矢野顕子とTHE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で初共演。赤塚不二夫の生誕80年らしい演出も!
2017年5月9日 更新

矢野顕子とTHE BEATNIKSが「バカ田大学祭ライブ」で初共演。赤塚不二夫の生誕80年らしい演出も!

赤塚不二夫の生誕80年を記念し、5月3日(水祝)から5月5日(金祝)まで「バカ田大学音楽祭ライブ」が恵比寿ザ・ガーデンホールで開催された。

187 view

赤塚不二夫の生誕80年記念イベント「バカ田大学祭ライブ」で矢野顕子とTHE BEATNIKSが初共演!!

赤塚不二夫の生誕80年を記念し、5月3日(水祝)から5月5日(金祝)まで「バカ田大学音楽祭ライブ」が恵比寿ザ・ガーデンホールで開催された。

初日の3日には、矢野顕子、高橋幸宏と鈴木慶一による音楽ユニットTHE BEATNIKSが出演した。
「バカ田大学音楽祭ライブ」に矢野顕子、THE BEAT...

「バカ田大学音楽祭ライブ」に矢野顕子、THE BEATNIKSが出演!!

矢野顕子の1曲目は「天才バカボン」にちなんで「Bakabon」を選曲し、客席を沸かせた。「SUPER FOLK SONG」に続いてのTALKでは、「昔、学園祭には絶対出ないと、山下達郎と約束したことがあったんだけど」とエピソードを披露。

また、「昨日は忌野清志郎の命日だったんだけど」というTALKから忌野清志郎作詞・作曲の「雑踏」を歌い、続いて大瀧詠一作詞・作曲の「Welcome to Jupiter」、そして「これは宮沢和史さんの曲だからと言い聞かせないと自分の曲だと思ってしまう」と会場を笑わせ「中央線」と名曲を次々に披露した。

最後には「高橋幸宏が曲が出来たときに涙目で、すごいいい曲」と褒めてくれたという「ひとつだけ」を熱唱。会場は熱い熱気に包まれた。
矢野顕子アルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」

矢野顕子アルバム「矢野顕子、忌野清志郎を歌う」

そして、THE BEATNIKSが登場すると、会場に鳴り響く大きな拍手で歓迎ムードへ。
高橋幸宏と鈴木慶一がフロントに立つとさらに会場のボルテージは最高潮に。その後、今回初披露となる新曲「鼻もちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章」を歌い上げ、THE BEATNIKSの世界観に会場を引き込んでいく。

スクリーンには赤塚不二夫のイベントを意識してか漫画のコマ割り内に、昨今緊張を極める世界情勢に対してのメッセージともとれる歌詞が表示されたり、鈴木慶一のボコーダーによる「反対なのだ」というつぶやきの演出が行われ、同イベントならではのライブとなった。
THE BEATNIKS DVD「T・E・N・Tレーベ...

THE BEATNIKS DVD「T・E・N・Tレーベル30th Anniversary THE BEATNIKS 19812001」

「本当は、バカトニックスで、ここからはバカになって来ますが」とコメントしつつ、「Now And Then」「ちょっとツラインダ」など曲調の異なる楽曲が演奏された。

さらに幻想的なアレンジによる「Dohro Niwa」を「天才バカボン」のキャラクターをデフォルメした映像をバックに映し出しながら演奏。最後には「この日のために作った曲を」ということで、ステージには再び矢野顕子が登場。THE BEATNIKSと矢野顕子が初の共演を果たした。
そして、この新曲のタイトルはまさかの「シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya」。

こちらも、新たに制作された赤塚不二夫のキャラクターのイラストを映し出しながら、いきなりのステージと客席のコール&レスポンスで大盛り上がりに。会場を赤塚イズム一色に染め上げ、豪華な両アーティストと赤塚不二夫のコラボが実現した。

その後のアンコールでも、矢野顕子が三度登場し、グランドピアノでYMO「BALLET」を演奏。最後まで会場は興奮の渦と化していた。
8 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

矢野顕子、1992年のドキュメンタリー映画から名曲のMVレストア版が期間限定で公開中!

1992年に公開されたドキュメンタリー・フィルム『SUPER FOLK SONG ~ピアノが愛した女。 ~』からピックアップされた矢野顕子の楽曲「SUPER FOLK SONG」のMVが、最新技術で修復処理を施したレストア版として期間限定で公開されている。
YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』アイドル風のPVに驚きを隠せなかった!

YMO史上、最も売れた『君に、胸キュン。』アイドル風のPVに驚きを隠せなかった!

1978年に結成された日本のテクノ・ポップ・グループYMO。彼らの1983年にリリースされた『君に、胸キュン。』。オリコン第1位を目指した楽曲で、それまでのイメージとは異なったアイドル風のPVも斬新だった。槇原敬之らもカバーしている名曲だ。
ひで語録 | 5,768 view
テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

テクノブームを巻き起こしたYMOの世界

当時シンセサイザーを駆使して演奏する音楽に憧れました。
BMイワ王 | 2,881 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 771 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト