忍者の知識はココから学んだ!ニンニン!忍者ハットリくん
2015年11月26日 更新

忍者の知識はココから学んだ!ニンニン!忍者ハットリくん

1981年から放送され、全694回と言うロングヒットアニメである忍者ハットリくん。何度も再放送されていたので、覚えている人も多いのでは?ハットリくんの口癖「ニンニン」やずっこけるときのセリフ「ズコー!」は子供達の間で大人気でした。ここではそんな忍者ハットリくんについて振り返ってみました。

24,167 view
影千代(かげちよ)

影千代(かげちよ)

ケムマキの弟子の忍者猫で、赤いスカーフがトレードマークのブチ猫。獅子丸とはライバルで、「デブ犬」「ハズレ猫」と罵り合っている。

口癖は「~ニャリン」「アッチャラパー!」で、ケムマキのことを「ごしゅりんたま」と呼び慕っている。
河合夢子(夢子ちゃん)

河合夢子(夢子ちゃん)

ケンイチやケムマキが憧れるクラスメイトの美少女。成績優秀で優しい性格だが、短気でわがままなところも。ケンイチやケムマキを手玉に取って振り回すようなしたたかなマドンナ。
ツバメ

ツバメ

ハットリくんの幼馴染で、ハットリくんを慕って伊賀から上京してきたくの一。勝気でおてんばな性格で、ツバメに変身したり、横笛を使って人を眠らせたりできる。忍法を使ってハットリくんに好かれようとするも失敗して騒動を起こす。

ハットリくんのことを「ハットリ様」と呼び、ケンイチやケムマキからは「ツバメっこ」と呼ばれている。
小池先生

小池先生

ケンイチたちのクラスの担任。教育熱心で小言も多いが、生徒を思いやる優しい先生。無類の蝶好きで、珍しい蝶を見ると我を忘れてしまう。

口癖は、「であるからして、こうなるのである」

「忍者ハットリくん」こぼれ話

 (1520429)

作者である藤子不二雄Ⓐは、自分の作品の中では一番のお気に入りだという。アニメ化が決定されると1980年代に合わせた新設定で連載を開始。作者はアニメ版の声優の個性溢れる演技に感銘を受け、筆が進んだと語っている。

藤子Ⓐ作品の中ではもっとも長期となり、1988年に旧シリーズから足掛け20年近く掛けて、初めて最終回が描かれた。
 (1519748)

「獅子丸」は当時先生が飼っていらっしゃったチャウチャウ犬がモデルだとか。このチャウチャウ犬の大好物が「ちくわ」で、それで、ちくわを銜えて印を結び『ほにょにょ!』のポーズが「獅子丸」の得意のポーズが生まれたのである。

 一方の「影千代」のモデルは、当時赤塚不二夫先生の制作スタジオに飼われていた、無芸なのだが『あれをやれッ!』と言われると仰向けにひっくり返り「バンザイ」をする「菊千代」という名前の猫だったとか。
影千代は動きやしゃべり方が赤塚キャラっぽいなあと思っていたのですが、本当に赤塚不二夫さんの飼い猫がモデルと知ってびっくりです。
 (1519760)

1980年代は「忍者ハットリくん」の他にも、ドラえもんや怪物くん、パーマンにオバケのQ太郎など、藤子アニメ全盛期でした。その人気は藤子キャラ御三家として、「ドラえもん」、「忍者ハットリくん」、「パーマン」の頭文字をとって「ドラ・ハッ・パー」という造語ができたほど。
ケムマキの声を演じていた声優の肝付兼太さんはスネ夫(ドラえもん)・ドラキュラ(怪物くん)・パーやん(パーマン)・ハカセ(オバケのQ太郎)・ナレーション(プロゴルファー猿)と藤子アニメのほとんどを同時期に担当していました。
「おかあさんといっしょ」内で放送されていた「にこにこぷん」のじゃじゃ丸も担当していたそうなので、80年代当時の忙しさは相当なものだったのではないかと思います。
 (1520560)

2015年11月にはパズドラとコラボしていました。
コロコロコミックの大人版「コロコロアニキ」を購入すると、獅子丸もゲットできたため売り切れ続出だったようです。

気になる最終回は?

 (1519743)

原作よりも一足早く1987年12月に放送は終了するが、「雪山のからくり山荘の巻」は最終回らしい内容ではなく、影千代がひっそりとプラカードを持って「おわり」と告げたのみである。次回からは何事もなかったかのように再放送が1989年6月30日まで続けられた。
夢子ちゃんとスキー旅行に行くことになったケンイチ。二人の仲を邪魔しようとケムマキと影千代はケンイチを追って山荘への道案内を入れ替えたり、ケンイチを騙して女湯へ行かせようとします。

お風呂を覗かれて激怒した夢子ちゃんにケンイチは雪だるまにされてしまいます。一方その頃ケムマキはハットリくんにお仕置きされ、「ニンニン」と〆て終了します。
最後の「ニンニン」のところで影千代が回していたプラカードに「おわり」と告げられて終了するという、最終回らしくない終わり方でした。
 (1519759)

最終回は全く記憶になかったのですが、最終回が放送されていた1987年には忍者ハットリくんはテレビ朝日と静岡けんみんテレビのみで放送されていた「パオパオチャンネル」という番組内で放送されていたようです。大半の地域ではこの時間帯にローカルニュースを流していて、次回からも再放送が流されていたそうなので、見逃していた方も多いのではないでしょうか。

こんな関連商品も!

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 2,671 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,280 view
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 965 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
話題沸騰中の「100年ドラえもん」!公式索引巻『引くえもん』や『限定配送BOX』などの最新情報が解禁!!

話題沸騰中の「100年ドラえもん」!公式索引巻『引くえもん』や『限定配送BOX』などの最新情報が解禁!!

現在、全国書店にて予約受付中となっている「ドラえもん」50周年記念出版物『100年ドラえもん』の最新情報が続々と解禁されています。
隣人速報 | 334 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト