武豊夫人【佐野量子】20年ぶりの変わらない美貌と過去のお宝グラビアを振り返ろう
2015年11月27日 更新

武豊夫人【佐野量子】20年ぶりの変わらない美貌と過去のお宝グラビアを振り返ろう

超!清純派アイドルの「佐野量子」さん。2015年10月に、20年ぶりのテレビ出演で話題になりました。 また、旦那様のよろしくないスキャンダルもございました。。。 そんな佐野量子さんの意外と知られていない大胆カワイイグラビアを振り返ってみましょう。

6,674 view

佐野量子って、どんな人?

佐野 量子(さの りょうこ 1968年8月22日)

佐野 量子(さの りょうこ 1968年8月22日)

日本の元タレント・歌手・女優。静岡県富士宮市出身。結婚後、京都府に転居し、京都市に在住。
本名:武 量子(たけ かずこ、旧姓:佐野)、夫はJRA所属競馬騎手の武豊。
静岡県立富士宮北高等学校普通科1年生から明治大学附属中野高等学校定時制→東京都立代々木高等学校定時制へ転校後卒業。
おっとりした外見に反し行動派で、高校在学中に自らタレント養成所に在籍し、静岡から東京の養成所に毎週通う根性の持ち主であった。その甲斐あってか、すぐに社長の目にとまり、1984年10月に日本テレビ系ドラマ『気分は名探偵』で女優デビューを果たす。

(引用:wikipedia)

テレビドラマ「気分は名探偵」でデビュー

気分は名探偵

気分は名探偵

日本テレビ系列の毎週土曜21:00 - 21:54枠(土曜グランド劇場枠)にて放映されたテレビドラマ。
放映期間:1984年10月6日から1985年3月30日(全26話)

佐野量子は、クレジットで名前の後に【(新人)】と表記されていた。
アイドル歌手でデビューしていたと思いきや、女優デビュー。
あまり、演技をしているイメージがないだけどなぁ~。。。。

1985年、アイドル歌手デビュー

デビュー曲は「ファースト・レター」

デビュー曲は「ファースト・レター」

作詞はなんと「秋元康」先生!

ファースト・レター 佐野量子 - YouTube

1985年~1992年までに、17枚のシングルと9枚のアルバムを出している。

佐野量子「あくび」 - YouTube

前奏をリコーダーで自ら演奏!また作詞は秋元康先生!

佐野量子の後ろにいる「オウム」?が笑える動画です!

過去のグラビアを振り返ってみよう♪

佐野量子

佐野量子

まだ、顔パンパンですね~。
佐野量子

佐野量子

出典 gazouko.jp
佐野量子

佐野量子

意外と大胆なグラビア!
佐野量子

佐野量子

佐野量子

佐野量子

佐野量子

佐野量子

奇跡のブルマ&ビートきよしw
佐野量子

佐野量子

普通にカワイイ~!
佐野量子

佐野量子

武豊はこのグラビアを見たのでしょうか。。。

20年ぶりのテレビ出演で話題!劣化知らずの美貌!

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【80'sアイドル】10年間の活躍期間で芸能界を引退したアイドル、佐野量子を振り返る

【80'sアイドル】10年間の活躍期間で芸能界を引退したアイドル、佐野量子を振り返る

アイドル中のアイドルとして活躍していた佐野量子は実は女優スタートだった?!そのが佐野量子が芸能界を引退した理由とは?!芸能活動10年間に残したファン必見の画像もアップします!
はんまのまま | 14,729 view
競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

競馬界のレジェンド・武豊に初めてのGI勝利をもたらした馬、スーパークリーク

通算勝利数は4100を超え、GI勝利も地方・海外含め100勝以上挙げている競馬界の生ける伝説・武豊。そんな彼に初めてのGI勝利をもたらした馬がスーパークリークです。天才・武豊が初めて惚れ込み、誰にも渡したくないとまで言った馬。今回は1980年代後半に巻き起こった第二次競馬ブームを牽引した馬・スーパークリークをご紹介します。
concorde | 353 view
颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

颯爽と風のようにターフを駆け抜けたマイルの女王!ノースフライト

みなさんは「ノースフライト」という牝馬をご存知だろうか?彼女の競争生活はわずか1年半。クラシック戦線の真っ只中にひっそりとデビューし、颯爽とターフを駆け抜けたマイルの女王。今回はそんなマイルの女王・ノースフライトをご紹介したいと思います。
concorde | 365 view
90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

90年代空前の競馬ブームを作った一人・天才ジョッキー武豊

現在も、有馬記念やに日本ダービーなどビックレースでは、10万人以上の観客を集め、人気が高い競馬。ただ、1990年代は今と比べ物にならないほどブームとなっていました。そのブームを牽引していたのが天才ジョッキーと言われている武豊だ。
yt-united | 43 view
GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

GI6勝の武幸四郎騎手が引退。兄・豊とは史上初の「最多勝利新人騎手」を兄弟で受賞!

日本中央競馬会(JRA)は、調教師4人、騎手2人が引退すると発表した。その中には武豊騎手(47歳)の弟でGI6勝を挙げた武幸四郎騎手(38)=栗東・フリー=もおり、武は今月末で引退する。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト