主人公とその家族達で敵と戦う『無敵超人ザンボット3』悲しみの連鎖が止まらない!
2016年2月22日 更新

主人公とその家族達で敵と戦う『無敵超人ザンボット3』悲しみの連鎖が止まらない!

宇宙から突然攻めてきた謎の敵「ガイゾック」と巨大ロボットを駆使して戦う神ファミリー。その正体は、ガイゾックに滅ぼされたビアル星から地球に逃れてきたビアル星人の末裔である。彼らは、地球を守るために戦うのだが、その戦いは理解されず、むしろ彼らのせいで地球が襲われていると非難されることに!!

21,671 view

サンライズ初のオリジナルアニメーション

ザンボット3

ザンボット3

この頃は平日の夕方からやってましたねえ
サンライズ(当時は日本サンライズ)が、前身の創映社より改組・独立後のオリジナル作品第1作目。本作は名古屋テレビ製作である。今日では珍しいことではないが、当時の状況では東京・大阪以外のテレビ局がアニメ製作をするのは異例なことだった。タイトルの『ザンボット3』は「三機合体のロボット」と「サンライズのロボット」という意味がある[1]。
主人公の声が、初代ドラえもんの大山のぶ代さんなのも印象的でした。

戦国時代を意識した和風なデザイン

無敵超人ザンボット3

無敵超人ザンボット3

改めて見ると、長い剣ですね
当初は戦国時代を舞台としたロボットアニメとして企画されたという。そのためか、ロボットのデザインとして、それまでは『マジンガーZ』など、西洋の甲冑をイメージとしたものが多かったのに対し、戦国時代の鎧武者鎧をモチーフとして取り入れた。頭の三日月はデザインは異なるが伊達政宗の兜の意匠から、胴体は陣羽織風、武器も刀や槍と和風である。これに対して、ザンボ・エースの武器はピストルやライフル等の銃であり、いわばチャンバラとガン・アクションの両立が試みられている。なお、ロボットに本格的なガン・アクションを取り入れたのも本作が最初である。
この頃のロボットアニメは、剣を使っての決め技も多かったですね。

あらすじです

駿河湾の港町に住む札付き少年の神勝平は、ライバルの香月真吾との対決中、謎の巨大な怪物に襲われる。それは、謎の宇宙人「ガイゾック」が放った殺戮ロボット兵器「メカブースト」だった。
その襲撃の最中、勝平は家族たちが「宝探し」と称し、海底を探索していた真実を知る。勝平たちはガイゾックに母星のビアルを滅ぼされ、地球へ移住したビアル星人の生き残りの子孫、神(じん)ファミリーだったのだ。ついに地球までその魔の手を伸ばしてきたガイゾックに対し、神ファミリーは先祖が遺した3つの基地が1つに集結する宇宙船「キングビアル」と、3つのメカが1つになって完成する巨大ロボット「ザンボット3」で立ち向かう。

主人公と仲間たち

神勝平(じん かっぺい)

神勝平(じん かっぺい)

主人公ですね、初代ドラえもんの大山のぶ代さんが声をあてられています。
神勝平(じん かっぺい)
声 - 大山のぶ代 / 坂本千夏[10]
神家の次男。12歳。体格は小さめだがスポーツ万能で、バイクを乗り回す不良少年。曲がったことが大嫌いで、困った人を放っておけない。搭乗者3人の中で最年少ということもあり、やや子供っぽい面が強調されていたが、香月との対立と和解、さらに大勢の人たちや、友人知人の生死を目の当たりにしながらも、戦いの中で徐々に成長してゆく。
神江宇宙太(かみえ うちゅうた)

神江宇宙太(かみえ うちゅうた)

ライバルというより、信頼できる仲間でしたね。
神江宇宙太(かみえ うちゅうた)
声 - 森功至 / 古川登志夫[11] / 神奈延年[12]
神江家の長男で第2話から登場。15歳。父から古武術を習っている。一見気障で斜に構えた風も見せるが、理知的で温かみもある性格。勝平とは序盤にしばしば衝突することもあったが、すぐに打ち解け、チームの参謀役になる。パイロットスーツは他の隊員と同じスラックス型、色は青である。
神北恵子(かみきた けいこ)

神北恵子(かみきた けいこ)

ザンボットチームの紅一点ですね。
神北恵子(かみきた けいこ)
声 - 松尾佳子
神北家の長女で宇宙太と同じく第2話から登場。14歳のポニーテールで瞳は青く、乗馬とアーチェリーが得意。信州の自然の中で育った、大らかだがやや気の強い少女。
ザンベースに乗り、ザンボ・エースの支援、ならびに索敵などをこなす。戦闘態勢に入ると生脚にブルマースタイルのパイロットスーツ姿となる(色は緑)。第15話では薄緑のビキニ姿も披露している。当初は黒髪でパイロットスーツもスカートの設定(色はピンク)だったが、髪は金髪となり、より女の子らしさをアピールするために戦闘服も変更された。

子供たちが戦えるように、睡眠学習で恐怖をなくす!

左から神北恵子(声:松尾佳子) 神江宇宙太(声:森功至...

左から神北恵子(声:松尾佳子) 神江宇宙太(声:森功至) 主人公の神勝平(声:大山のぶ代 )

普通ならこんな子供たちがロボットに乗って戦うなんて出来ませんよね
ここまでは、普通のロボットアニメだと思うのですが、子供の主人公たちにロボットの操縦方法を覚えさせる方法に、睡眠学習を受けさせます。これは同時に戦うことの恐怖心を麻痺させてしまうのです。しかもそれを行ったのは自分たちの家族。

ガイゾックが攻めてきたのは神ファミリーのせい!!そして人間爆弾の恐怖

だが、ザンボット3とメカブーストの戦いの影響で日本は焦土と化し、地球人はガイゾックよりも神ファミリーを恐れて忌み嫌い、迫害する。非難と疎外に遭いながらもガイゾックと必死に戦う神ファミリーをようやく地球人が理解し始めた時、ガイゾックが開始した人間爆弾作戦は、神ファミリーと地球人をさらなる戦慄に追い込む。
守っている仲間である地球人の追われる。悲しい内容でした。
31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

ダグラム、ボトムズ、ガリアン、レイズナー…アニメ監督・高橋良輔が自身の関わった作品を語りつくす書籍を刊行!

80年代のロボットアニメ「装甲騎兵ボトムズ」「太陽の牙ダグラム」などの監督として有名な高橋良輔が、書籍「アニメ監督で…いいのかな? ダグラム、ボトムズから読み解くメカとの付き合い方」を刊行することが明らかとなりました。発売予定日は2月9日。
隣人速報 | 1,842 view
【週刊 20世紀Walker】Vol.16 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

【週刊 20世紀Walker】Vol.16 「アイドル」だけがレコードじゃない!熱い「アニメ主題歌」を忘れちゃ困ります!!アナログレコードの世界!Vol5

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
『ガンプラり歩き旅』その12 ~ひたすら前進あるのみ! ガンダム世界一マイナーな合体戦車!~

『ガンプラり歩き旅』その12 ~ひたすら前進あるのみ! ガンダム世界一マイナーな合体戦車!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第12回は、、ジオンの地上戦闘用戦車を紹介!
市川大河 | 3,674 view
『ガンプラり歩き旅』その11 ~こんな脇役サポートメカのプラモまで、君は覚えているか!?~

『ガンプラり歩き旅』その11 ~こんな脇役サポートメカのプラモまで、君は覚えているか!?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第11回は、、ジオンのマイナーメカを2つ紹介!
市川大河 | 8,094 view
『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

『ガンプラり歩き旅』その9 ~ジオンのびっくりどっきりモビルアーマー登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第9回は、映画版ではその存在を(ほぼ)抹消されたビグロと、劇場版でもメインの活躍のソロモン戦が描かれたビグ・ザムの、ジオンの2大モビル・アーマーのご紹介です!
市川大河 | 7,837 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト