ブギーのアイドルを実感できる「ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー」のT・レックス
2017年1月17日 更新

ブギーのアイドルを実感できる「ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー」のT・レックス

飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこのことでしょう。ブギーのアイドルと呼ばれていた70年代前半のT・レックスの人気は凄まじいものがありました。70年代独特の空気感とT・レックスの名曲の数々をドキュメント映画「ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー」で味わってください。

479 view
T・レックスの絶頂期である72年3月18日にロンドンはウェンブリー・プールで行われたライヴ映像を中心にして、リンゴ・スターやエルトン・ジョンとのスタジオでのセッション、シュールなイメージ映像などが収録された伝説のロック・フィルム「 ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー」が2016年7/月6日に発売されています。

T・レックスの素晴らしさを知るには最高のアイテムです。
ファンの方はもちろん。まだT・レックスを知らないという方にお勧めします!

T.Rex - Jeepster

T-REX

T・レックス

T・レックス

別名:ティラノザウルス・レックス
出身地:イングランド・ ロンドン
ジャンル:サイケ・フォーク、グラムロック
活動期間:1967年~1977年
イギリスで1970年代前半から中盤にかけて流行したグラムロック。その中心的存在だったのがマーク・ボラン率いるT・レックスです。
当時その人気は絶大で、特徴的なブギーを使った音楽性からブギーのアイドルと呼ばれていました。

映像を見るとお分かりになると思いますが、派手なメイクとコスチューム、まさにグラムの申し子といった佇まいですね。
そういえば、ステージでギターを弾きながら派手に動き回り歌うというステージ・アクションはT・レックス以前には誰もいなかったのではないでしょうか?

現在につながるスタイルが確立されたといってもいいのかもしれませんね。

それにしても当時のT・レックス人気は今では考えられないほど凄まじかったのです。

T.Rex Telegram Sam 2016 Promo Video Born To Boogie

そんなT・レックスに目を付けたのが元ビートルズのドラマーであったリンゴ・スターです。

ビートルズはアップルという自分たちの会社を持っていました。当時そのアップルで最も大きな収益をあげていたのはビートルズが所属するアップル・レコードですが、その他の部門はあまり芳しくありませんでした。
1972年にアップルの映像部門であるアップル・フィルムのテコ入れをすることになり、そこで選ばれたのがT・レックスというわけです。
リンゴ・スター

リンゴ・スター

マーク・ボランとT・レックスを主役としたドキュメンタリー映画を、監督リンゴ・スターで制作することになります。
「ボーン・トゥ・ブギー」がそれですが、このことは当時のT・レックス人気がどれほど凄かったかを物語っていると同時に、ビートルズの後継者をビートルズ自ら指名したとも受け取れます。

ビートルズの手によってドキュメンタリー映画がが作られたことでビートルズに変わる存在として認められたT・レックス。
一時期マスターフィルムが不明となっていたのだそうですが、こうしてリマスターされ当時の映像を見ることができる喜びは計り知れません。

Born To Boogie – The Motion Picture

T. Rex / Born To Boogie (Trailer) -マーク・ボラン& T.レックス / ボーン・トゥ・ブギー(トレーラー)

ビートルズが認めたとはいえリンゴ・スターが監督ということで不安を抱えてしまいがちですが、監督がどうであれ(失礼!)この時期のT.レックスはさすがに素晴らしいです。

「小細工はしない」というマーク・ボランの言葉によって作られたステージは、質素というか飾りっ気がまったくありませんが、過剰な演出がない分バンドの、音楽の、素晴らしさがよく分かります。
臨場感があって楽しめますよ。
ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー

ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー

出演: マーク・ボラン, T.レックス, リンゴ・スター, エルトン・ジョン
監督: リンゴ・スター
字幕: 日本語
リージョンコード: リージョン2
ディスク枚数: 2
販売元: ヤマハミュージックアンドビジュアルズ
永遠のアイドルです。この作品も以前からいろんな形のものを購入してきました。作品的にはかなりマニアックな部分もありますが、そこをスルーしないで楽しんでほしいと思います
ライブの収録曲は以下の通りです。

1972.3.18 ウェンブリー マチネー・ショウ
●ロスコズ・イントロ
●キャデラック
●ジープスター
●ベイビー・ストレンジ
●スペースボール・リコシェ
●ガール
●コズミック・ダンサー
●テレグラム・サム
●ホット・ラブ
●ゲット・イット・オン
●サマータイム・ブルース

Marc Bolan & T.Rex Perform 'Get It On' Live From Born To Boogie

お馴染みの「Get It On」です。
それにしてもマーク・ボランの震える声というのは何とも魅力的ですね。

そして、ライブ以外にスタジオでの風景も収録されています。代表曲のひとつである「Children Of The Revolution」を生ギターを弾きながらエルトン・ジョンのピアノとリンゴ・スターのドラムをバックに歌うマーク・ボラン。
貴重な映像です。
しかし、それ以上にこの素朴なスタジオ・テイクからは曲の良さがよく伝わります。

Marc Bolan & T.Rex Perform 'Children Of The Revolution' From Born To Boogie

リンゴ&エルトン

The Slider

このライブ映像が撮影されたのと同じ年の1972年にリリースされたT・レックスのオリジナル・アルバム「ザ・スライダー」ですが、ジャケット写真をリンゴ・スターが撮影しています。

勢いがあった時期だけあって大ヒット曲の「メタル・グルー」と「テレグラム・サム」を含む名盤となっています。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

グラム・ロックに咲いた伝説のバンド、T・レックス

グラム・ロックに咲いた伝説のバンド、T・レックス

グラム・ロックと呼ばれるムーブメントの中心であった、マーク・ボラン率いるT・レックス。そのあまりに強烈だった光と影。
obladioblada | 6,316 view
『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

『あいのり』が地上波にベッキーと共に戻ってくる!1月12日(金)からラブワゴン出発進行~!

2018年1月12日(金)24時55分より『恋愛観察バラエティー あいのり』の最新シリーズ『あいのり:Asian Journey』が地上波で放送される。90年代後半から放送され、視聴率20%を超えたドキュメンタルバラエティー番組が復活する。
43年前の西城秀樹さんの記録映画『ブロウアップ ヒデキ』7月東京・名古屋・大阪の3Zeppにて再上映!

43年前の西城秀樹さんの記録映画『ブロウアップ ヒデキ』7月東京・名古屋・大阪の3Zeppにて再上映!

2018年5月16日、惜しまれながらも63年の生涯に幕を閉じた西城秀樹さん。西城秀樹初のドラマティック・ドキュメンタリー・フィルム『ブロウアップ ヒデキ』(‘75年10月公開作品)が、7月17日に東京・名古屋・大阪の3Zeppにて再上映されます。
ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

ビートルズがカバーした曲は意外に多い!オリジナルと聞き比べてみました。

世界いたるところで、それこそ星の数ほどビートルズの楽曲はカバーされていることでしょう。しかし、そのビートルズもまた多くの曲をカバーし公式に残しています。それにしても余りにカバーが上手すぎてオリジナルかと思ってしまうほどです。
obladioblada | 3,105 view
10年ぶりの来日となるセリーヌ・ディオン。その直前の6/20に初のドキュメンタリー映画が公開!

10年ぶりの来日となるセリーヌ・ディオン。その直前の6/20に初のドキュメンタリー映画が公開!

全世界トータルセールス2億5千万枚を誇る歌姫、セリーヌ・ディオン。6月26日に約10年ぶりとなる来日公演@東京ドームが行なわれます。その直前の6月20日に、セリーヌ・ディオン初のドキュメンタリー映画を東京と大阪のZeppにて本邦初公開されます。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト