2017年1月11日 更新

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。

3,676 view
1991年9月21日にリリースされた5枚目のオリジナルアルバム。遊佐未森自身初のセルフプロデュース作品となっています。また、アルバムの後半部分は、各曲が描く季節をイメージした遊佐自身の作詞作曲による30分に及ぶ組曲「Language of Flowers」が収録されています。
「桃と耳」

「桃と耳」

1.Forest Notes
2.瞳水晶
3.暮れてゆく空は
4.0の丘∞の空
5.午前10時午後3時
6.僕の森
7.君のてのひらから
8.水夢 [スイム]
9.真夜中のキリン
10.地図をください
11.窓を開けた時
12.夏草の線路
13.われもこう
14.だいじょうぶ
15.東京の空の下
1992年11月1日にリリースされた、遊佐未森初のベストアルバムになります。シングル曲にこだわらない選曲が好感を呼びました。
「momoism」

「momoism」

1.オルガン
2.ロンド
3.森とさかな
4.ハープ
5.桃
6.土の話
7.虫の話
8.一粒の予感
9.水辺にて
10.エピローグ
11.月夜の散歩
12.ブルッキーのひつじ
1993年5月21日にリリースされた6枚目のオリジナルアルバム。ドラムを使用せず、柔らかみのあるシンセサイザーなどの電子音が特徴的な一枚になります。
「水色」

「水色」

1.合歓の木陰で
2.大きな靴
3.水色
4.緑の絵
5.夢でいいから
6.Island of Hope and Tears
1994年3月21日にリリースされたアルバム。、アイルランド人ミュージシャンのミホール・オ・ドーナルを中心に結成されたアイリッシュミュージックのバンド、ナイトノイズ(Nightnoise)と共に作り上げた作品になります。前作「momoism」とは変わり、生楽器を主体とした素朴でアコーステックなものになっています。
「アルヒハレノヒ」

「アルヒハレノヒ」

1.Floria
2.恋かしら
3.逢いたい
4.太陽とアイスクリーム
5.小鳥
6.バスを降りたら
7.咲くといいな
8.Slowly
9.海
10.Diary
楽園をテーマに作られた1994年9月21日にリリースされたアルバム。遊佐未森自身が「ハワイアン・テクノ」との評した今作のキャッチフレーズは、ズバリ「アローハ、ミモリータ!」。
「アカシア」

「アカシア」

1.風が走る道
2.虹を見ること
3.野生のチューリップ
4.海のように青い
5.銀の砂金の星
6.アントワープへ
7.ピクルス
8.天使のオルゴオル
9.夏のてのひら(acacia mix)
10.月の船
11.たしかな偶然(acacia mix)
1996年1月21日にリリースされた8枚目のオリジナルアルバム。なお、アルバムに収録されている「野生のチューリップ」はスピッツの草野正宗が作詞作曲しており、当時、シングルカットされました。
「roka」

「roka」

1.ロカ
2.素肌
3.クローバー
4.ハモニカ海岸
5.潮見表
6.やさしい歌
7.あけび
8.テーブル・エンド・エンジェル
9.午後のかたち
10.アネモネ
11.アカシア
1997年2月1日にリリースされたアルバム。アルバム「水色」以来、二度目のナイトノイズとの共演となります(演奏のみの参加)。なおアルバムジャケットは鳥取砂丘で著名な写真家、植田正治が撮影しています。
「ECHO」

「ECHO」

1.バースデイ
2.ミラクル
3.レモンの木
4.ラララ
5.水のなか
6.エコー
7.オーロラ
8.The Road to Nowhere
9.ミント
10.タペストリー(remix)
11.エデン
アイリッシュ・ミュージックが、彼女のマイブームだったころの一枚。レーベルを東芝EMIに移籍しての一作目のアルバム。アコーステックな感じが心地よい音楽の録音はアイルランドで行われています。
「mimomemo the memorable son...

「mimomemo the memorable songs of mimori yusa 」

1.山行きバス【道草ノススメ】(from ハルモニオデオン)
2.森とさかな(from momoism)
3.Diary(fromアルヒハレノヒ)
4.Floria(fromアルヒハレノヒ)
5.ONE【remix】(single only)
6.roka(from roka)
7.アカシア(from roka)
8.つゆくさ【小夜曲】(rimix)(fromモザイク)
9.海(fromアルヒハレノヒ)
10.suhada(from roka)
11.恋かしら(fromアルヒハレノヒ)
12.たしかな偶然(from acacia)
13.野生のチューリップ(from acacia)
14.潮見表(from roka)
15.Silent Bells(single only)
1998年3月1日にリリースされた遊佐自身が選曲した15曲が収録された2枚目のベストアルバム。1枚目のベスト「桃の耳」と重複した収録曲はなく、前作同様、シングル曲からの選曲も少ないことが特徴になっています。
「庭」

「庭」

1.青の行方
2.ポプラ
3.Pixie
4.眠れぬ夜の庭で
5.a little bird told me (ホルスト『惑星』より)
6.ハモニカ
7.火星水路
8.Little Garden
9.バンビ
10.ボーダーライン
1999年3月10日にリリースされたアルバム。ホルストの組曲「惑星」の楽曲「木星」をカバーした「a little bird told me」などが収録されています。アルバムタイトルに通じる「箱庭」的世界を感じるトラディショナルな雰囲気を持ち合わせた作品です。

NHK「みんなのうた」での楽曲提供で子供にもおなじみ

49 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

90年代CM・ドラマにタイアップ多数…シンガー・ソングライター陣内大蔵

80年代後半から00年代前半まで、コンスタントに11枚のオリジナルアルバムをリリースしたシンガーソングライター。当時は数々のTV番組やCMとのタイアップすることも多く、彼の楽曲を耳にする機会が多かった『陣内大蔵』についてご紹介します。
gogo-one | 928 view
名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」

名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」

1984年に代表曲「そして僕は途方に暮れる」を世に送り出したシンガー。リリース以降、多くのアーティストに歌い継がれています。他にもさまざまなアーティストに楽曲を提供する大沢誉志幸のメロディーメーカーな部分も一緒に彼をご紹介します。
gogo-one | 4,139 view
多くのアーティストに影響を与えるカリスマロック・ミュージシャン『佐野元春』

多くのアーティストに影響を与えるカリスマロック・ミュージシャン『佐野元春』

1980年のデビューから現在に至るまで活躍を続けるロック・ミュージシャン『佐野元春』。後の邦楽アーティストに多大な影響を与えた彼についてまとめました。
gogo-one | 3,585 view
70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

70年代から変わらず活躍し続ける女性シンガーソングライター『矢野顕子』

1976年にソロデビューを果たしてから、現在に至るまでコンスタントに作品をリリースしライブも精力的に展開する女性シンガーソングライター矢野顕子さんについてまとめました。
gogo-one | 461 view
クリスタルボイスと形容された慶応大出身のシンガーソングライター「谷村有美」

クリスタルボイスと形容された慶応大出身のシンガーソングライター「谷村有美」

シンガーソングライターとして1987年にデビューした「谷村有美」さん。音楽活動に加え、ラジオパーソナリティやエッセイの執筆などマルチに活躍していた彼女をまとめました。
gogo-one | 9,272 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

懐かしい!記憶をくすぐる商品

(PR)アマゾンで購入可能