生涯を懸けて演じた名探偵『シャーロック・ホームズの冒険』
2017年3月1日 更新

生涯を懸けて演じた名探偵『シャーロック・ホームズの冒険』

古今東西、たくさんのシャーロック・ホームズものが映像化されていますが、中でも一際評価が高い、ジェレミー・ブレットのグラナダTV版ホームズ。世界中のシャーロッキアン達を納得させた、シャーロック・ホームズの冒険について、振り返っていきましょう。

6,684 view

シャーロック・ホームズの冒険とは

 (1837149)

言わずと知れた探偵小説の祖、コナン・ドイル原作のシャーロック・ホームズシリーズを映像化した作品。
イギリス・グラナダTV制作の『シャーロック・ホームズの冒険』は1984年から1994年にかけて放送されました。日本では1985年から95年までNHKで放送されています。
主演はジェレミー・ブレット。
史上最高のホームズシリーズとして、現在でも世界中で評価の高い作品です。

The Adventures of Sherlock Holmes (1984 TV series) - Opening Theme

日本では10年間『シャーロック・ホームズの冒険』というタイトルで親しまれてきましたが、実際にはシリーズ毎にタイトルが変遷しています。
1984年から85年は『シャーロック・ホームズの冒険』シーズン1,2
1986年は『シャーロック・ホームズの帰還』シーズン1
1987年に長編『四人の署名』
1988年に『シャーロック・ホームズの帰還』シーズン2と、長編『バスカビルの犬』
1991年に『シャーロック・ホームズの事件簿』シーズン1
1992年から93年は『シャーロック・ホームズの事件簿』として長編3作
1994年に『シャーロック・ホームズの思い出』
短編36話と長編5話の計41話制作されています。なお各シリーズのエピソードは、コナン・ドイル原作の作品集とは異なりシャッフルされていますが、いずれも原作を忠実に再現された秀逸な作品となっています。

Sherlock Holmes promo

シャーロック・ホームズの冒険の魅力

何と言っても原作に忠実な描写、世界観、そして主演のジェレミー・ブレットのホームズっぷりでしょう。
 (1837204)

19世紀の街並みを忠実に再現
大英帝国の黄金期とも言える、19世紀のヴィクトリア朝の世界を、事細かに完全に再現しています。
霧のロンドン、石畳の路地、辻馬車、貴族階級の馬車、シルクハットの紳士たち、優雅な淑女、怪しげな貧民窟、趣のある家具調度類などなど、昔読んだ本の挿し絵の世界がそのまま映像化されています。
 (1837285)

何よりもホームズとワトソンの住居、ベーカー街を完全に再現していて、そこに住む人々の息吹までも感じる事ができます。
そして特筆すべきが田舎の城や屋敷の美しさ。絵画のような映像美を楽しむ事ができます。
 (1837267)

絵画のような映像美
役者達の演技も素晴らしいです。古典的で少し大げさな素振りで、まるで舞台を鑑賞してるかのような雰囲気を楽しめます。
この様に細部にいたるまで、シャーロック・ホームズの時代を再現した丁寧な作品作りが、ホームズ作品至上最高の傑作と言われる所以なのでしょう。
 (1837236)

挿し絵の世界がそのままに

キャスト

シャローック・ホームズ(ジェレミー・ブレット)

52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

原作に最も近いジェレミー・ブレッド版【シャーロック・ホームズの冒険】

原作に最も近いジェレミー・ブレッド版【シャーロック・ホームズの冒険】

アーサー・コナン・ドイル原作の「シャーロック・ホームズ」は世界中で愛され、今もなおアレンジを加えながら映像化がされている作品です。そんな数多くある作品の中でも、もっとも原作に近いといわれるのがジェレミー・ブレッドのシャーロック・ホームズの冒険」です。
TAKANA135 | 7,979 view
「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

「ブキミが気持ちいい!」。マニア向けだったシューティングゲーム『バラデューク』!

『バラデューク』は、1985年7月にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)から発売されたアーケードゲームです。そのブキミなグラフィックスは、当時のゲームセンターで異彩を放っていました。難易度も高く、ハードな内容はマニア向けだったと言えるでしょう。そんな特異なシューティングゲームをご紹介します。
こういち | 1,901 view
成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

成田美名子のマンガ『CIPHER』と『ALEXANDRITE』から響く「どんな問題だって生きてさえいればいつか解決するんだ」というメッセージ

17歳でデビューした少女マンガ家、成田美名子。その絵の美しさで評価が高い彼女ですが、物語に込められたメッセージ性も大きな魅力だと思います。作品の中から1985年連載開始の『CIPHER(サイファ)』、スピンオフの『ALEXANDRITE(アレクサンドライト)』を紹介します。
こういち | 341 view
ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

ルパン・シリーズ第3作目!『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』(1985年)の特徴や魅力に迫る!~おすすめの見せどころまで大公開!~

1985年、劇場公開作向け映画第3作目にあたる本作は、ちょうど夏休み前の企画映画によって子ども・大人に十分楽しまれるような脚色が盛り込まれました。「ルパンの声役はやっぱり山田康雄!」という声が現代でも多いですが、本作はまさにその山田・ルパン本家の魅力が満載しています! 今回は本作『ルパン三世 バビロンの黄金伝説』に彩られた〝壮絶なロマンと演出と構成〟をはじめ、「ここはぜひチェックしておきたい!」という場面を徹底的にご紹介していきます。ぜひ最後までおつき合い下さい!
天川裕司 | 1,051 view
1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1985年~89年、りぼんに連載されていた『星の瞳のシルエット』。友情と恋愛をテーマに、魅力的なキャラクターや小道具が大人気になり大ブームになりました!どんな作品だったか振り返ってみましょう。
ぶちうに | 1,040 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト