エッチ専用!? 走るラブホ【S-MX】のコピーが徹底した“恋愛仕様”で面白い
2020年10月21日 更新

エッチ専用!? 走るラブホ【S-MX】のコピーが徹底した“恋愛仕様”で面白い

HONDAが1996年に発売した車【S-MX】は、新しい形のデートカーをコンセプトにしたクルマ。キャッチコピーは「恋愛仕様」。そして、このクルマの各機能にも“恋愛”になぞらえたコピーがそれぞれ付けられていました。

477,977 view

正直者の参加求ム!ぶっちゃけアンケート♪



S-MX

S-MX(エス-エムエックス)は、HONDAがかつて生産・販売していたトールワゴン型乗用車。

ティッシュ入れが多かったり、シートをフルフラットにすることが可能なため、「走るラブホテル」や「移動式ラブホテル」とも言われる。
S-MX

S-MX

HONDAの車種名の法則ではハイフンの位置はXの前で、「SM-X」となるが、SMの持つ性的なイメージを考慮して「S-MX」名前となった。

が、結局、SM-X(エスエムエックス)をもじってSM-SEX(エスエムセックス)っと呼ばれるほどエロいイメージが浸透したクルマだった。
ロングなセミダブルベッドになるフルフラット機能付シート

ロングなセミダブルベッドになるフルフラット機能付シート

フロントシートのヘッドレストを外して、シートバックを倒し、リアシートのシートバックも倒せば、2,146mm×1,180mmの超ロングなセミダブルベッドなみの広さが出現。
ベンチシートやシート内収納式のシートベルトバックルの採用によって、凹凸感のない完全フルフラット化を実現しています。

-HONDA「プレスインフォメーション」より-
枕元となる位置にティッシュボックス入れを装備

枕元となる位置にティッシュボックス入れを装備

フルフラットシート時にベッドサイドテーブルとして使える、収納機能付きリア・システムトレイ。(照明付)
①カップホルダー
②大型トレイ
③サイドトレイ
④リッド付大型サイドボックス ←ティシュボックスが2個入る!
⑤シークレットボックス
⑥シークレットトレイ(カップホルダー下部)
2列シートのためリアシートのスペースは十分にあり、ベンチシートをフルフラットにした際、ちょうど手を伸ばした位置にティッシュボックス2個分の小物スペースがある。

言わばカーセックスを目的とした設計であり、徳大寺有恒は著書:間違いだらけのクルマ選びにおいて、ここまで露骨にセックスを全面に出した販売手法に驚いた事をコメントしている。
徳大寺有恒(自動車評論家)

徳大寺有恒(自動車評論家)

著書『間違いだらけのクルマ選び』において、ここまで露骨にセックスを全面に出した販売手法に驚いた事をコメントしている。

キャッチコピーは「恋愛仕様。」

S-MXのキャッチコピーは「恋愛仕様。」

S-MXのキャッチコピーは「恋愛仕様。」

そして、このクルマの各機能は“恋愛”になぞらえて、それぞれコピーが付けられている。
●結婚するなら4番目の男。
(クリエイティブ・ムーバー第4弾)
 ※クリエイティブ・ムーバーは1990年代にHONDAが発売した、いわゆるRVのこと。

●倒れたら起こすのが友情、ともに倒れるのが愛情。
 (フルフラットシート)

●恋の一歩は何気なく始まってしまう。
 (ワンステップフロア)

●ふくらむ愛がふたりを守る。
 (SRSエアバックシステム)

●ふたつのハートがひとつになることを愛という。
 (2.0ℓDOHCエンジン)

●恋する瞳は常に輝いている。
 (大型ヘッドライト)

●相手しか見えないものを恋と呼び、まわりが全部見えるのを愛と呼ぶ。
 (パノラマサイドウインドウ)

●恋は肩寄せ同じ未来を見たがる。
 (ツインベンチシート)

●恋愛の入り口は一つだが、出口には結婚と失恋の2つある。
 (1×2ドア)

●ふたりの世界は宇宙のひろがりを持つ。
 (自由空間)

●心の愛は全身で守れ。
 (高密度ストレート骨格)

●新しい出会いは、新しい風に乗って。
 (ニュートレンド・パッセンンジャーカー)

●恋に弱腰は禁物。
 (大型テールプロテクター)

●恋する脚に、錠はかからず。
 (ABS)

●恋で引き、愛で押す
 (リアルタイム4WD)

●胸が音楽のように揺れるのを愛という
 (デリカシーサスペンション)

●愛の色は燃える炎の色である。
 (ボディーカラー5色)

●鼻の下が短い男は心が広い。
 (ショートノーズ&ワイドキャビン)

●恋の扉はテレパシーという鍵で開く。
 (キーレスエントリーシステム)

●恋は人生の宝石箱。
 (ツインキューブパッケージ)

●恋する騎士は、腰低く優雅なり。
 (ローダウン仕様)

●恋は、身近なところから始まる。
 (ホンダクリオ店)
“恋愛の例え”と“クルマの各機能・使用イメージ”が絶妙に当てはまった素晴らしいコピーの数々ですね。

CMでもコピーが流れていました。

Honda - S-MX - YouTube

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 流行り好き 2022/4/20 11:07

    初めての新車がS-MXローダウンの黒
    内装はオレンジ
    車高落としてホイール替えて
    乗り心地が悪くて売りました。

    おとこ 2022/4/20 06:19

    これのちょっと前のホンダのデートカーがプレリュードだっただけに、えらい思想の変わり様でした。
    プレリュードじゃ狭すぎてできないってことだったのでしょうかw

    ライモン 2022/2/28 03:56

    当時タミヤのラジコンでも発売されて話題になりましたね。いかにも若者受けを考えそうな当時のホンダらしい車で画期的でした。後のトヨタbBとかの若者向けのトールワゴンが一時期流行って、快適性バツグンでレジャーユースでも大丈夫な車でした。復活希望…でも今の世の中では厳しいかな?

    SM-X 2020/2/4 12:13

    徳大寺さんはこの車を「動くモーテル」と評していたな。

    💛🚙 2019/12/31 08:02

    カー恋愛って
    彼女が助手席側で楽しくドライブが正当

    すべてのコメントを見る (8)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大ヒット☆50ccバイク【ホンダ・NS-1(エヌエスワン)】原付に見えない原付として絶大な人気!

大ヒット☆50ccバイク【ホンダ・NS-1(エヌエスワン)】原付に見えない原付として絶大な人気!

1991年に発売されたHONDA(ホンダ)のNS-1(エヌエスワン)。当時全盛だったレプリカブームの中、レーサーレプリカの外見とは裏腹に、ダミータンク内にメットイン機能を搭載し、走行性と実用性を兼ね備えた新しい形のフルサイズロードスポーツとして大人気だった。
ヤマダゴロー | 180,345 view
「ゼファー」「CB400SF」「XJR400」等、かつての【ネイキッドブーム】を振り返る!-1989年、一大ブームを起こすバイクが登場した-

「ゼファー」「CB400SF」「XJR400」等、かつての【ネイキッドブーム】を振り返る!-1989年、一大ブームを起こすバイクが登場した-

フルカウルを装着した車種が当たり前になっていたレーサーレプリカ全盛の時代に、あえてカウルなしの懐古的なスタイルを売りにしたバイク「ゼファー」の登場から一大ブームが巻き起こりました。
ヤマダゴロー | 110,648 view
2024年に登場?ホンダ新型「プレリュード」が22年ぶりに復活!実車が公開される!!

2024年に登場?ホンダ新型「プレリュード」が22年ぶりに復活!実車が公開される!!

ホンダの米国法人は、「ジャパンモビリティショー2023」にて世界初公開された新型「プレリュード コンセプト」が、南カリフォルニア・トーランスの「アメリカン ホンダ コレクション ホール」で展示された旨を公式Instagramアカウントにて発表しました。
隣人速報 | 577 view
漫画「逮捕しちゃうぞ」などで人気に!80年代のホンダのスクーター「モトコンポ」がEV『モトコンパクト』になって復活!!

漫画「逮捕しちゃうぞ」などで人気に!80年代のホンダのスクーター「モトコンポ」がEV『モトコンパクト』になって復活!!

1981年に発売されたホンダのスクーター「モトコンポ」が、電動モデル『モトコンパクト』としてアメリカで復活することが明らかとなりました。発売予定時期は2023年11月、価格は995ドル。
隣人速報 | 663 view
セナ以来30年ぶりの快挙!ホンダエンジン搭載車両でフェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンに!!

セナ以来30年ぶりの快挙!ホンダエンジン搭載車両でフェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンに!!

12日に開催されたF1シリーズ最終戦アブダビGP決勝にて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン(24・オランダ)が勝利し、オランダ人初のF1ワールドチャンピオンとなりました。
隣人速報 | 851 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト