アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!
2017年4月2日 更新

アニメ「ガタピシ」天才すぎる犬が主人公!犬のモデルは作者・園山俊二の愛犬だった!!

アニメ「ガタピシ」は、朝日新聞夕刊に連載されていた園山俊二による4コマ漫画「ペエスケ」を元に、1990年4月~1991年3月までテレビ朝日系列で放送されていた作品です。天才犬ガタピシと、ペエスケ一家のほのぼのした日常が描かれています。

2,416 view

ガタピシ

ガタピシ

ガタピシ

園山俊二による4コマ漫画で朝日新聞夕刊に連載されていた「ペエスケ」を基にしたテレビアニメ。なお、その漫画およびテレビアニメに登場する主人公格の犬の名称も、「ガタピシ」である。

1990年4月~1991年3月、月~金曜日の午後6時50分~午後7時にテレビ朝日系列で放送。但し、午後7時までローカルニュースに充てていた局も多かったため、朝日放送や九州朝日放送のように未放送に終わった地域も多い。全199話。テレ朝チャンネルでも放送された。
アニメ製作はシンエイ動画。監督には同社の藤子アニメ路線などでも同職を務めた、笹川ひろしが就任。多忙な現代のオアシスを目指した、潤いのある番組作りが図られた。

あらすじ

「ペエスケ」こと平野平助と、その妻ヒロコ、二人の間に生...

「ペエスケ」こと平野平助と、その妻ヒロコ、二人の間に生まれた平太と一家の愛犬ガタピシは富士見荘の二階に暮らしていました。

アパートの大家さんは気のいい老夫婦で、平太を孫のように...

アパートの大家さんは気のいい老夫婦で、平太を孫のように可愛がってくます。

平凡で幸せそのものの家族とその周辺をめぐる、ほのぼのと...

平凡で幸せそのものの家族とその周辺をめぐる、ほのぼのとした日常ストーリー。

アニメの主人公「ガタピシ」

ガタピシ

ガタピシ

白の雑種犬だが、かなり賢い。名の由来は、雨戸を引きずる音『ガタガタ、ピシ』とすると散歩の時間と思い喜ぶところから付けられた(第1話「名前はガタピシ」、第53話「なかよし金魚」より)。

いつも平太のお守り役を押し付けられているが、平太とは兄弟の様に仲が良い。

普段は「アンアン」などと犬語しか発しないが、番組タイトルコール、並びに後期のエンディング(第129話「ピアノでハッスル」より)にはセリフがあった(それ以外にも本編でもセリフが何度かあった)。

ガタピシは、注射が大嫌いで、注射の日には大家さんの家に逃げたりする(第4話「注射のごほうび」より)
 (1851270)

雌犬のペパーミントにベタ惚れしている。
 (1851252)

得意芸は逆立ちとバック転。

【凄い犬だと感じさせられるエピソード】

平太の子守をして、失敗を反省するガタピシ。

平太の子守をして、失敗を反省するガタピシ。

ママが買い物に行っている間、平太の子守を任されたガタピシ。ところが、平太が机から落ちてたんこぶをつくってしまうと、責任を感じてひどく落ち込んでしまった。夜も眠れないガタピシをペエスケとママが励ますのだが・・・。
雨の日でも家族を迎えに行くガタピシ。

雨の日でも家族を迎えに行くガタピシ。

ガタピシが雨の日でも迎えができるように特訓を開始した平野家。ママがバス停までの順序を教えて、少しずつ覚えはじめてきた矢先に突然の雨。早速ガタピシはぺエスケを迎えに一人でバス停に向かう。
平野家の福の神になるガタピシ。

平野家の福の神になるガタピシ。

会社で宝くじをもらったペエスケ。なんとか一等を当てようと家族みんなで神社へお参りに行くことに。すると、その帰り道にガタピシが100円を拾う。ペエスケは平野家の福の神としてガタピシを扱いはじめる。
盲導犬なみに献身的に働こうとするガタピシ。

盲導犬なみに献身的に働こうとするガタピシ。

盲導犬の賢さに影響されたガタピシは、自分も名犬気取りで家族のために献身的に働こうとする。すると、すっかりその気になったペエスケもガタピシをエリートに育てようとも猛特訓する。
見張りをするガタピシ。

見張りをするガタピシ。

大家さんが大切に育てていた朝顔の鉢植えが荒らされてしまった。そこで犯人をみつけるためにガタピシが見張りをすることに。ガタピシは池の鯉をねらった猫が犯人であることを突き止めるが、なぜかわざと取りにがしてしまう。その理由は・・・。
「はなさか爺さん」の犬のように活躍するガタピシ。

「はなさか爺さん」の犬のように活躍するガタピシ。

ペエスケに「はなさか爺さん」を読んでもらった平太とガタピシ。すっかり影響されたガタピシは大家さんの庭でここ掘れワンワンと泣きはじめるのだった。言われた通り掘ってみると、なんとそこには壺が埋められていた。
ボートを漕ぐガタピシ。

ボートを漕ぐガタピシ。

ボールを追いかけて池のボートに乗り込んでしまった平太とガタピシ。すると、そこにアヒルの親子があらわれる。平太達はボートを漕いでアヒルと競争を始めるが、行く手には大きな岩が待ち構えていた。
タイトルがガタピシであることからも分かる通り本作の主人公は犬のガタピシだったわけですが、一見するととぼけているような顔(失礼)であるように見えて人間の言葉を理解できたりとなかなか賢い犬でしたね。

それゆえ飼い主夫婦の子どものお守りをしてあげたり、雨の日にはご主人のために傘を届けてあげたり、またテレビをつけてあげたりと実は訓練させれば一流のエリート犬になれる素質を持っている反面、どこか抜けているところがあってドジを踏んでしまったりと親しみ易い部分もあったりと、やはり飼い主夫婦の家庭がガタピシにとっては一番環境に合っているかもしれませんね。

もっとも、利口であるがゆえにプライドもそれなりにあるようで飼い主から過小評価されることや仲間外れにされることを極端に嫌い、飼い主夫婦の子どもにちゃんとガタピシと呼んでもらえなかったときには本気でへこんでいたりとなんだかこう言ってしまうと変な言い方になってしまいますが、人間以上に人間臭い奴だったなという印象でしたね。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』誕生25周年企画の一環として、8月2・3日に東京芸術劇場コンサートホールでクラシックコンサート『美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert』を開催することが決定した。
red | 437 view
23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

23年ぶりの新刊「姫ちゃんのリボン短編集」!90年代当時のファンから感嘆のコメントが相次ぐ!

90年代少女漫画の金字塔『姫ちゃんのリボン』の番外編を収録した『姫ちゃんのリボン 短編集』が発売。当時を知るファンから感嘆のコメントが相次いでいる。また、同作の新刊が刊行されるのは23年ぶりとなる。
『セーラームーン』25周年プロジェクト始動 !特設サイトオープン、コラボグッズなど新企画を発表!!

『セーラームーン』25周年プロジェクト始動 !特設サイトオープン、コラボグッズなど新企画を発表!!

1990年代に一世を風靡した武内直子の人気漫画「美少女戦士セーラームーン」の25周年プロジェクトとして、セーラームーンの特設サイトが公開され、様々な企画が発表されている。
red | 947 view
夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,310 view
オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

オトナ女子必見!「セーラームーン」の襟付きナイトブラ登場!!

バンダイ公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」が、あのセーラームーンをモチーフにした『おやすみ用ブラ』『ブラカップ付きタンクトップ』『ルームパンツ』の予約受付を開始しました。かつてセーラームーンに憧れたオトナ女子は必見です!
隣人速報 | 5,294 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト