渥美清への追悼映画。「虹をつかむ男」は、山田洋次監督の愛が詰まった作品でした。
2017年1月31日 更新

渥美清への追悼映画。「虹をつかむ男」は、山田洋次監督の愛が詰まった作品でした。

渥美清への追悼映画でもある「虹をつかむ男」。山田洋次監督の「寅さん」への想いがたくさん詰まった愛に溢れた名作でした。

2,438 view

寅さんへの追悼映画

虹をつかむ男 タイトル

虹をつかむ男 タイトル

「虹をつかむ男」は、渥美清さんの急逝により製作が打ち切りとなった「男はつらいよ 寅次郎花へんろ」に出演予定だった、西田敏行さんが主役を演じた作品です。

寅さんのマドンナ役に予定されていた田中裕子ほか、寅さんファミリーが勢揃いした映画で、渥美さんに捧げる追悼作品でもあります。
虹をつかむ男 主演・西田敏行、マドンナ・田中裕子

虹をつかむ男 主演・西田敏行、マドンナ・田中裕子

出典 kgb7.com
『男はつらいよ』第49作のタイトルは『男はつらいよ 寅次郎花へんろ』、ロケ地が決まり、秋からの撮影を控えていた。
しかし、同年8月4日に渥美清が死去したことにより制作が不可能になり、『男はつらいよ』シリーズは終了することとなった。

『虹をつかむ男』は渥美を追悼して、『寅次郎花へんろ』の公開予定日であった1996年12月28日に公開された。
製作発表の様子

製作発表の様子

 「渥美清に捧げる」作品の為か、エンディングテーマに渥美清の歌っている『男はつらいよ』が流されるようになっている。

ただ、逆に言えば、『男はつらいよ』シリーズではない別作品なのに、ちょっと『男はつらいよ』の名残を残しすぎ。
映画の舞台となった「オデオン座」

映画の舞台となった「オデオン座」

「虹をつかむ男」のあらすじ

職もなく、親とケンカして家を出た平山亮は、旅の末、徳島の小さな町に辿り着く。
亮はそこで無類の映画好き白銀活男が経営する古ぼけたオデオン座という映画館でアルバイトとして働き始める。
活男は幼馴染みの未亡人・八重子に惚れていたが、それを口にすることはなかった。そんな活男を亮は叱咤するのだったが……。

虹をつかむ男(予告) - YouTube

作品データ

監督 山田洋次
脚本 山田洋次、朝間義隆
出演 西田敏行、吉岡秀隆、田中裕子等
公開 1996年(平成8年)
配給 松竹
時間 120分

まるで寅さんです!惚れた女と結ばれない主人公

白銀活男

白銀活男

活男は八重子が開く喫茶店“カサブランカ”に毎日顔を出しては映画談議を繰り広げるが、彼女への想いだけは口にすることができないでいた。

活男は巡回映画にも出かけ、名画を上映していく。
そんな時、八重子の父親が急死し、活男は八重子の口から、亡夫の同僚と結婚して大阪に行くことを聞かされる。八重子は活男の気持ちを知りつつ応えられないことを泣きながら告げるのだった。
八重子にとって活男は信頼できる兄のよう。

八重子にとって活男は信頼できる兄のよう。

マドンナ

田中裕子演じる未亡人・八重子

田中裕子演じる未亡人・八重子

本作では、見事に未亡人・八重子役を演じました。
活男の想いを知りながら、受け止められなく涙するその姿に感動しました。

どの役でも、すっと役に入り込める演技力は、現在も健在ですね!
27 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
名言の宝庫!映画「男はつらいよ」!23日に『寅さん語録』が発売!フーテンの寅の一言は心に刺さる!

名言の宝庫!映画「男はつらいよ」!23日に『寅さん語録』が発売!フーテンの寅の一言は心に刺さる!

23日にぴあより映画「男はつらいよ」の主人公、寅さんこと車寅次郎の名言を集めた一冊、「寅さん語録 −寅さんが教えてくれる 今を生きるための50のメッセージ−」が発売される。寅さんがふいに故郷の葛飾柴又に戻ってきて大騒動を起こす同作では、数々の名言が生まれている。
映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」 愛媛・大洲を舞台に殿様との交流を描きました!

映画「男はつらいよ 寅次郎と殿様」。1977年公開のシリーズ第19作目。殿様役にアラカンこと嵐寛寿郎を迎え、またもや厄介ごとを引き受けてしまう寅さんの奔走ぶりをご覧下さい!
ひで語録 | 1,613 view
屈指の名作と呼ばれる「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の特集です!

屈指の名作と呼ばれる「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の特集です!

とらやに泊まったおじいさんは日本を代表する人でした。
ひで語録 | 13,637 view
男はつらいよシリーズ 「葛飾立志篇」

男はつらいよシリーズ 「葛飾立志篇」

寅さんに隠し子騒動!?さくらも困った!そして、不純な動機で勉強を始めます。今回の寅さんはなんとも眼鏡が似合います。
ひで語録 | 1,761 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト