読売・朝日・毎日・産経…各新聞社の懐かしい4コマ漫画。子供の頃はこれとテレビ欄しか読まなかった…。
2016年7月16日 更新

読売・朝日・毎日・産経…各新聞社の懐かしい4コマ漫画。子供の頃はこれとテレビ欄しか読まなかった…。

子供の頃、「新聞読みなさい」と親に言われても4コマ漫画とテレビ欄しか読まなかった人も多かったはず…。 1980~1990年代の各新聞に連載されていた 『アサッテ君』『フジ三太郎』『コボちゃん』など懐かしの4コマ漫画について振り返る。

15,599 view

新聞で唯一の楽しみだった4コマ漫画

『コボちゃん(読売)』 『アサッテ君(毎日)』『フジ三太郎(朝日)』など新聞に連載されていた懐かしの4コマ漫画。
子供の頃、「新聞読みなさい」と親に言われてもこの4コマ漫画とテレビ欄しか読まなかった人も多かったはず…。

あなたはどの4コマ漫画を読んでいましたか?

読売新聞の4コマ漫画

読売新聞の4コマ漫画の歴史は、1949年11月27日から『夕刊読売』(読売新聞社)に四コマ漫画の形式で連載を開始された秋好馨の『轟先生』から始まった。

『サンワリ君』作者:鈴木義司(1966~2004年)

『サンワリ君』作者:鈴木義司

『サンワリ君』作者:鈴木義司

1966年6月22日より読売新聞夕刊に連載を開始し、2004年7月2日を最後に休載。
同年7月17日、作者死去により連載も終了(事実上の最終回は7月2日)となった。
このサンワリ君の連載終了以後、2012年9月30日まで読売夕刊には4コマ漫画の掲載が途絶えていた。

タイトル『サンワリ君』の由来は、主人公の話は“3割だけ信用できる”と評され「サンワリ君」と渾名されていることにちなむ。また、「人生の3割バッター、見た目は3割引」によるとも言われる。

稀に変則で3・4コマ目がぶち抜きの特大コマや、細かく分割された5コマの回もあった。

『コボちゃん』作者:植田まさし(1982年~)

『コボちゃん』作者:植田まさし

『コボちゃん』作者:植田まさし

『フリテンくん』や『かりあげクン』で4コマブームの火付け役となった植田まさしの初の新聞掲載漫画作品として、1982年4月1日から連載が開始された。
2004年12月1日から、日本の全国紙の4コマ漫画としては初めてカラー化。
連載1万回に達した2010年6月14日には、主人公・コボちゃんの妹・ミホちゃんが誕生し、一層にぎやかになった。

読売新聞での4コマ漫画の長期連載は鈴木義司の『サンワリ君』(夕刊連載)の全1万1240回を抜き、2014年現在では最長記録となっており、全国紙の現役漫画の中で最多の連載回数を記録している。
本編以外では新聞休刊日や選挙での配達遅延などを告知する折り込み広告に、お辞儀しているコボちゃんが掲載されたことがある。
読売新聞の日曜版では、『とべ!アンパンマン』(1990~1994年)、『あたしンち』(1994~2012年)な4コマではない漫画作品も連載されたいた。

朝日新聞の4コマ漫画

1951年から長谷川町子 『サザエさん』が休載を挟みながらも1974年まで連載されていた。
初期から中期にかけてはサザエとその家族および彼らの周辺の人物たちの日常生活が主な題材であったが、後期には主に社会風刺をネタにした作風が目立つようになっていた。
1974年2月21日に再度3年間の休載に入ったが、その後は連載が再開されることはなくそのまま打ち切りとされた。
連載回数は6477話に及んだ。

『フジ三太郎』作者:サトウサンペイ(1979~1991年)

『フジ三太郎』作者:サトウサンペイ

『フジ三太郎』作者:サトウサンペイ

1965年4月1日の連載開始から1978年12月28日までは夕刊、1979年1月1日から連載終了の1991年9月30日までは『サザエさん』(長谷川町子)が終了して以来4コマ漫画が空席だった朝刊に、それぞれ連載されている。

平社員のサラリーマン・フジ三太郎を中心に、三太郎の周囲の職場や家族で起きるできごとを主な題材としている。

サラリーマン社会の悲喜こもごもに加えて時事ネタも多く、事件や不祥事を風刺したり、流行に登場人物が右往左往する様子も描かれ、人気を博した。
1968年と1982年にはテレビドラマ化もされている。一般紙としては異例な程の下ネタや、死刑廃止論や労働争議、ジェンダーフリーを揶揄する描写が描かれるなど、朝日新聞の左派的な論調と齟齬する作風も話題を呼んだ。

『ペエスケ』作者:園山俊二(1979~1992年)

『ペエスケ』作者:園山俊二

『ペエスケ』作者:園山俊二

ギャートルズシリーズの原作者・園山俊二によって、1979年1月4日から1992年6月27日まで朝日新聞の夕刊で連載されていた。
新聞漫画には珍しいストーリー4コマで、連載が進むにつれ登場人物が年をとるのが特徴。
主人公・ペエスケこと平野平助は、1979年1月の登場時は卒業間近の大学生で、最初の3ヶ月はキャンパスライフやバイトに精を出す貧乏学生としての姿も若干は描かれていた。
その後同年4月に新入社員となったのを機に本格的サラリーマン漫画へ移行、やがて将来の妻・ヒロコや愛犬ガタピシ等の出会いにより徐々にファミリー漫画の形相へ、と時間を追うごとにスタイルも少しずつ変化していった。

作者・園山の病状悪化に伴い、1992年6月27日、3,764回目の掲載を最後に休載、未完のまま半年後の園山の死により絶筆となった。

『サミット学園』作者:山井教雄(1993~1996年)

『サミット学園』作者:山井教雄

『サミット学園』作者:山井教雄

1993年6月1日から1996年3月30日まで朝日新聞の夕刊で連載されていた。
それまで連載されていた園山俊二の「ペエスケ」が作者の病気休載後、再開されず作者が逝去したためにそのまま打ち切られていたため、四コマ漫画不在となっていた夕刊に新たに連載の四コマ漫画としてスタートした。

パリのインターナショナルスクールが舞台となり、日本人の小学三年生であるジロー君が転校してくる設定でスタート。
ジロー君の日常と、クラスメイトである時の要人を茶化した風刺の両面を描いた作品であった。
最終回はジロー君が日本に帰るというエピソードが描かれた。

『Mr.ボォ』作者:砂川しげひさ(1996~2002年)

『Mr.ボォ』作者:砂川しげひさ

『Mr.ボォ』作者:砂川しげひさ

1996年から2003年まで朝日新聞夕刊に連載。
タイトルである『Mr.ボォ』と同名のMr.ボォが主人公であったが、やがて銀田一氏に主役が移り、更に飼い猫であるワガハイに主役が移って、2000年4月3日より「ワガハイ」に改題、猫とその飼い主一家のお話に路線修正した。
作家である銀田一氏の日常や、ワガハイの日常を描いた、シュールな作品である。

朝日新聞での連載が終了した後は、砂川しげひさのサイトにて連載が続き、主人公はチビ丸に移り、タイトルも『チビ丸』に改題した。現在はWeb連載も完結し、過去の作品を再掲載する形でWeb連載を続けていたが、2016年現在は更新が止まっている。

『となりのやまだ君』作者:いしいひさいち(1991~1997年)

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!

アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!

アニメ「ガタピシ」は、朝日新聞夕刊に連載されていた園山俊二による4コマ漫画「ペエスケ」を元に、1990年4月~1991年3月までテレビ朝日系列で放送されていた作品です。天才犬ガタピシと、ペエスケ一家のほのぼのした日常が描かれています。
星ゾラ | 3,269 view
どうしてこれが別冊少女コミックに!?新井理恵『× ―ペケ―』

どうしてこれが別冊少女コミックに!?新井理恵『× ―ペケ―』

新井理恵の『× ―ペケ―』は、1990年から1999年まで連載された4コママンガです。掲載されたのは別冊少女コミックという少女向け雑誌なのに、過激なネタからシュールなネタ、そして下ネタが満載。マンガ好きには懐かしい、そんな傑作ギャグマンガをご紹介します。
こういち | 554 view
50年以上にわたって連載された永遠のプラトニック・ラブ漫画「小さな恋のものがたり」。

50年以上にわたって連載された永遠のプラトニック・ラブ漫画「小さな恋のものがたり」。

チッチとサリーという高校生カップルの日常を50年以上に渡って描いた「小さな恋のものがたり」。究極のプラトニック・ラブといえるこの物語のキモは「片思い」であるということ。これぞまさに昭和の恋。ですよ。
obladioblada | 4,351 view
毒舌ツイート「最悪のキレ方をするアガサ博士」は笑顔で言うたらアカン台詞を吐いてる!

毒舌ツイート「最悪のキレ方をするアガサ博士」は笑顔で言うたらアカン台詞を吐いてる!

青山剛昌原作の人気漫画「名探偵コナン」。1994年の連載開始以来、長く愛されてきた同作で、主人公の江戸川コナンを見守り続ける阿笠博士(アガサ博士)をモチーフにした4コマ漫画が今注目を集めています。
『飛ばしの東スポ』の異名を取る。東京スポーツ新聞。有り得ない見出しの数々!!

『飛ばしの東スポ』の異名を取る。東京スポーツ新聞。有り得ない見出しの数々!!

飛ばし、いわゆる虚偽報道(きょぎほうどう)とは、マスメディアやソーシャルメディア等において事実と異なる情報を報道することなど過激な新聞を発行している新聞社東京スポーツをまとめてみました。
ギャング | 11,456 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト