長瀬智也と岡田准一が初共演『D×D』岡田はTVドラマ初主演
2017年1月30日 更新

長瀬智也と岡田准一が初共演『D×D』岡田はTVドラマ初主演

長瀬智也と岡田准一が初共演したドラマ。大阪出身の岡田が見事な大阪弁を披露している。若手ジャニーズ二人の共演ドラマのジャンルがホラーというのは結構すごい。

4,380 view
 (1611942)

青春サスペンス・ホラーというなんだかよくわからないジャンル?なのか、とにかくホラーには違いない。
青春とつくだけあって、当時、若手の長瀬智也と岡田准一が元気がいいです。阿部サダヲが当時出演しているのは、要チェックですね。

D×D

『D×D』(ディーディー)は、1997年7月5日から9月20日に日本テレビ系で毎週土曜夜9時(土曜グランド劇場枠)に放送された日本のテレビドラマ。全11話。長瀬智也(TOKIO)と岡田准一(V6)の初共演作として話題になった。なお、タイトルの『D×D』とは『Dangerous Angel Death Hunter』の略である(最終回終盤で明らかにされた)。
最高視聴率 14.1%
最低視聴率  8.4%
平均視聴率 12.0%

あらすじ

相沢悟
ビッグになることを夢見て東京マンハッタンにやって来た青年。まずはその第一段階として大学入学を果たすため予備校に通い、その費用捻出のために同郷の先輩に誘われて警備員の仕事につく。が、仕事中に強盗に遭遇。先輩を殺され、自らも拳銃に撃たれた上、強盗たちによってその罪をなすりつけられてしまう。これが元で臨死体験を経験。そのショックにより蘇生後、霊能力を得ることになる。病院で起きた後に自分が強盗の濡れ衣を着せられたことに気付き逃亡。その最中に私立探偵の木原虎之介と出会う。その後、虎之介の助力で濡れ衣を晴らし、事件を解決。虎之助とは霊能力者同士の(主に虎之助から一方的に)友情を結び、相棒として背中を預けあうことになる。
元が田舎の純朴な不良だったためか異性に対して異常に惚れっぽく、これが原因となりトラブルに巻き込まれやすい。
 (1615900)

木原虎之介
東京マンハッタンの最下層で悪党の上前をはねながらドブネズミかハイエナの如く生きる私立探偵。コテコテの関西弁で話している。
儲け話に目が無い、相当の守銭奴。しかし、その実体は霊能力を持ち、これを使って様々な死霊を屠る使命を持つ死霊狩り(Death Hunter)である。
幼い頃、家族で行った旅行で事故に遭い、海の中に車ごと転落。臨死体験を経て霊能力を得る。事故は世論の一部で一家心中が如き扱いを受け、その唯一の生存者として世間の好奇に晒されてしまい、周囲に疎んじられて孤独になってしまう。さらに霊能力に目覚めた後、家族の霊に出会うことができなかったことで、家族との思い出や愛情すらも自ら肯定できなくなってしまった。そんな中で東京マンハッタンの孤児を集めていたマザーに拾われて育てられる。しかし後にマザーも事故死。以降は愛するものを必ず喪うという諦観の孤独の中、悟に出会うまで一人きりで生きてきた。

登場人物

相沢悟(長瀬智也)

相沢悟(長瀬智也)

ビッグになることを夢見て東京マンハッタンにやって来た青年。警備員の仕事につく。が、仕事中に強盗に遭遇。先輩を殺され、自らも拳銃に撃たれた上、強盗たちによってその罪をなすりつけられてしまう。
木原虎之介(岡田准一)

木原虎之介(岡田准一)

東京マンハッタンの最下層で悪党の上前をはねながらドブネズミかハイエナの如く生きる私立探偵。コテコテの関西弁で話している。 儲け話に目が無い、相当の守銭奴。しかし、その実体は霊能力を持ち、これを使って様々な死霊を屠る使命を持つ死霊狩り(Death Hunter)である。
岡崎博文(寺脇康文)

岡崎博文(寺脇康文)

東京マンハッタンに在する警察署に勤務する刑事。事ある毎に虎之介たちにつきまとい、シニカルな行動で彼らを邪魔者扱いし、騒動から遠ざけようとする
麻生サキ(鈴木砂羽)

麻生サキ(鈴木砂羽)

虎之介たちにつきまとう情報屋の女性。虎之介とどっこいどっこいの守銭奴
畠山明(阿部サダヲ)

畠山明(阿部サダヲ)

岡崎の後輩の新人刑事。常に彼に付き従う。いつも身勝手な岡崎に振り回されて愚痴っている。
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

2000年に発売された『モー娘。占い』知っていますか?

2000年に発売された『モー娘。占い』知っていますか?

モーニング娘。の黄金期2000年にタロットカードのモー娘。占いが発売されました。当時中学生だった私が経験をもとに振り返ってみようと思います。
ローズリー | 854 view
【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

楳図かずお先生作「おろち」。楳図先生といえばホラー・ギャグ・SF…などと多種に渡り作品を発表された漫画界の巨匠ですが、「おろち」では人間の特に家族間でおこる細やかな感情や歪みを丁寧に描いています。どのような作品かまとめました。
成瀬梨々 | 17,517 view
朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「いつもポケットにショパン」が懐かしい!

朝ドラ「半分、青い。」に登場する漫画「いつもポケットにショパン」が懐かしい!

いつもポケットにショパンは、くらもちふさこ氏の少女漫画作品で、「別冊マーガレット」(集英社)にて1980年2月号から1981年7月号まで連載されました。朝ドラ「半分、青い。」内では「秋風羽織」の名義で作者が登場し、主人公・楡野鈴愛に大きな影響を与えるようになります。
おにいちゃん | 1,570 view
1つで4役をこなす女性のヒゲ・うぶ毛ケア【ミラセレブ】継続のお約束なしでOK!!

1つで4役をこなす女性のヒゲ・うぶ毛ケア【ミラセレブ】継続のお約束なしでOK!!

女性のお悩みのひとつヒゲ・うぶ毛のケア。ホルモンバランスが乱れて、うぶ毛が濃くなってしまうといった「オス化(男性化)」現象が増えています。そんなお悩みをサポートする、1つで4役をこなすミラセレブをご紹介します。

関連する記事こんな記事も人気です♪

浜田雅功が坂本竜馬を演じた三谷ドラマ『竜馬におまかせ!』

浜田雅功が坂本竜馬を演じた三谷ドラマ『竜馬におまかせ!』

1996年に放送された、日本テレビ系の連続ドラマ『竜馬におまかせ!』。脚本:三谷幸喜×主演:浜田雅功のコンビによる幕末青春グラフィティとして、大いに期待されたものの、低視聴率に終わってしまった本作。その知られざる魅力を本稿では紹介していきます。
こじへい | 6,130 view
ブライアン・フェリーの『TOKYO JOE』木村拓哉主演ドラマ「ギフト」の主題歌としてオリコン洋楽1位!

ブライアン・フェリーの『TOKYO JOE』木村拓哉主演ドラマ「ギフト」の主題歌としてオリコン洋楽1位!

ブライアン・フェリーの名曲『TOKYO JOE』。1977年の「イン・ユア・マインド」に収録されていた楽曲。木村拓哉主演のドラマ「ギフト」の主題歌として起用され、オリコン洋楽シングルチャートで1位を獲得した。
ひで語録 | 1,975 view
SMAP全員出演!尾崎豊の同名曲が使われた97年の正月ドラマ『僕が僕であるために』

SMAP全員出演!尾崎豊の同名曲が使われた97年の正月ドラマ『僕が僕であるために』

SMAPが全員出演したことでも話題となった1997年の正月ドラマスペシャル『僕が僕であるために』。脇役陣が超豪華で、鈴木保奈美や鶴田真由、アイドル時代の広末涼子などが出演していた。
ひで語録 | 2,484 view
【年末時代劇スペシャル】年末は里見浩太朗!忠臣蔵、白虎隊、田原坂から鶴姫伝奇まで。

【年末時代劇スペシャル】年末は里見浩太朗!忠臣蔵、白虎隊、田原坂から鶴姫伝奇まで。

80年代、紅白の裏といったら日テレの年末時代劇でしたよね。里見浩太朗の重厚な演技が年の瀬の訪れを感じさせてくれたものです。有名だった忠臣蔵、白虎隊をはじめ年末時代劇について振り返ります。
青春の握り拳 | 27,900 view
勘九郎と女性たちのドタバタラブコメディー☆明石家さんま主演「恋のバカンス」

勘九郎と女性たちのドタバタラブコメディー☆明石家さんま主演「恋のバカンス」

恋の曲芸師・黛勘九郎とちはる・智子・優紀・晶、4人の女性たちを巻き込んだラブコメディー「恋のバカンス」。今まで数々のドラマに出演してきた主演の明石家さんまさんが一番好きなドラマなんですって!どんなドラマだったのか思い出してみましょう。
ペリドット | 4,937 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト