体重と同じ!

1988年、巨人に入団した呂明賜(ろ めいし)。 6月14日の明治神宮野球場の対ヤクルトスワローズ戦で、初回にボブ・ギブソンから初打席初本塁打を記録。その後も打ちまくった呂明賜(ろ めいし)の活躍を振り返る。

19,533 view

台湾からやってきた救世主・呂明賜(ろ めいし)

呂 明賜(ろ めいし。現地読みはルー・ミンスー)。
1964年10月30日生まれ。台湾高雄市出身。

【個人データ】
・身長:178 cm
・体重:86 kg(入団時の体重は97kg。背番号「97」の由来とされている)
・投球・打席:右投右打
・ポジション:外野手、捕手
背番号「97」 呂明賜(ろ めいし)

背番号「97」 呂明賜(ろ めいし)

【日本のプロ野球時代】
初出場:1988年6月14日
最終出場:1991年

【所属チーム】
・読売ジャイアンツ(1988年~1991年)
・味全ドラゴンズ (1992年~1996年)
・高屏雷公 (1997年~2000年)

1988年、台湾からドラフト外で巨人に入団

1988年、呂は台湾の中国文化大学から第3外国人選手として巨人に入団。
当時日本のプロ野球は 、1軍登録可能な外国人選手は2人までだった。

呂の入団時、巨人には投打で活躍していた2人の選手がいた。
投手はメジャーリーグでも名を馳せたガリクソン。打者ではバンザイと敬遠の球を打ったことでも有名なクロマティだった。

呂の出番はあまり無いものと思われていたが、意外にも早く出番が回ってきた。
主砲のクロマティが阪神タイガース戦でデッドボールを受け、右手の小指を骨折したのである。
呂明賜(ろ めいし)

呂明賜(ろ めいし)

そのクロマティの穴を埋めるべく呂は一軍に昇格。
するとすぐさま強烈なインパクトと共に結果を出した。

6月14日の明治神宮野球場の対ヤクルトスワローズ戦で、初回にボブ・ギブソンから初打席初本塁打を記録したのである。
このインパクトは特大で、翌日のスポーツ紙の一面を飾ることとなった。
一軍で初打席初ホームランを伝える日刊スポーツ

一軍で初打席初ホームランを伝える日刊スポーツ

デビュー9試合で36打数12安打7本塁打(またデビュー17試合で10本塁打)と大暴れし、その年のジュニアオールスターゲームとオールスターゲーム(監督推薦)の両方に出場する。当時はオールスターゲームの外国人枠は2人だったが、急遽3人に増設されたほどであった。

前傾姿勢の打撃フォームから繰り出される豪快な一打から、「アジアの大砲」「怪物」(当時の日刊スポーツコラムより)と評された。
後半戦は研究され、苦手の内角速球を攻められ、疲労もあり最終的には本塁打16本となった。

元々は捕手のため強肩で、同年にはライトゴロで打者を一塁アウトにした事がある。
1988年6月のヤクルト戦9回1死二塁、左越えサヨナラ...

1988年6月のヤクルト戦9回1死二塁、左越えサヨナラ2ランを放った呂明賜(ろ めいし)

≪野球ファンによる当時の回想≫

デビュー当時のホームランは鮮烈に印象に残っています。解説者が、『こんなに活躍してくれるなら、日本語読みのロ・メイシではなく、敬意を表してルー・ミンスーと現地読みしてあげましょうよ。これから長いお付き合いになりますから』といっていたのを覚えています。
ベースボール・マガジン社の特集!

ベースボール・マガジン社の特集!

日本に来て、初打席ホームランという衝撃的デビューを果たし、しばらくはホームランを打ちまくったからです。
クロマティや吉村の怪我による離脱もあって、救世主的な扱いをされてました。
漫画にもなったと記憶してます。
1989年4月発売、漫画家さいとう・たかをによる『呂明...

1989年4月発売、漫画家さいとう・たかをによる『呂明賜がゆく』

出典 ameblo.jp

呂明賜(ろ めいし)のホームラン動画

元祖アジアの大砲 呂明賜(ろ めいし)

吉村 原辰德 呂明賜(ろ めいし) 連三打席全壘打

1989年以降の呂 明賜(ろ めいし)

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が、TV番組でバッティングセンターでのホームラン打ちに挑戦!

日曜・朝の番組『帰れまサンデー』(前10:00~11:15)に読売ジャイアンツの名選手、クロマティと篠塚和典が登場。「バッティングセンターでホームランを打つまで帰れない!」の第2弾に挑戦。番組ではクロマティの現役時代の名場面シーンも放送された。
【バルビーノ・ガルベス投手】積み上げた勝利数よりも重かった「あの1球」

【バルビーノ・ガルベス投手】積み上げた勝利数よりも重かった「あの1球」

斉藤・槙原・桑田の三本柱に衰えが見えた巨人のローテーションを支え、NPB在籍5年間で46勝を挙げた、ガルベス投手。彼が投じた「ある1球」は野球ファンの間でいつまでも残っている。だがそれは、マウンドから投じられたものではなかった…。
和尚 | 26,270 view
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 6,870 view
巨人・原監督が1067勝を挙げた今だからこそ振り返りたい!1067勝を上回る勝利数を挙げたレジェンド監督の方々!!

巨人・原監督が1067勝を挙げた今だからこそ振り返りたい!1067勝を上回る勝利数を挙げたレジェンド監督の方々!!

9月11日に行われた巨人-ヤクルト戦にて2対1で巨人が勝利し、巨人・原監督が監督通算1067勝を挙げ、かつての川上哲治の記録を抜き球団単独トップとなる快挙を成し遂げました。では、1067勝を上回る勝利数を挙げた監督には誰がいるのでしょうか?ここで振り返っておきましょう。
隣人速報 | 855 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト