【80年代歌手】ツインボーカルでトップバンドとなったBARBEE BOYSのKONTAって今どうしている?
2018年10月17日 更新

【80年代歌手】ツインボーカルでトップバンドとなったBARBEE BOYSのKONTAって今どうしている?

80年代に男女のツインボーカルで一躍トップバンドとなったBARBEE BOYSのKONTAって解散後はどうしてるの?なんとなくだけどはっきりしない解散後のKONTAの活躍を追ってみたら意外な活動をしていた!ソロ歌手だけじゃないKONTAの魅力に大注目!

10,387 view
記憶をくすぐる大人のメディア「ミドルエッジ」をご覧の皆様、こんにちは。
キュレーターのはんまのままです。

今回の主人公は1982年にロックバンドとして活動を始めたBARBEE BOYSの男性ボーカルKONTAさんです。
ソプラノサックス奏者でありボーカルとして活動していたKONTAは今どのような活動をしているのか。その風貌も気になるところですが・・・さてどうなのでしょうか。

KONTAがいたBARBEE BOYS

まずKONTAを語るには欠かすことができないBARBEE BOYSの活動についてちょっと調べたいと思います。活動機関としては1982年から1992年までと2003年、2008年から2010年と解散や復活を重ねています。またツインボーカルで有名だったBARBEE BOYSですが杏子さんは今でも歌手として活動していますね。
BARBEE BOYS

BARBEE BOYS

バービーボーイズのメンバーは全部で5人です。ツインボーカルという形で有名だと先ほど申し上げました。ですが、アマチュア時代はコンタが白塗りの顔はで女性パート部分を歌っていたりしました。同じようにバンド活動をしていた杏子をどうしても自分たちのバンドに引き入れたくてあの手この手と策を練ったと言われています。

BARBEE BOYS 目を閉じておいでよ

なかなかの迫力で性別関係なく人気の高いバンドでした。
1982年に結成しCBSソニーのSDオーディションにてグランプリを翌年の1983年に受賞し、1984年に「暗闇でDANCE」という曲でメジャーデビューしたのですが、一躍有名になったのは1987年に飲料系CMに起用されてからでした。

資生堂トレンディーCM バービーボーイズ

KONTAをはじめBARBEE BOYSのメンバーが出演したことも注目を集め、KONTAのヘアスタイルをマネするために対象食品を購入する男性が増えたとか。。。

見ての通り、イケメンの枠内に所属するような顔立ちなのでバンド活動中にも単独で映画やドラマに出演し、ロックバンドは歌番組に出ないというイメージが先行する中、積極的に歌番組に出演していたのでますますファンが増えていきその人気は止まることを知らない勢いでした。
・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・

・ふ・た・り・ぼ・っ・ち・

1988年上映
バンドで歌っているKONTAとは違って「可愛らしさ」も女性の心をくすぐったのかもしれませんね。

ソロ活動開始

高い人気を持続しコンスタントにシングル曲もリリースしていたのですが1992年に惜しまれながらもバンドは解散します。

翌年の1993年にはソロアーティストとしてデビューをしシングル9曲、アルバム5枚をリリースしています。
Mars

Mars

1993年7月21日リリース
出典 buyee.jp
ソロアーティストとして活動し始めてもイケメンっぷりはそのままなので女性ファンはKONTAの人気を支えていたとことでしょう。2003年くらいまではコンスタントにシングルリリースをしていたのですが、その後は歌手としてというよりも俳優としてや舞台役者としての活動の方に比重を置いているようです。

KONTA | Mars

KONTAとしてリリースしたシングル曲は今でも「こんたちゃんねる」という公式チャンネルで見ることができます。
このチャンネルではリリースされていない楽曲も聞くことができるのでKONTAのファンだけではなく、BARBEEBOYSのファンも楽しめるのではないでしょうか。歌声はBARBEEBOYSで歌っていたころと変わることなく存在しています。
アルバム「F ACT」

アルバム「F ACT」

1993年7月21日
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1989年リリース【BARBEE BOYS】5枚目のアルバム『√5』を振り返る

1989年リリース【BARBEE BOYS】5枚目のアルバム『√5』を振り返る

この記事では、1989年にリリースされたBARBEE BOYSの5枚目のオリジナルアルバ√5』に焦点を当てたいと思います。
つきねこ | 8,552 view
ミドル世代真っ只中に惜しくも、お亡くなりになられた!!イトキン(ET-KING)!!

ミドル世代真っ只中に惜しくも、お亡くなりになられた!!イトキン(ET-KING)!!

肺腺がんのため治療に専念することを発表し闘病生活を続けていたが、2018年1月19日、38歳の若さでこの世を去ったイトキンさん追悼の意味も込めてまとめてみました。
ギャング | 1,486 view
【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

【追悼】2017年、惜しくもこの世を去った著名人を振り返る

2017年、今年も昭和を代表する多くのスターがお亡くなりになりました。ドラゴンボールでお馴染みの鶴ひろみさんや、大女優・野際陽子さんなど、今年亡くなった方々を振り返ります。
隣人速報 | 7,565 view
アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

アゴ&キンゾーの「あご勇」が観光バス添乗員に挑戦!冠ツアー「アゴーハツアー」を催行します!!

9月より、観光バスツアーのVIP Tourより「あご勇」が添乗員を務める観光バスツアー「アゴーハツアー」が催行されます。往年のお笑い芸人のトークを生で体感したい方は要チェック!
隣人速報 | 1,434 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 135,557 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト