古き良き時代の「携帯ゲーム機」には欠かせなかった『電池』。皆さんはどのハードにどんな電池が必要だったか覚えていますか?
2017年12月1日 更新

古き良き時代の「携帯ゲーム機」には欠かせなかった『電池』。皆さんはどのハードにどんな電池が必要だったか覚えていますか?

ゲームボーイなどの「携帯ゲーム機」に必要不可欠だった『電池』。単二、単三、単四から、ボタン電池まで、時代と共に進化してきた「携帯ゲーム機」を『電池』という視点から見ていこうと思います。懐かしさを重視して、1999年以前に発売されたものに限定していきますよ~!

4,559 view

まず携帯ゲーム機とは

二画面のアレとかポータブルなアレとか

二画面のアレとかポータブルなアレとか

携帯型ゲーム(けいたいがたゲーム、英: handheld game console)は携帯可能なサイズに小型化された家庭用ゲーム機・専用ゲームソフトや市場全般を指す分類。携帯用ゲームともいう。スマートデバイスなどの携帯機器は含まれないことが多く、ソフト内蔵型のいわゆる電子ゲームは「含む」「含まない」に別れる場合もある。
トランプ遊び、携帯用サイズに縮小された将棋やオセロなども言葉としては「携帯ゲーム」に入りますが、今回は携帯ゲーム”機”の電池の特集なので割愛します。

「ゲーム&ウオッチ」から歴史は動き出した

1976年にアメリカにおいてマテルが世界初の携帯型電子ゲーム機「Mattel Auto Race」を発売しました。同社が翌1977年に発売した『Mattel Football』はヒット商品となり、各社から様々な製品が登場します。その一部は日本にも輸入された他、日本国産のものも各種登場しました。1979年にはカートリッジ交換式であり、メディア交換型の携帯型ゲーム機としては世界初である「Microvision」がMilton Bradley Company社から発売されます。そんな紆余曲折を経て、1980年に発売された任天堂の「ゲーム&ウオッチ」シリーズは日本国内1,300万台と大ヒット商品となりました。
「ゲーム&ウオッチ」の『オクトパス』です。

「ゲーム&ウオッチ」の『オクトパス』です。

画像はゲーム&ウォッチ ワイドスクリーン版ですね。

そして「ゲームボーイ」へ…

当時は電子ゲームと呼ばれる携帯型ゲームが主流でした。これはゲームソフト自体が本体の内蔵部品に書き込まれており、別のゲームソフトが必要になったときには本体も含めて新しいものを購入しなければならなかったものです。表示装置も登場人物などの形状の点滅箇所があらかじめ決められている程度の今から見ればごく簡易的なものでした。

しかし、その流れは1989年に任天堂が発売した「ゲームボーイ」によって大きく変わることになります。当時普及していたファミリーコンピュータと同様にゲームソフトを記憶したカートリッジを交換して使用でき、液晶も縦横に点を配列した方式のものを採用したことにより、さまざまなゲームを遊ぶことを可能にした携帯型ゲーム機の原点となります。安価な本体価格と熱中度の高い『テトリス』の効果で売り切れが続出するほど爆発的にヒットしました。そこそこの性能で安価、軽量であり、乱暴に扱われがちな携帯機器(児童向け玩具)にあって足元に落下させた程度では簡単には破損しない丈夫さが売りでした。1990年代半ばに入ると売上が頭打ちとなり、一時市場から姿を消す寸前までになるものの『ポケットモンスター 赤・緑』が発売されると、小学生を中心に瞬く間に口コミが広がり売上ランキングで1年以上に渡り上位にランクインし続ける大ヒットとなりました。
ご存知「ゲームボーイ」と『テトリス』のソフトです。

ご存知「ゲームボーイ」と『テトリス』のソフトです。

旧タイプ本体なら今ではプレミアも…?

携帯ゲーム機の年表(1999年まで)

~ 1980年 ~
ゲーム&ウオッチ(任天堂)

~ 1985年 ~
ゲームポケコン(エポック社)

~ 1989年 ~
ゲームボーイ(任天堂)
Atari Lynx(アタリ)

~ 1990年 ~
ゲームギア(セガ)
PCエンジンGT(NECホームエレクトロニクス)

~ 1996年 ~
ゲームボーイポケット(任天堂)

~ 1998年 ~
ゲームボーイライト(任天堂)
ゲームボーイカラー(任天堂)
ネオジオポケット(SNK)
ビジュアルメモリ(セガ)

~ 1999年 ~
ネオジオポケットカラー(SNK)
ワンダースワン(バンダイ)
PocketStation(ソニー・コンピュータエンタテインメント)

いよいよそれぞれの携帯ゲーム機の紹介と電池について

それでは、年代順にゲーム機本体の簡単な紹介と使用された電池について見てみましょう!
全部紹介すると長くなるので(情報が足りない場合も…)有名どころでいきたいと思います。

ゲーム&ウオッチ(任天堂)

ゲーム&ウオッチ

ゲーム&ウオッチ

任天堂開発による初の携帯型ゲーム機です。
ゲームソフトは本体内のROMに書き込まれた「1ハード1ソフト方式」であり、後のゲーム機のようにカートリッジ交換で様々なソフトを実行することはできません。

電池はバージョン毎に異なり、

シルバー、ゴールド、ワイドスクリーンはボタン型電池(LR43またはSR43)2個
マルチスクリーン、 ニューワイド、パノラマスクリーン、スーパーカラー、マイクロVSシステムはボタン型電池(LR44またはSR44)2個
カラースクリーン テーブルトップは単2型乾電池2個
クリスタルスクリーンはコイン形リチウム電池(CR2025)1個

となっております。情報が足りず、何時間稼働できるのかまではわかりませんでした。
ボタン型電池「LR43」です。

ボタン型電池「LR43」です。

本当は全部紹介したかったのですが、残りの電池は割愛。

ゲームボーイ(任天堂)

ゲームボーイ(任天堂)

ゲームボーイ(任天堂)

1280万台以上を売り上げた任天堂初の携帯ゲームタイトル「ゲーム&ウォッチ」を発売していた任天堂が、その次世代ゲーム機器として発売した商品です。
55 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 305 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 971 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 505 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 290 view
「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

「ゆめかわいい」雑貨の宝庫!女子中高生に愛されてきた「SWIMMER(スイマー)」が待望の復活!!

1987年の登場以来、女子中高生を中心に永らく愛されてきた雑貨ブランド「SWIMMER(スイマー)」が、福島の雑貨チェーン「PATTY’S(パティズ)」より待望の復活を遂げることが明らかとなりました。
隣人速報 | 499 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト