ピコ太郎のモデル?無頼派芸人「トニー谷」
2017年11月11日 更新

ピコ太郎のモデル?無頼派芸人「トニー谷」

1950年代前半に活躍したコメディアン「トニー谷」をご存知でしょうか?トニングリッシュと呼ばれる独自の言語を駆使した舞台パフォーマンスで人気を博した彼は、同時に、その強すぎる個性ゆえに多くの人から疎まれる、嫌われ者でもありました。そんな、ピコ太郎のビジュアルモデルにもなったとされるトニー谷について調べてみました。

3,652 view

ピコ太郎と似ている?

去年一大ブームを巻き起こしたピコ太郎。彼のビジュアルにはモデルが存在したのをご存知でしょうか?
モチーフにしたとされているのは、昭和に活躍した舞台芸人(ヴォードヴィリアン)・トニー谷。オールバックのヘアースタイルとメガネ、ハの字の口髭…。たしかに、外見的特徴にはかなり類似点があり、胡散臭そうは雰囲気もそっくりです。
ピコ太郎

ピコ太郎

出典 avex.jp
トニー谷

トニー谷

もともと、トニーを模したキャラとして有名だったのが、赤塚不二夫の漫画『おそ松くん』に登場するイヤミです。ルックス的に似ているのはもちろんのこと、語尾に「~ざんす」をつけるところ、外国語交じりの言葉づかいなところ、常に人を見下したような態度をとるところなど、トニーの芸風そのものをコピーしているといっても過言ではありません。
イヤミ

イヤミ

ようするに、トニー谷というヴォードヴィリアンは、それだけキャラが起っていたのです。彼の歩んだ芸人人生は、破天荒の一言に尽きます。しかも、それはスポットライトが当たる舞台の上・テレビカメラの前だけに限った、破天荒さではありません。楽屋裏、私生活、全ての局面において傲慢不遜、厚顔無恥を貫き、どれほど憎まれ、嫌われようが、お構いなしに悪役芸人としての流儀を通し続けた、空前絶後の怪人なのです。
そんな不世出のヴォードヴィリアン、トニー谷について迫りたいと思います。

“素人芸”で身を立てたという意味で、タモリと同じ?

異端・邪道・外道芸人の華である‐

評論家・小林信彦氏の名著『日本の喜劇人』においてこのように評されるトニー谷。彼は所謂、師弟関係の中で芸を磨いたタイプの芸人ではありません。素人芸によって身を立てた成り上がり者であり、そういった意味でタモリに似ているといえるでしょう。本人も晩年、このサングラスの後輩タレントをいたく気に入っていたようで、『今夜が最高!』で共演も果たしています。

若かりし頃のタモリと晩年のトニー谷

際立った独特の言語感覚

彼の芸風で際立ったのが、その独特なしゃべり方。「レイディース・エン・ジェントルメン!…アンド・おとっつぁん・おっかさん!おこんばんわ!ジス・イズ・ミスター・トニー谷ざんす!」という自己紹介をはじめ、「アイブラユー」「ネチョリンコンでハベレケレ」「さいざんす」「バッカじゃなかろか」など、日本語と英語を奇妙に捻じ曲げて自己流にアレンジする才能に長けていたのです。

もう一つ有名なのが、そろばん芸。彼の代表曲『そろばんマンボ』において、まるで打楽器のように、軽快かつリズミカルに叩きならす様は、一見の価値ありです。
しかしこれ、坊屋三郎のアイデアをパクったのものだったらしく、怒った坊屋がイチャモンをつけるも、トニーは「盗まれるほうが間抜けなんだよ!」と逆ギレしたといいます。

晩年のトニーによるそろばん芸

また、トニーはもともと、50年代にブームとなったジャズコンサートにおける司会業で人気に火がついた芸人ということもあり、客イジリもお手の物でした。しかし、愛のあるイジリではありません。うるさい客がいると「シャラップ!アホウ!」「おだまり!」と一喝し、ある公演などでは、客の頭を蹴り上げていたといいます。
実に粗暴な振る舞いですが、これがウケていたというから、当時いかに人気者だったか分かるというものです。

とにかく共演者・スタッフから嫌われまくっていた

前述したように、トニーは楽屋裏でも破天荒。楽屋に乱入してはヌードダンサーや女性タレントに抱きつき、触りまくったといいます。また、古川ロッパ・柳家金語楼・伴淳三郎といった先輩喜劇人に対しても、一切、敬意を払わず、裏方のスタッフには、しょっちゅう理不尽な難癖をつけて怒鳴っていたのだとか。当然ながら、このようにあたり構わず、横柄な態度を取るトニーを好きになる者など誰もいませんでした。

トニー谷の『そろばんマンボ』

嫌われていたためか、後ろでトニーのパフォーマンスを無視している共演者がたくさんいる。

暗い少年時代を過ごしていた

トニーは、徹底して私生活を黙秘するコメディアンでした。舞台やテレビで自分のことを語らないのはもちろん、生い立ちについて少しでも質問されると、烈火のごとく怒っていたというから、そのこだわりたるや半端ではありません。

その裏には、自分の過去に対する強烈なコンプレックスがあったとされています。トニーは、東京市京橋区銀座生まれ。実父はトニーが誕生する少し前に死亡。代わりに戸籍上の父となった伯父からは、ひどい虐待を受けたそうです。
17歳の時には、実母も病死。実の両親を2人共に亡くし、戸籍上の父とその再婚相手の継母からは、さらに過酷な仕打ちを受けることに。これに耐え切れず、トニーは家を飛び出し、18歳にして自活の道を歩んだのでした。

こうした暗い思い出を含めた一切の過去を、トニーは封印しました。大谷正太郎という本名さえも「谷正」と偽名を使い、完全に抹消しにかかります。少年時代の友人から「正ちゃん!」と声を掛けられても、「人違いでしょう」と一蹴。戦時中同じ部隊にいた戦友、実の妹が訪ねてきても門前払いを食らわし、「楽屋への訪問、知り合いといいふらすこと、全部お断りします」と言い放ったといいます。ここまでする人、他にいるでしょうか?
トニー谷

トニー谷

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【週刊 20世紀Walker】Vol.20  第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

【週刊 20世紀Walker】Vol.20 第20号記念は!?「手塚治虫」「石森章太郎」「永井豪」「赤塚不二夫」「藤子不二雄」etc「レトロコミック」の世界!

ミドルエッジがオススメする昭和の男子女子が泣いて喜ぶフリマサイト「20世紀交歓所」。その中の逸品を所長の「山本圭亮」と編集部アルバイト「富田葵」がナウくキャッチーに紹介するコーナーです!
ゲストが伝説のタモリ必笑レコード盤を爆音で聴いてトークする「クイズ夜会ライブ」3/22に開催!

ゲストが伝説のタモリ必笑レコード盤を爆音で聴いてトークする「クイズ夜会ライブ」3/22に開催!

ラッパーのダースレイダー、音楽ジャーナリストの柴那典、音楽評論家のスージー鈴木、地下クイズ王の渡辺徹、イントロマエストロ藤田太郎が集まり、面白い音源をかけあって大音量で聴きまくるトークショーが3/22(木)新宿ロフトプラスワンで開催!
タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

タモリ唯一の女性スキャンダル「ひとみちゃん事件」とは?

料理がうまくて、愛妻家…。そんな良き家庭人的なイメージで語られることの多いタモリ。しかし、過去に一度だけ、不倫疑惑を報じられたことがあります。今回はそんなタモリ唯一のスキャンダル“ひとみちゃん事件”について調べてみました。
こじへい | 7,464 view
【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

【空耳アワードノミネート外の名作】空耳アワー作品【1993年放映分】

1992年からコーナーが始まり、今年(2017年)で25周年を迎えた、テレビ朝日系列の番組「タモリ俱楽部」の「空耳アワー」。不定期で、爆笑作品をピックアップしてゲストを交え放送する「空耳アワード」というものがありますが、アワードに惜しくもノミネートされなかった作品もたくさんあります。その中で、1993年に放映されたものをいくつかピックアップして、楽しみたいと思います。
84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正

84年の『いいとも』で繰り広げられた、タモリvs小田和正

昔、フォークソング嫌いを公言して憚らなかったタモリ。特にオフコースを名指しで批判していたために、『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に、小田和正が来たときは、とんでもなく、険悪なムードになっていました。
こじへい | 6,051 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト