新井薫子の現在は?芸能界は引退?死亡説の真相と松本伊代との不仲説も調査
2021年10月26日 更新

新井薫子の現在は?芸能界は引退?死亡説の真相と松本伊代との不仲説も調査

人気アイドルの層が厚く、花の82年組と呼ばれた1982年デビューの新井薫子。華々しくデビューしたけれど姿を見かけなくなり、一時期は死亡説も流れていました。そんな新井薫子は現在何をしているのか?芸能界を引退したのか?についてや、同期の松本伊代との不仲説についても調査していきます!

1,188 view

新井薫子のプロフィール

イニシャルは夏(カラーレコード:青)[EPレコード 7inch] - 新井薫子 (2312237)

まずは新井薫子のプロフィールからご紹介します。
本名:新井薫子(あらいかおるこ)
生年月日:1965年6月4日
出身:愛知県名古屋市
キャッチフレーズ:瞳・少・女
最終学歴:堀越高校中退
薫子という名前が、いかにも令嬢という感じで素敵でした。
眼がとてもキレイなので、瞳・少・女というキャッチフレーズも納得です。

新井薫子の芸能活動

Shikase-kunさんのツイートを引用させていただきました。
新井薫子は花の82年組と呼ばれた1982年に、TDKコアが手掛けた初の新人としてデビューしています。
シングルも6曲リリースしていました。
シングル(TDKレコード発売、キングレコード販売委託)

「虹いろの瞳/風のジェラシー」(1982年3月21日)
「イニシャルは夏/Holiday」(1982年6月9日)
「赤い靴/パステル気分」(1982年9月5日)
「私の彼は左きき/愛になりたい」(1982年11月21日)A面は、麻丘めぐみのカバー。
「大和撫子“春”咲きます/片想いのイニシャル」(1983年2月21日)
「OH!新鮮娘/立ち入り禁止」(1983年5月21日)
正統派アイドルらしいビジュアルで、鳴り物入りのデビューでしたが気の毒なことに、1年ほどで多忙から腎臓を悪くして4か月の入院をしています。
地元である名古屋の病院に入院していますので、堀越高校も中退していました。
快復後は端役(1986年ドラマ・花嫁人形は眠らない雅子役など)などでテレビにも出演していましたが、アイドルとしての活動は終了しています。
中森明菜や小泉今日子など、可愛いだけでなく歌唱力のあるアイドルが人気を博していたので、長期休養後はアイドルとしてのポストがなかったのかもしれません。
首振りが印象的で振付の大げさな「大和撫子”春”咲きます」は結構好きだったので、残念でした。

新井薫子 「大和撫子春咲きます」1983年

1993年にはサイケポップユニット「theTABLES』を結成し中野薫子・KAORUCO名義で音楽活動も展開しています。
(カオルコ名義 ソニーレコード(現:ソニー・ミュージックレーベルズ/ソニー・ミュージックレコーズ)発売)

「SWEET SWEET JUNKY」(1997年6月1日)
「bye-byeアリガト」(1998年5月21日)

新井薫子の死亡説とは?

YU@宇宙歌謡館さんのツイートより引用
1980年代後半だったと思いますが、「新井薫子が拒食症で体重が20キロ代に落ちて亡くなった」という噂を耳にしてビックリしました。
私が聞いたのは、「痩せたらもっと可愛くなる」と言われてダイエットを頑張り過ぎたために拒食症となり、亡くなった時の体重は20キロ代だったといういう物です。
内容については様々だったと思いますが、こちらは都市伝説でした。
療養のために芸能界を休業して、姿が見えなくなった事でこんな噂が流れてしまったのでしょう。テレビで元気な姿を見せてくれた時は、嬉しかったです。

新井薫子の現在は?

きりぼーさんのツイートより引用
病気療養中に趣味だった日本画や絵本を学んだ新井薫子は、1980年代後半にイラストレーター・現代美術家に転身していました。
もともと芸術的な才能を持っていたのですね!療養中は焦りもあったかと思いますが、日本画や絵本を学ぶ意欲は凄いですね。
そして2007年には活動拠点をニューヨークに移し、カオルコ・KAORUKOの名義で活動しています。
そして現地では個展も開いていました。死亡説どころかかなり精力的に活動されていますよね。

松本伊代との不仲説とは?

実は同じ82年組で同期の松本伊代は、新井薫子に共演をオファーしましたが(しかも2回)どちらも断られてしまい、「あいつ今何してる」でその真相に迫っていました。
なぜ断ったのか?「共演オファーを知らなかった」というとても単純な理由で、仲が悪いとか嫌われている訳ではありません。
ただこの時の松本伊代の発言が、上から目線ではないかとプチ炎上していました。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • バーボン 2021/10/27 07:44

    デビュー当時、薫子て変な名前と
    思ってた。
    菊池桃子の桃子も違和感あったけど
    雑誌とコラボしてた(?)から
    馴染んだけれど‥

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「〇〇の妹」と呼ばれた女性タレント!昔はオーディションで募集していました!

「〇〇の妹」と呼ばれた女性タレント!昔はオーディションで募集していました!

昭和の頃、アイドルのデビュー時の謳い文句のひとつに「〇〇の妹」がありました。多くは番組のオーディションに絡めたアイドル発掘企画でした。「HIDEKIの妹」や「田原俊彦の妹」など実に多くのアイドルが生まれ、人気者となっていきました。
ひで語録 | 26,224 view
早見優が“花の82年組”の同期・新井薫子、渡辺めぐみ、松本伊代との4ショットを披露!!

早見優が“花の82年組”の同期・新井薫子、渡辺めぐみ、松本伊代との4ショットを披露!!

歌手・タレントとして活躍する早見優が自身のブログにて、1982年にアイドルとしてデビューした「花の82年組」の面々との集合写真を掲載し、その懐かしさが大きな話題となっています。
隣人速報 | 4,173 view
30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

30年ぶりの新作!松本伊代がアルバム発売へ!アイドル時代の「まだ読んでないんですけど」事件とは?

タレントの松本伊代(56)が1981年の歌手デビューから今年で40周年を迎えたのを記念し、新作アルバム『トレジャー・ヴォイス[40th Anniversary Song Book]Dedicated to Kyohei Tsutsumi』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 178 view
アイドル路線を拒否!ロッカーとしての地位を築こうとした孤高の80年代アイドル、伊藤さやかの経歴と現在

アイドル路線を拒否!ロッカーとしての地位を築こうとした孤高の80年代アイドル、伊藤さやかの経歴と現在

ぶりっこアイドルが主流だった80年代芸能界において、その型にはまることを拒み、独自の路線を歩んできた伊藤さやか。近年ではメディアに姿を見せることはほとんどありませんが、今でもコアなファンたちは健在と聞きます。そんな彼女の経歴を振り返ってみましょう。
芍薬 | 2,275 view
ヒロミが伊代ちゃんの髪を切る⁉ 「Hiromi factory チャンネル」がアツイ!

ヒロミが伊代ちゃんの髪を切る⁉ 「Hiromi factory チャンネル」がアツイ!

お笑いタレントであるヒロミが運営するYouTubeチャンネル『Hiromi factory チャンネル』では、ヒロミが家族の散髪をする動画が公開されている。第1弾の息子に続き、なんと妻の松本伊代の髪も切るという!その他、DIYやバイクの動画も人気で、ついにチャンネル登録者数100万人を突破した。
サービィ | 265 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト