あの美少年、佐藤佑介 (1959年生まれ:俳優)の現在
2017年10月14日 更新

あの美少年、佐藤佑介 (1959年生まれ:俳優)の現在

70年代資生堂のCMに出演していた美少年=佐藤佑介 (1959年生まれ)。俳優デビューや現在の写真。死亡しているという噂について検証してみました。

61,041 view

佐藤佑介

古すぎて(マニアックすぎて)絶対みんな知らないでしょう?っていう芸能人を語るトピ!! | ガールズちゃんねる - Girls Channel - (1927047)

佐藤 佑介(さとう ゆうすけ)
生年月日:1959年7月3日
出身:東京都新宿区
学歴:東京都立代々木高等学校卒業

1972年、「新宿紀伊国屋」に買い物に出掛けた時に当時の売れっ子CMディレクタ-の杉山登志に見出されたという。同年、資生堂のTVCMでデビュー、かつてはサンミュージックに所属していた。

別人の佐藤佑介

同姓同名の俳優(1982年生の佐藤佑介)とお間違えのないように。
別人の佐藤佑介です。

別人の佐藤佑介です。

同姓同名の俳優(1982年生の佐藤佑介)。

2002年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストに応募。

2005年ドラマ『ごくせん 第2シリーズ』、2009年、映画『ごくせん THE MOVIE』に出演。

2009年に事務所を退社して芸能界を引退。

現在は故郷新潟の会社に勤務。

1972年、佐藤祐介は資生堂のTVCMでデビューした

影も形も・図書館 1973年  / 資生堂 シフォネット パウダーアイシャドウ - YouTube (1927046)

1972年(昭和47年)にオンエアーされた資生堂「シフォネット」のテレビコマーシャルでは、図書館で年上の女性を見つめる佐藤祐介の眼差しが衝撃的だった。

そして、佐藤祐介はこのCMで美少年として注目をされるようになった。
1972年といえば、札幌冬季オリンピック、ミュンヘンオリンピックが開催された。
上野動物園でパンダ公開され、連合赤軍によるあさま山荘事件が起こった。

佐藤内閣は退陣し、『日本列島改造論』を発表した田中角栄が首相の座についた。
日本の高度成長は終演を迎えつつあった。

1973年CM 資生堂 シフォネット 杉山登志

1973年(昭和48年)資生堂
シフォネット オートマスカラ 『影も形も・軽井沢』
シフォネット パウダーアイシャドウ 『影も形も・図書館』

春の化粧品デー 1973年 資生堂

1973年(昭和48年)資生堂「春の化粧品デー」
前田美波里、加賀まりこ、秋川リサ、草刈正雄、上原ゆかり、島野敏、宮河久、団時朗、ジャネット八田、佐藤佑介(CM最後17秒の前から2列目の左端)。

俳優に転身した佐藤祐介

1974年に佐藤祐介はサンミュージックに所属し俳優としてデビューした。
青春をテーマにしたテレビドラマや映画に出演。

その後は時代劇の映画や舞台で活動した。
テレビドラマ『大岡越前』、『水戸黄門』などに多数出演している。

映画『恋は緑の風の中』

『恋は緑の風の中』は、1974年11月23日東宝より公開された日本映画。
原田美枝子、佐藤佑介、恋は緑の風の中、スチー... - ヤフオク! (1927007)

思春期の少年を描いた映画『恋は緑の風の中』で、15歳の佐藤佑介は同じく15歳の原田美枝子(生年月日は一つ年上)と共演している。

原田美枝子のデビュー作でもあり、彼女はこの映画で豊満な肉体と清純なお色気を披露した。

1976年2月に亡くなった、東京大学文学部出身の社会派映画監督、家城巳代治氏の遺作となった。
子供の頃スキだった「佐藤佑介」くん見っけ

彼のデビュー作???
原田美枝子さん中学生(位)とは思えないこのお色気・・・
和製オリビア・ハッセーって呼ばれてなかった?

1974年映画『恋は緑の風の中』

中学2年生の純一(佐藤佑介)は中学校の性教育の授業をきっかけに性に興味を持ち目覚めていく。

AVもネットもない時代ですから、性の目覚めのきっかけは、学校の保健体育の授業だった?!

純一が欲しがるファッションアイテムが、なんと「バミューダ」(パンツ)なのだ、昭和の時代を感じる!

懐かしい「バミューダ」(パンツ)と自転車

昭和50年代のサイクリング少年:joy-tank:So-netブログ (1928065)

70年代(昭和45年~)に流行った、「ホットパンツ」という名の短パンが流行した。

バミューダパンツは西インド諸島のバミューダが名前の由来になったぼアメリカンカジュアルの半ズボン。現在のハーフパンツに比べると長さは膝上、シルエットはタイト。チェック柄などが多く見られた。

アイビー全盛の70年代にバミューダが街着として登場、ボタンダウンシャツとのコーデが定番のアイテムだった。


画像は、ブログ「joy-tank」より、昭和50年当時の多動オヤジ さんの写真。

松竹映画『パーマネントブルー~真夏の恋』

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

トム・ジョーンズは、70年代にセックスシンボルと呼ばれていた!

『思い出のグリーン・グラス』でおなじみのトム・ジョーンズは70年代にはセックスシンボルと呼ばれた。16歳で結婚してから、隠し子騒動はあったが、生涯添い遂げた。2006年に英国王室より「ナイト」 の称号が授与され、現在もコンサートを続けている。
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
あまり知られていない、芸能界のシングルマザー♡恋愛や再婚事情

あまり知られていない、芸能界のシングルマザー♡恋愛や再婚事情

70年代から90年代に活躍した、元アイドルの結婚と離婚。あまり知られていない、離婚後の恋愛事情や再婚について、芸能界のシングルマザーについて探ってみた。
リンチや陵辱、暴力にエロ。怨みはらしますの映画「さそり・シリーズ」の梶芽衣子は美しすぎっ!

リンチや陵辱、暴力にエロ。怨みはらしますの映画「さそり・シリーズ」の梶芽衣子は美しすぎっ!

伝説の映画といっていいでしょう。目を覆いたくなる暴力シーンと、目を見開いて凝視せずにはいられないエロシーン。それを美しいにも程がある70年代の梶芽衣子が演じているんです。そりゃ、もう、観ない手はありませんね。
obladioblada | 8,046 view
絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

絶対的な美人といえる70年代の夏木マリ。その色気はハンパなしっ!です。

1973年の「絹の靴下」でブレイクした夏木マリは、お色気全開!ハンパないほどエロチックだったのですが、なんと、当時まだ21歳!今振り返ってみると、そのエロさ、美しさは驚異的だなぁと改めて思う次第です。
obladioblada | 8,797 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト