クルマ情報誌日本一の発行部数を誇る『ベストカー』がリニューアル!編集部が選ぶ大人気車種のプレゼント企画を実施!!
2021年3月26日 更新

クルマ情報誌日本一の発行部数を誇る『ベストカー』がリニューアル!編集部が選ぶ大人気車種のプレゼント企画を実施!!

自動車専門誌日本一の発行部数を誇る『ベストカー』が2021年4/26号(3月26日発売)で、新編集長誕生を機に誌面を刷新しました。

520 view

『ベストカー』が新編集長就任を機に誌面を刷新!

自動車専門誌日本一の発行部数を誇る『ベストカー』。月2回(10日と26日)、毎号20万部を刊行し、この雑誌不況のさなかでも年間で実に500万部を発行し続けるマンモス雑誌です。その『ベストカー』が、2021年4/26号(3月26日発売)で、新編集長誕生を機に誌面を刷新しました。

表紙はこちらです!

 (2268505)

新編集長・飯嶋穣からコメントが届いてます!

「大事なのは信頼を積み上げていくこと」

これまで通りに読者を大切にしていくことをお約束します。その時々で面白いと思うものをルールに縛られずに掲載し、ベストカーファンが知りたい情報や話題を満載にして楽しくお届けします。加えて、月間5000万PV超を誇るベストカーWebとの連携もさらに強化し発信力を強くしていきます。「雑誌」と「Web」では読者層がまったく違いますが、丁寧に作り込んだ記事は「雑誌」でも「Web」でも話題になるケースが多々ありますから。
 (2268531)

「ベストカー」1999年12月10日号
また、専門誌は取材先や自動車メーカーのみなさまと近い関係にあって、強い信頼関係を築いてきました。「良いクルマはしっかり褒める。そうでないクルマには愛を持って𠮟咤激励する」。創刊以来のそのようなページ作りにこそ、読者やメーカーの皆様に共感いただいてきたと思っています。誰に対しても誠実であり続け、信頼を積み上げていき、そこがブレないことを誌面づくりのモットーとして大切にしています。
 (2268532)

「ベストカー」1990年4月10日号
もともと『ベストカー』は、クルマの情報だけでなく自動車周辺のゴシップ情報をお届けしてきたのですが、今後はそうした周辺情報、関連情報もさらに充実させていきたいと思っています。この号はその象徴となるような「頭文字D 名勝負列伝」ですとか、『フライデー』編集部にご協力いただいて作った「有名人112人の車」など、これまでの『ベストカー』に載ってそうで、でも載ってなかった企画を楽しんでいただければ幸いです。
 (2268533)

「ベストカー」1987年10月10日号
トヨタ自動車株式会社 豊田章男社長からは、本誌リニューアルに「愛ある喝!」メッセージも頂いています(笑)。どうぞ、よろしくお願いします。

新編集長プロフィール

飯嶋穣・いいじまみのる

1973年生まれ。東京都出身。スーパーカーブーム末期に幼少期を過ごし、スーパーカーのミニカーをやたらと収集。一番のお気に入りは童夢-零。クルマ好きの心を胸に秘めて成長し、大学生となって初の愛車、いすゞ初代FFジェミニをゲット。ピュアなクルマ好きのままに「ベストカー」を志望して講談社ビーシーの前身たる三推社の門を叩く。入社当初はアウトドア雑誌「FENEK」編集部に配属。2007年に「ベストカー」編集部に転属。クルマそのものより、周辺情報を扱う企画を多く担当しつつ、現在に至る。現在の愛車はBNR34型スカイラインGT-R。約10年所有しているが、ただ単に高く売れるタイミングを探っているだけともいわれている。
 (2268535)

日産・スカイラインGT-R (5代目)BNR34型

4月26日号の内容はこちら!

・スクープ! トヨタ&レクサス これから3年のニューカー戦略を剥ぐ‼
 次期86&ランクル、SUVクラウン、スープラGRMNの全貌

・ホンダの現在地
 名車消滅、不思議な価格設定

・頭文字[イニシャル]D名勝負列伝
 伝説のクルマ漫画のベストバウトを紹介!

・徹底調査 有名人112人のクルマ
 フライデー編集部にも直撃!

・豊田章男社長 モリゾウ本誌に「愛の喝(メッセージ)」

・快眠できる車中泊SUVはコレだ!
 実際に寝てみてわかった、快適な寝床とは?

・スズキ スイフトスポーツ大プレゼント

プレゼント企画を実施します!!

今回の「クルマプレゼント」企画の対象車は、今年の1月26日号「ベストカー編集部員が選ぶ 国産車Best10」企画において、2021年1月時点で新車販売しているなかで、第1位に輝いたスズキ「スイフトスポーツ」です。

編集部からは「乗れば、このクルマの『よさ』はすぐに実感できます。この感動を味わったら忘れられません。『クルマ好きの世界をすこしでも押し広げるべく、このクルマをプレゼントに選んだ』とのこと。

今回はオープン懸賞です。詳細は、3月26日発売の『ベストカー』(4月26日号)をご覧いただくか、『ベストカーweb』(プレゼントの応募期間は3月26日0時~4月9日11時59分まで)をご覧ください。

また、今回のプレゼント企画や自動車雑誌の現状、ベストカーのこれからについて
マネー現代編集部が突撃取材!飯嶋編集長が回答していますので、こちらもぜひご覧ください。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

“トシちゃん”こと田原俊彦の愛娘・田原可南子(27)が「FLASH」最新号で大胆グラビアを披露!!

光文社より発売中の週刊誌「FLASH」の第1596号(3月9日発売)にて、田原俊彦の愛娘・田原可南子が同誌で10年ぶりのグラビアを披露し、SNSなど各所で大きな話題となっています。
隣人速報 | 42,140 view
80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

80年代~90年代のりぼん歴代連載作がスカイツリーに集結!「250万乙女のときめき回廊」1月9日から開催予定

月刊少女漫画雑誌「りぼん」の創刊60周年を記念したイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が、2017年1月9日~3月31日までの期間限定で開催される。今回、80年代~90年代に連載された人気漫画が東京スカイツリーを彩る。
red | 2,817 view
初代&4代目のデザインを意識!日産「フェアレディZ」が12年ぶりのフルモデルチェンジを行う!!

初代&4代目のデザインを意識!日産「フェアレディZ」が12年ぶりのフルモデルチェンジを行う!!

日産自動車は、1969年の発売以来同社の代表車種として高い人気を誇る「フェアレディZ」の7代目となる新型のプロトタイプモデル『フェアレディZ プロトタイプ』をオンラインイベントで公開しました。
隣人速報 | 2,587 view
そう言えば!必要?いらない?進化とともに無くなりつつある車の装備!!

そう言えば!必要?いらない?進化とともに無くなりつつある車の装備!!

昭和の時代には普通にあった装備も平成・令和と時代とともに車も進化し、装備が新しくなったり、無くなっていったりしています。そんな消えつつある装備をご紹介します。
ギャング | 21,652 view
トミカがついに50周年!重機トミカが50台集結した『骨格カクカク50台セット』などが好評発売中!!

トミカがついに50周年!重機トミカが50台集結した『骨格カクカク50台セット』などが好評発売中!!

タカラトミーより、1970年から販売されている「トミカ」の50周年を記念した商品『骨格カクカク50台セット』『終電間近のロータリー50台セット』が現在好評発売中です。また、50周年記念アニメ作品「トミカ絆合体 アースグランナー」と連動した食玩も登場!
隣人速報 | 973 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト