『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう
2020年2月29日 更新

『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう

源氏の君はさまざまさまざまな女性を愛してきました。義理の母である、藤壷、年上の六条御息所、正妻の葵の上、行きずりの恋の相手・夕顔、不美人な末摘花、 朧月夜、流罪にされ出会った明石の御方、朝顔の姫君、玉蔓、秋好中宮(六条御息所の娘)、おっとりとした花散里、空蝉、三ノ宮などと遍歴の多かった 源氏の君はさまざまな美しい(中には美しくない女性を囲いましたが)女性を入れ食いしてきました。そんな源氏の君の魅力に迫りましょう。

47 view

あさきゆめみしとは

 (2034974)

『源氏物語』54帖がおおむね忠実に描かれています。
作者の大和和紀さんが平安朝の生活様式などを詳しく調べ、独自に解釈しその上で緻密に漫画化を実現しており、古典の中でも特にベストセラーな『源氏物語』の世界を漫画という
形で簡易に視覚的描写を助け、古典への興味を持たせた功績は今なお大きいです。
大手予備校の書棚に置かれるなど(!)特に受験生必携の書ともなっています。
また瀬戸内寂聴さんも高くこの物語を評価しております。

あらすじ

身分は低いけれど大変、帝(天皇)に愛された女性(桐壺更衣)がいました。
その女性を妬み、弘徽殿の女御を筆頭に後宮の女性も、虐めます。
更衣は、妊娠し、皇子を出産しますが、元々体が丈夫でなかったこともあっていじめからくる心労などがたたって、病死します。
生まれた皇子は、光輝く美しさから「光る君」と呼ばれるようになります。
これが源氏物語(あさきゆめみし)の主人公・(光)源氏です。
成長した光る源氏は、父帝に新しいお妃を迎えることを知ります。
そのお妃は、亡くなった母・桐壺更衣にそっくりな美しい女性でした。
藤壺の宮と、呼ばれるこの義理の母は、光る君より5歳年上。
意気投合する2人に、お互い、結ばれないと知りつつ惹かれあいます。
そして、元服(大人になる儀式)を果たすと藤壺の君と会えなくなり、源氏の君はこの“寂しい”という感情を恋だと知りますが、
相手は義理の母。叶わぬ思いを引きずり、源氏はさまざまな女性と浮名を流すのでした。

どうして光源氏はモテたの?

 (2034982)

正直、ぶっちゃけて“身分が高かった”ためです。
(源氏は身分の低い女性の元に生まれましたが、父親は当世を司る帝でした。)
わかりやすく言うと、例えばバブル期の男のモテステータスといえば三高(「高学歴」、「高収入」、「高身長」)が罷り通っていました。
源氏物語の舞台となる平安時代では、生まれ持った家柄に依存するため、身分の低い者の美女は身分の高いものに対しては強く拒絶できなかったということもあるのかもしれません。
それだけでしたら悪評になるのですが、この主人公・源氏の君、身分が高くて、弓も和歌も楽器も得意で政治屋(今でいうビジネスマン)で、書にも優れ教養深く神々しいほどの美男子でしたので、女も魅了されずにいられなかったのも一因でしょう。
まぁ、ありえない設定なところがファンタジーですね。(笑)
光源氏は「身分が高い、教養高い、女に欲求するレベルが高い」といった三高でしょうか。

“三高”の光源氏の身の上の内訳話(理想の女を探し求めるわけ)

 (2034988)

幼少の時に恋をした義理の母である藤壺の君が忘れられなかったためです。
幼い頃、共に過ごしていた藤壺の君との思い出がとてつもなく、桃源郷のように、楽しかったためでしょうか。
大人になってからもあの心地よい境地を再び味を占めたかったのかもしれません。
まあ、作品中、藤壺の君と思いは一夜のみならず数回、父親の目をかいくぐって寝たりして想いは遂げられるんですが、
光源氏は生まれ持った美男子の性質をうまく巧みに使って浮気性も相成って、「幻想」を追い続けます。
その背景には、一個の人間が抱えきれない複雑な身分の上(帝の子でありながら身分の低い女性から生まれて臣下に下った、その後の人間関係の確執など)の、知らずに負担があってそれを女性に癒しを求めたのかもしれませんね。

“三高”の光源氏が狙った数々の女性との恋愛

まずはかの有名な紫の上ご紹介したいところですが。
それは後回しにします。
ほぼ全員が美女です。(一人除いて)
バブル期にも「アッシー」や「メッシー」、「貢ぐ君」などといったバブル期の言葉がございますが、
光源氏は己の地位を持ってして、みな平等に健気に足を運び、せっせと和歌の手紙を絶やさず書いたり、贈り物をしたりします。こりゃモテます。

藤壺の宮(日の宮、女院)

元々の初恋の人。
父親の妻。
光源氏永遠の理想にして最愛の女性。
義母相手では恋も叶わず、恋心を紛らすかのように光源氏のヘタレた浮気性には拍車がかかる事に。
長い間光源氏の求愛を退けて来たが、遂に襲われた上に妊娠してしまいます。
そんな不義理を果たしたこともあった光源氏は懲りることなく“理想の最愛の女性”を探し求めるのでした。

葵の上

左大臣家の高飛車お嬢様。
16歳で光源氏最初の妻となるが、素直になれず、ある意味旦那のヘタレ浮気性の要因となった張本人。でも大体光源氏の移り気のせい。
26歳で光源氏の子を身篭り、打ち解ける様子を見せるものの、出産直後、六条御息所に呪い殺されてしまいます。

六条御息所

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

篠原千絵先生の名作!『海の闇、月の影』壁抜けにチャレンジしてみた人必見!その設定絶望的すぎない?

篠原千絵先生の名作!『海の闇、月の影』壁抜けにチャレンジしてみた人必見!その設定絶望的すぎない?

小学生の頃、大好きだった『海の闇、月の影』。仲良しの美人姉妹流水と流風がウイルスに感染して大変なことになっていくストーリー。良い人はだいたい殺されちゃうんですよね。子供だけではなく犬でさえも容赦なく感染!いつも先回りしている流水に愕然。常にドキドキしっぱなしだった名作を再考察してみます!
知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑原!その真髄がわかった私達を振り返ってー

知らざあ言って聞かせやしょう!友の仁道に生き、恋の仁道にも生きる!ー90年代の少年ジャンプ連載「幽☆遊☆白書」の桑...

1990年代で人気を圧巻した『幽☆遊☆白書』内、名!脇役キャラクター桑原和真。幽☆遊☆白書は飛影・蔵馬が有名で主人公さしおいて人気を集めますが、忘れてはならない桑原和真くん。彼の魅力にはっと気づいたとき、わたしたちはすっかり大人になってしまいました。今回は彼の人間味溢れる魅力を知らぬなら言って聞かせましょう!彼の仁道を!
me*me | 1,846 view
『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう

『あさきゆめみし』実は“三高”だった源氏の君の恋愛遍歴を探ってモテてみましょう

源氏の君はさまざまさまざまな女性を愛してきました。義理の母である、藤壷、年上の六条御息所、正妻の葵の上、行きずりの恋の相手・夕顔、不美人な末摘花、 朧月夜、流罪にされ出会った明石の御方、朝顔の姫君、玉蔓、秋好中宮(六条御息所の娘)、おっとりとした花散里、空蝉、三ノ宮などと遍歴の多かった 源氏の君はさまざまな美しい(中には美しくない女性を囲いましたが)女性を入れ食いしてきました。そんな源氏の君の魅力に迫りましょう。
me*me | 3 view
『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね

『神風怪盗ジャンヌ』ヒロイン・まろんとヒーローの稚空(ちあき)の微エロな恋の行方にはドキドキハラハラさせられましたね

りぼんっ子ではおなじみ、種村有菜さん。彼女の作風はなぜかノスタルジックな雰囲気を感じさせられる彩りでしたね。りぼんと言えば男女間の恋模様。『怪盗ジャンヌ』では、稚空のエロいセリフに翻弄されまくったまろんはとても可愛く、二人の関係はりぼんにしてはギリギリな表現があり、えっちな妄想をかき立てられたのでは?
me*me | 3,372 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 1,136 view
少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家・いがらしゆみこが期間限定カフェをオープン!!

少女漫画の元祖「キャンディ・キャンディ」の漫画家で知られるいがらしゆみこが、銀座のランドマークのひとつ「GINZA SIX」6Fのプレミアムフードホール「銀座大食堂- GINZA GRAND Premium Food Hall -」にて、期間限定カフェをオープンしました。
隣人速報 | 1,100 view
80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

80年代の少女漫画の「ふろく」を特集した「'80s少女漫画ふろくコレクション」が刊行!!

グラフィック社より、80年代の「少女漫画ふろく文化」をビジュアルから一望出来る書籍「'80s少女漫画ふろくコレクション」の刊行が決定しました。発売予定日は2019年10月8日。
隣人速報 | 1,307 view
女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

女の嫉妬はなぜこんなにややこしいの?――『あさきゆめみし』から解く、六条御息所の自己肯定の弱さからくる嫉妬に燃え尽きてしまった恋物語

80年代の月刊誌『mimi』にてあざやかに展開された『あさきゆめみし』。六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は年上の才女でしたね。教養深く筆も達筆で和歌もうまい。そんな気高い完璧な女性がなぜ年下の源氏の君に翻弄され挙句、自滅してしまったのでしょうか。そのわけを探っていきたいと思います。
me*me | 2 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト