10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう
2019年3月24日 更新

10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう

「ティーン」っていうからには対象は10代。そして女子。ファッションからメイクからカレシ、Hのことまで、女子の欲望を一手に引き受けた「〇〇ティーン」、どんな雑誌だったの?

7,620 view

10代女子限定!「〇〇ティーン」というタイトルの雑誌

普通に本屋やコンビニに売っているのに
このタイトルのおかげで、購買ターゲット限定感に満ち満ちている雑誌。
いや、ぶっちゃけ
30過ぎた女性やおばちゃん、ましてや男性は
ぜっったいに手に取れない雑誌ですよね。
ある意味エロ本よりハードルの高い雑誌なんじゃないかと。

でも、「男性や他の世代が手に取れない」ことが逆に幸い(災い?)したのか
10代女子の欲望にがっつり応え
なおかつ過剰に指南するような分野の雑誌が
どんどん増えてていったんですよ。

やっぱり最初はこれ「セブンティーン」

創刊は1968年。少年ジャンプと同じ年です。
週刊セブンティーンと少年ジャンプの創刊号表紙

週刊セブンティーンと少年ジャンプの創刊号表紙

セブンティーンは時代を感じますね。
少年ジャンプは
創刊のときはまだ隔週発行だったそうですが
なかなかセンスのいい表紙なんじゃないでしょうか。
1968年6月に、総合少女週刊誌『マーガレット』のお姉さん雑誌『週刊セブンティーン』として創刊、アメリカで1944年に創刊された『Seventeen』の日本版として出発した。掲載内容はファッション・少女漫画・芸能等。
女子高生のニーズにこたえる総合誌として、主にファッションを中心に誌面を作っていました。
セブンティーンから出た読モ(読者モデル)も多く、「STモ」と呼ばれているそうです。

しばらくは読み物やマンガも掲載していました。
週刊セブンティーンには『ヤヌスの鏡』(宮脇明子)が連載されていましたし
月刊セブンティーンには『オルフェウスの窓』(池田理代子)や『恐るべき子供たち』(萩尾望都)が。
バナナブレッドのプディング (1980年)セブンティー...

バナナブレッドのプディング (1980年)セブンティーンコミックス 集英社

この作品も、月刊セブンティーンでの連載でした。
主人公は潔癖で繊細でエキセントリックな女子高生。
掲載誌タイトルにはぴったりだったけど
ファッションや芸能人やメイクの情報と並ぶと
ちょっと違和感あったかもね。
通巻1000号となる1988年1月3日号より、誌名の表記をアルファベットの『SEVENTEEN』としてリニューアル。判型は大きいサイズ、刊行は月2回の隔週刊(毎月1日・15日)に変更し、漫画部分が無くなった。 漫画雑誌としての部分は『月刊ティアラ』として新創刊され、引き継がれた。その後、ライバル誌だった小学館の『プチセブン』の廃刊後、急速に売り上げを伸ばし、「ティーンのNo.1雑誌」と銘打っている[注 1]。
Seventeen (セブンティーン) 2019年2月号

Seventeen (セブンティーン) 2019年2月号

雑誌の宣伝トークは
『ファッション・ヘア&メイク・ダイエット・恋愛・イケメン・スマホ・キャラグッズ・制服&スクールグッズ・・・・・・女子高生の大好きなモノがいっぱい! 
セブンティーンは、かわいい! おもしろい! 役に立つ! 「女のコのためのNo.1ティーンズマガジン」です。』
「制服&スクールグッズ」がなければ、他の大人向けファッション雑誌との違いがわかりませんが、
JKの興味をできるだけ広範囲に、広く浅く集めようという
意思を感じる誌面作りのように思えます。
まじめな一面も主張してます。
だってこういう高校生もいるもんね。

10代女子の別の一面を掘りおこす「ポップティーン」

さあここからです。10代女子向け雑誌「エロ化計画」(笑
ポップティーンPopTeen1991年12月号

ポップティーンPopTeen1991年12月号

ロゴにちょっと「他とは違う」主張が見えます。
でも誌面はそこそこヤバめ。ベクトルが「男子」に向いてます。
『Popteen』(ポップティーン)は、角川春樹事務所から発行されているティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌。月刊誌。1980年(昭和55年)10月1日創刊(1980年11月号)。

創刊時は富士見書房から発行されていた。その後、同誌の編集を手がけていた飛鳥新社が2億円で買い取り、さらに1994年(平成6年)になって6億円で角川春樹事務所へ譲渡。
ポップティーン創刊号 1980年10月

ポップティーン創刊号 1980年10月

今のポップティーンの表紙を知っている人には
「うそ~」と言われそうなメルヘンな書影。
まあ確かに「ポップ」だけれども。
ポップティーン創刊号目次

ポップティーン創刊号目次

目次内容も、どちらかというと芸能人ネタが中心ですね。
まだ欲望丸出しな感はありません。
というのも、当時は女子向けではなく普通に「高校生向け」。
創刊時、哀川翔が飛鳥新社にアルバイトしていて、ライターとして参加していたそうです。
それが数年でこうなる・・・。
完全に女子向けだし、見出しがロコツになります。
まあ、版元が富士見書房ですしね。ある意味得意分野かと。
57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

川原由美子さんの代表作『前略ミルクハウス』はじめ、過激で素直な“女の子”たち!その真髄に迫りましょう。

川原由美子さんの代表作『前略ミルクハウス』はじめ、過激で素直な“女の子”たち!その真髄に迫りましょう。

川原由美子さんといえば、“女の子”!かわりがわるくるくる表情を見せる少女をいたずらっぽく…時には神秘的に…揺れ動く心と表情をこうも体現した方はなかなかいないでしょう!そんな川原由美子さんの作品たちを懐かしんで追っていきましょう!
me*me | 1,318 view
【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

【80年代サンリオキャラシリーズ】俳句が得意なたぬきのぽこぽん!『ぽこぽん日記』

80年代を代表するサンリオキャラクターといえば、たぬきのぽこぽんがかわいい『ぽこぽん日記』です!懐かしのキャラクターを振り返ってみましょう!
ロングアゴー | 1,642 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 899 view
年代別・恋愛ドラマからわかる恋愛事情の変化とは?

年代別・恋愛ドラマからわかる恋愛事情の変化とは?

昔も今も、若い女性の間で人気の恋愛ドラマ。中には社会現象を巻き起こすまでの話題になったヒットドラマもありました。恋愛ドラマには、その年代の世相や恋愛観などが色濃く反映されています。今回は、年代別に話題になった恋愛ドラマをもとに、恋愛事情の変化を考察していきます。
iVERY | 262 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

木村カエラや北川景子などを輩出したミスセブンティーンオーディション(集英社)の歴代美少女まとめ

木村カエラや北川景子などを輩出したミスセブンティーンオーディション(集英社)の歴代美少女まとめ

10代少女向けファッション雑誌のセブンティーンの専属モデルオーディションのまとめ。2014年最新の樫本琳花さんから1999年の鈴木えみさんまで国内最高峰の美少女の美の競演です。
ガンモ | 49,500 view
【懐・男性ファッション誌対決!】あなたはどっち?「ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS) V.S. ポパイ(POPEYE)」

【懐・男性ファッション誌対決!】あなたはどっち?「ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS) V.S. ポパイ(POPEYE)」

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」!今回は、懐かしい【男性ファッション誌対決!】昔、よく購入していた、または読んでいた男性ファッション誌といえば?ホットドッグ・プレス(Hot-Dog PRESS)?それとも、ポパイ(POPEYE)?
雑誌について語ろう!80年代・90年代買っていた雑誌を一つあげるなら?

雑誌について語ろう!80年代・90年代買っていた雑誌を一つあげるなら?

ファッション雑誌でも、スポーツ雑誌でも、今はネットがあるから買わないけど、昔は買っていた雑誌と言えば?
今では立派な梨園の妻。三田寛子のアイドル時代の魅力を振り返る。

今では立派な梨園の妻。三田寛子のアイドル時代の魅力を振り返る。

不倫騒動の対応での記憶も新しい三田寛子。今ではすっかり良妻賢母のイメージが定着していますが、80年代はアイドル路線全開で活躍していました。80年代の活動を中心に、三田寛子の魅力を振り返ってみます。
t.yoshidati | 15,836 view
セブンティーンクラブ!おニャン子前の工藤静香や清原の元嫁・木村亜紀も在籍!

セブンティーンクラブ!おニャン子前の工藤静香や清原の元嫁・木村亜紀も在籍!

1985年1月にデビューしたセブンティーンクラブ。工藤静香や木村(清原)亜紀、柴田くに子 (森丘祥子)が在籍。1年足らずの活動でしたが、18万人を超すミスセブンティーンコンテストの出場者から選ばれた逸材でした!
ひで語録 | 22,291 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト