宇宙の騎士 テッカマン
2015年11月8日 更新

宇宙の騎士 テッカマン

タツノコプロが制作したSFアクションアニメ。 1975年に放送され、1年間放送される予定が残念ながら半年で打ち切られてしまったものの、よく練られた設定と演出でいまだに高い魅力を誇る作品です。 そんなテッカマンについて纏めてみました。

3,229 view

宇宙の騎士 テッカマンとは

宇宙の騎士テッカマン

宇宙の騎士テッカマン

『新造人間キャシャーン』『破裏拳ポリマー』に続く、タツノコプロハードSFアクション路線第3弾。
制作当時大ヒットしていた『日本沈没』や『ノストラダムスの大予言』などの終末ブームと、
公害などの社会問題など様々なテーマがストーリーに絡められたシリアスな作品である。

あらすじ

近未来、公害や戦争によって地球の環境は破壊され、地球は滅びかけていた。
地球の滅亡を防ぐために「クリーン・アース計画」が行われるがこれは失敗する。
この失敗を知る宇宙開発センターは人類を新天地へと移住させるために「超光速航法(リープ航法)」の開発をしていた。
そして、新天地を求めて宇宙船を太陽系外に送りこもうとしたが、突如太陽系に現れた「悪党星団ワルダスター」によって破壊されてしまう。
その後、ワルダスターは地球侵略に乗り出すが、宇宙開発センターが作成していた装置「テックセットシステム」によって超人的な力を持った主人公・南城二は「テッカマン」に変身しワルダスターを撃退する。
宇宙開発センターの天地局長はテッカマン・南城二、天地局長の娘で、城二の恋人である天地ひろみ、謎の男アンドロー梅田、ミュータントのムータンを加え、テックセットシステムを内臓したロボットペガスらで「スペースナイツ」を結成する。
スペーツナイツらはワルダスターの地球侵略を防ぐのだった。
それと同時にリープ航法も実現しなければならない。
ワルダスターを退けても新天地に行くことが出来なければ人類は滅びてしまう。
人類、そしてテッカマンの運命はいかに。

登場人物

南城二

南城二

主人公。テッカマンに変身できる数少ない人間。その能力を使い、地球を狙うワルダスターとの戦いに身を投じる。
元々直情的な性格の上に、考えが異なる場合は相手を暴力で屈服させようとする傾向があった。更には、父をワルダスターに殺害されたことが原因で異星人に対する偏見と憎悪が強く心に刻まれたため、復讐のためにテッカマンの力を使い戦おうとして天地に叱責されることもあり、当初はアンドローとも険悪だった。

スペースナイツのリーダーであるが、テッカマンであるがゆえに切り込み隊長的役割を担う。
天地ひろみ

天地ひろみ

天地局長の娘。城二の恋人でもある。宇宙開発センターで城二とともに働き、行動を共にしている事が多い。
一見おとなしそうに見えるが、実は正義感が強く、ワルダスターが潜入した事を信じてくれなかった少女を信じて現場へ突入したときもある。
アンドロー梅田

アンドロー梅田

金髪の巨大なアフロヘアーが特徴のニヒルな男。
サンノー星人で、ワルダスターに移住船団を壊滅された生き残り。
変身能力を有しており、ワルダスターの宇宙忍者に化けたりもする。サンノー星人としての真の姿は地球人とは異なる姿である。そのため、アンドローは地球で行動するために地球人に変身しており、勿論「アンドロー梅田」という名前も偽名。
ムータン

ムータン

サンノー星のミュータント。ぬいぐるみのような可愛らしい小動物だが、人間と同等またはそれ以上の知能を持つ。
アンドローと同じく「影」に変身するほか、目から熱光線を発射したり鋭い聴覚といった超能力を持っており、それを活かしての偵察などを行う。
宇宙帝王ドブライ
ワルダスターの頂点に立つ存在。
常に映像だけで現れ、その実態は不明である。ランボスの醜態に何度も激怒してお仕置きするが、あまりの失敗続きに逆に呆れ果てて絶句することもあった。
ランボス

ランボス

悪党星団ワルダスター団長。黄色い小男の異星人
。冷酷で尊大だが、宇宙帝王ドブライに対しては卑屈であり、作戦が失敗する度に土下座して「ごめんなちゃい」と謝るなど、滑稽な一面も持つ。

テッカマン 関連動画

宇宙の騎士テッカマン OP ED - YouTube

オープニングテーマ
「テッカマンの歌」
作詞 - 竜の子プロ文芸部 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - ボブ佐久間 / 歌 - 水木一郎
エンディングテーマ
「スペースナイツの歌」
作詞 - 竜の子プロ文芸部 / 作曲 - 小林亜星 / 編曲 - ボブ佐久間 / 歌 - 水木一郎、コロムビアゆりかご会
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 2,526 view
タツノコプロに眠る貴重な資料を徹底公開!『タツノコプロ デザインアーカイブ 70年代SF編』が発売決定!!

タツノコプロに眠る貴重な資料を徹底公開!『タツノコプロ デザインアーカイブ 70年代SF編』が発売決定!!

玄光社より、タツノコプロに眠る「設定画稿」といった貴重な資料の数々を網羅したデザイン画集『タツノコプロ デザインアーカイブ 70年代SF編』が発売されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,272 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,270 view
タツノコプロ制作のロボットアニメ「機甲創世記モスピーダ」に新プロジェクトが始動!イベントや公式ムックの情報も解禁!!

タツノコプロ制作のロボットアニメ「機甲創世記モスピーダ」に新プロジェクトが始動!イベントや公式ムックの情報も解禁!!

1983年から1984年にかけて放送されたタツノコプロ制作のテレビアニメ「機甲創世記モスピーダ」の新たな側面を描く新プロジェクト『GENESIS BREAKER』が始動、さらにイベント「機甲創世記モスピーダ展~墓場のレクイエム~」や公式ムックの情報も解禁!
隣人速報 | 3,885 view
アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』の最終回ってどうだった?

アニメ『科学忍者隊ガッチャマン』の最終回ってどうだった?

子供のときに見てたけど、最終回ってどんなだったっけ?そんな作品ってけっこうありますよね。そんな方のために、最終回のあらすじをお届けします。これであなたも思い出せるはず?有名タイトル『科学忍者隊ガッチャマン』はこんな感じでした!
こういち | 1,603 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト