松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』がリニューアル!所沢が本拠地となり40周年で球場も改修へ!!
2017年11月16日 更新

松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』がリニューアル!所沢が本拠地となり40周年で球場も改修へ!!

プロ野球の埼玉西武ライオンズは、2018年に埼玉県所沢市に本拠地を構えて40周年の節目を迎える。長年ファンに愛されてきた松崎しげるのライオンズ球団歌『地平を駈ける獅子を見た』のリニューアルバージョンが制作された。

1,111 view

西武ライオンズ40周年!松崎しげるによるライオンズ応援歌『地平を駈ける獅子を見た』がリニューアル!

プロ野球の埼玉西武ライオンズは、2018年に埼玉県所沢市に本拠地を構えて40周年の節目を迎える。それに伴い、本拠地メットライフドームの改修計画を発表した。選手寮や室内練習場などを全面改修する。

また、特別エンブレムを制作するなどの記念イベントも実施する。なかでも、とりわけ目を引くのが、1979年の西武ライオンズ発足時に発表され、長年球団歌として愛されてきた松崎しげるによる『地平を駈ける獅子を見た』のリニューアルだろう。
同曲の新バージョンは、40周年バージョンとして既に制作済みで、”Fan-Mix”なるバージョンも制作されている。下記の動画で僅かな時間だが確認できる。

1979年にシングル化された原曲は作詞・阿久悠、作曲・小林亜星、編曲・高田弘と錚々たるメンバーによって制作され、福岡県から埼玉県に本拠地を変え、心機一転を図るチームに希望と活力をもたらした。
歌詞の「ミラクル元年 奇跡を呼んで」の部分に、強い意志をうかがい知る事ができる。

また、印象的に表現される空の青、風の白、地の緑、そして炎の赤は、西武ライオンズのチームカラーを表しており、80年代以降の黄金期を象徴するカラーとなった。

西武ライオンズは80年代に常勝軍団として工藤公康や清原など数々の名選手を輩出し、90年代には怪物・松坂を獲得。
2000年代も3度のリーグ優勝を誇っており、西武ライオンズとして最初のシーズンだった1979年こそ最下位に沈むが、以降2017年までにおいて一度も最下位になっていない。

松崎しげるが新たに吹き込んだ『地平を駈ける獅子を見た』。どのような楽曲になっているか、動画で、球場でご堪能いただきたい。

地平を駈ける獅子を見た(40thバージョン)

地平を駈ける獅子を見た(Fan-Mix)

40周年を祝う球団ヒストリ―動画も公開!

2018年西武ライオンズは埼玉・所沢の地に誕生して40周年、チームとして40シーズン目を迎えます。

西武ライオンズ40年のあゆみ

オススメの特集記事

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【投げる金剛力士像】西武一筋・四本柱の一人【石井貴さん】

【投げる金剛力士像】西武一筋・四本柱の一人【石井貴さん】

かつて、日本のプロ野球界に、「石井」姓の選手が多かった時代がありました。石井琢朗さん、石井 浩郎さん、石井一久さん、石井丈裕さん、石井貴さんなどが活躍していました。その中で石井一久さんに並ぶ印象的な選手、「投げる金剛力士像」と名付けられた石井貴さんをご紹介したいと思います。
ジバニャンLOVE | 1,119 view
西武・辻新監督が21年振りにレオのユニフォームを披露!背番号は85!現役時代は守備の名手だった

西武・辻新監督が21年振りにレオのユニフォームを披露!背番号は85!現役時代は守備の名手だった

二塁手の名手として西武ライオンズの黄金期を支えた辻新監督が、21年ぶりにライオンズのユニホームに袖を通した。チームの黄金期はスカイブルーのユニホームだった。辻新監督の現役時代は8度のゴールデングラブ賞に輝いた名手だった。
【オレステス・デストラーデ選手】西武ライオンズ史上最も優勝に貢献した助っ人野手

【オレステス・デストラーデ選手】西武ライオンズ史上最も優勝に貢献した助っ人野手

1990年~1992年の西武ライオンズ3年連続の日本一。その中心にいたのがデストラーデ選手。秋山幸二、清原和博と「AKD砲」を形成。左右両打席から本塁打を量産し、スイッチヒッターとして初めて本塁打王を獲得したデストラーデ選手の球歴を振り返る。
和尚 | 13,619 view
【東尾修投手】黒い霧に覆われた低迷期~黄金時代の夜明けまで飛び続けた「トンビ」

【東尾修投手】黒い霧に覆われた低迷期~黄金時代の夜明けまで飛び続けた「トンビ」

「黒い霧事件」により、主力投手がチームを追放。翌年から入団間もない東尾投手がローテーションを担う事になる。長い長い低迷期からその夜明けまで投げ続け、そして引退後も監督としてライオンズに貢献した東尾投手の球歴を振り返る。
和尚 | 10,679 view
【鈴木健】黄金期が過ぎようとしていた西武を再び優勝に導いた主砲。

【鈴木健】黄金期が過ぎようとしていた西武を再び優勝に導いた主砲。

高校通算本塁打記録・83本を引っさげ鳴り物入り西武に入団した鈴木健だが、レギュラー陣の分厚い壁に阻まれる。だが、西武の黄金期を支えたメンバーが次々とチームを去った時、新四番・鈴木健が危機を救うのだった。
和尚 | 18,335 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト