バラドルとしても活躍した『森下恵理』ハーフっぽい顔立ちが印象的!
2019年7月2日 更新

バラドルとしても活躍した『森下恵理』ハーフっぽい顔立ちが印象的!

1985年にアイドル歌手としてデビューした森下恵理さん。ハーフっぽい顔立ちが印象的なアイドルでした。バラドルとしても活躍し、バラエティ番組でアシスタントや司会を務めていましたよね。そんな彼女のアイドル時代から現在までをまとめてみました。

1,956 view

森下恵理プロフィール

 (2115514)

【森下恵理プロフィール】
名前:森下 恵里
(もりした えり)
本名:登 恵理
(のぼり えり)
生年月日:1967年8月6日(51歳)
出身地:北海道札幌市


森下恵理さんは1981年中学2年の時、芸映主催の

『西城秀樹の弟妹オーディション』にて、準優勝を受賞。

松本伊代さんの『センチメンタル・ジャーニー』を本選で披露し、サビの歌詞『伊代はまだ16だから』を

『恵理はまだ14だから』に変え、

審査員の票を多く獲得。

ところが西城秀樹さんが『石川秀美』さんを猛プッシュしたため、

森下さんは『準優勝』という結果になりました。
 (2115568)

 (2115580)

コンテストで優勝した石川秀美
『西城秀樹の弟妹オーディション』をきっかけにスカウトされ、

森下さんは芸能界に入りました。

そして1985年6月21日

『ブルージン・ボーイ!』でアイドル歌手としてデビュー。

同オーディションにて優勝し、1982年にデビューした『石川秀美』さんより

3年遅いデビューとなりました。

デビュー曲はオリコン『29位』で、自己最高記録となりました。


王道のアイドル路線で売り出し、新人賞レースや雑誌などにも登場。

同期デビューの本田美奈子さん・中山美穂さん・井森美幸さん・網浜直子さんと親交があったようです。

ブルージン・ボーイ! 森下恵理 スーパージョッキー

バラドルとして活躍

85年・86年はアイドル歌手として活動するも、

87年から『シンガーソングライター』として活動を開始。

シンガーソングライターとして発売した、シングル『Blue Eyesを抱きしめたい』は、

オリコン順位『144位』と振るわず。

この頃から、

『バラドル』としてバラエティ番組に出演するように。

森下さんの天然キャラに注目が集まり、バラエティ番組ではアシスタントに抜擢されました。
 (2115567)

テレビ朝日系『歌謡びんびんハウス』では、

1987年4月から1年間アシスタントを担当。

司会の笑福亭鶴瓶さんを相手に『ボケ』を連発。

森下さんの天然キャラが更に開花された番組でしたね。


バラドルとして活躍するも

1989年、結婚を機に森下恵理さんは芸能界を引退しました。

そして、この年に長男が誕生したそうです。

授かり婚だったのかな?
 (2115574)

歌手として復帰!

引退後から7年後の1996年、森下恵理さんは

『Eri』の芸名で芸能界に復帰します。

同年5月に

『強くなれる』をリリースして再デビュー。

デビュー曲のプロデュースやアレンジは、自身が担当したそうです。

2000年にバンド『moneji』を結成し、

ライブを中心に活動。

2005年にはインディーズ・アルバム『MONEJI』をリリース。

ところがメンバーの音楽性の違いから、monejiは解散してしまうのでした。
 (2115557)

バンド解散後はソロに

バンド解散後は、

『Nobori Eri』名義でソロ活動を開始。

2008年の夏、森下さん自身のレーベル『TOM RECORDS』を設立されています。

2012年6月アルバム『HARDflower』をリリース。

2015年10月アルバム『Happy Ending Story 』をリリース。

どちらのアルバムも、自身のレーベル『TOM RECORDS』からリリースされています。

2016年2月には、

竹本孝之さんの番組『Live in TOWER』にゲスト出演。

トークコーナーでは

『バラドル時代』を彷彿させる喋り

で、会場を沸かせていました。

2016.2.28 竹本孝之 Live in TOWER ゲストはNobori Eriさん

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1980年代【「250万乙女」がトキメいた!】 『星の瞳のシルエット』、30年の時を経て完結!!

1985年~89年、りぼんに連載されていた『星の瞳のシルエット』。友情と恋愛をテーマに、魅力的なキャラクターや小道具が大人気になり大ブームになりました!どんな作品だったか振り返ってみましょう。
ぶちうに | 435 view
BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYが残した6枚のオリジナルアルバムを振り返ります

BOØWYは1981年に結成されてから1987年の解散までにオリジナルアルバムを6枚残しています。今回はこの6枚のアルバムを少し紐解いて振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 25,176 view
アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。

アイドルとしては成功しなかったものの、それ以上に輝きを放っているバラドル四天王。

井森美幸、森口博子、山瀬まみ、松本明子。アイドルにはなれなかったものの、80年代のデビュー以来いまだに第一線で活躍しているバラドル四天王と呼ばれた4人。デビュー当時は皆可愛く、黙ってりゃ美人な人ばかりなんですよね。
obladioblada | 11,666 view
お騒がせ『演歌の女王』の桂銀淑(ケイ ウンスク)今度は懲役4カ月・執行猶予1年!!

お騒がせ『演歌の女王』の桂銀淑(ケイ ウンスク)今度は懲役4カ月・執行猶予1年!!

80年代半ば日本でもヒット曲を連発し、数々の音楽賞を受賞した『演歌の女王』の桂銀淑さん借金トラブルによる裁判や覚せい剤所持で逮捕・国外退去処分などお騒がせがありました。最近また懲役刑となったとか・・・
ギャング | 7,939 view
1985年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1985年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1985年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 4,298 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト