作詞家・山川啓介と井出隆夫は同一人物!
2015年11月17日 更新

作詞家・山川啓介と井出隆夫は同一人物!

昭和の音楽界になくてはならない作詞家、それは山川啓介先生!先生は本名「井出隆夫」名義でも活動されています。 「山川啓介」と「井出隆夫」はどう違うのか?昭和の歌謡史などとともに業績をひもといてみましょう。

5,876 view

「山川啓介」と聞いて思い出すものは?

ミドルエッジの読者の皆様は、「山川啓介」という言葉を聞いてすぐにピンとくる方はいらっしゃるでしょうか?

まず頭に浮かぶのは岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」の作詞家、という方が多いと思います。

岩崎宏美 ♪聖母たちのララバイ♪ - YouTube

「聖母たちのララバイ」(マドンナたちのララバイ)は、1982年5月にリリースされた岩崎宏美の28枚目のシングルである。規格品番SV-7209。
A面 : 聖母たちのララバイ
作詞: 山川啓介、作曲: 木森敏之・John Scott、編曲: 木森敏之
B面 : 赤い糸
作詞: 山崎光、作曲: あすなろ、編曲: 萩田光雄

前年9月から放送がスタートした日本テレビの2時間ドラマ枠『火曜サスペンス劇場』のエンディングテーマ(主題歌)となったが、当初は同番組のエンドロール用に制作されただけであった。ゆえに、放送される1コーラス分のみしか録音されておらず、レコード化し発売する予定もなかった。しかし、放送後の視聴者から作品化の要望が殺到したため、番組内で使用されているマスターテープを元に録音したものを製作し、一般応募による視聴者200名の抽選プレゼントとしたところ35万通[1][2]を超える応募はがきが殺到し、日本テレビの同様な抽選プレゼントに寄せられた応募総数ではこれまでの記録であった『西遊記』エンディングテーマ「ガンダーラ」の10万通を大きく上回った]。その好評の結果、正式なレコードとして発売されることとなり、レコード会社間での紆余曲折の後、所属するビクターエンタテインメントより新たにフルバージョンを録音した。結果、1982年に入りシングル盤として発売されることになった。原題は「聖母の子守歌」。

作詞の山川啓介は「作詞はどなたかのピンチヒッターみたいだった。カラオケまで全て整って僕に回ってきた。(詞の意図は、)サスペンス劇場だから、そのまま終わるより、安らかな気持ちで眠りについてほしい、うなされたりすると困るから。」と説明。(2014.5.5NHK FMの番組で発言。) -wikipediaより
当時の「ザ・ベストテン」で確か高校の倫理社会のテストでこの歌詞が問題文として出題されたというエピソードを紹介していましたが残念ながらその映像が見つかりません。

つまり、それだけ、この歌詞が当時いかにインパクト強かったかということですよね。

山川啓介さんってどんな方なんでしょうか。

山川啓介さんって?

 (1515072)

山川 啓介(やまかわ けいすけ、1944年10月26日 - )は、日本の作詞家。本名・井出 隆夫(いで たかお)。長野県佐久市出身(本籍は南牧村海尻)。長野県上田高等学校、早稲田大学文学部卒。作詞家・脚本家・音楽構成家・舞台構成家・訳詞家として活躍。(wikipediaより)
紹介文をさりげなく引用しましたが、よ~く見てください。
「本名・井出 隆夫」とありますが…

この「井出 隆夫」という名前にも見覚えがありませんか?
そうてす、みなさんが小さい頃…

「みんなのうた」や「おかあさんといっしょ」でよく見かけていたはずなのです。

北風小僧の寒太郎(みんなのうた) - YouTube

本曲の作詞は井出隆夫、作。編曲を福田和禾子が担当した。
元々は1972年にNHKの『おかあさんといっしょ』の「うたのえほん」のコーナーで担当者から「子供向け演歌もあってもいいんでは?」と水を向けられた井出隆夫が、その当時のヒットドラマだった『木枯し紋次郎』(フジテレビ)のパロディーのつもりと、自身が幼少時代を過ごした長野県南佐久郡小海町の松原湖の冬の風景を思い出しながら作詞し、福田和禾子が作曲したものであった[1]。この曲を『おかあさんといっしょ』の番組中で最初に歌ったのは田中星児であった。
1974年12月にNHKの『みんなのうた』に初登場。みんなのうた版では堺正章と東京放送児童合唱団が歌唱を担当。堺が『みんなのうた』で歌を歌うのは初。(wikipediaより)
そうなんです!「山川啓介」と「井出隆夫」は同一人物なのです!

山川啓介作詞作品

「山川啓介」名義では、歌謡曲・ドラマ主題化・アニメ主題歌、挿入歌・特撮主題歌、挿入歌などの作品があります。
その数は枚挙に暇ないのですが、代表的なものを紹介します。

「太陽がくれた季節」 飛び出せ青春 1972 - Dailymotion動画

太陽がくれた季節(たいようがくれたきせつ)は、1972年に発売された青い三角定規のシングルである。作詞は山川啓介、作曲はいずみたくによる。1972年版の編曲は松岡直也による。

1972年2月に日本コロムビアからシングル盤が発売された。日本テレビ系列で放送された青春ドラマ『飛び出せ!青春』の主題歌として採用され、売り上げが80万枚[1]、または100万枚を超えるヒットとなった。オリコンの集計では50万枚。

この曲は小学校、中学校の音楽教科書にも掲載されており、世代を超えてもなお小中学生達から歌われ続けている。(wikipediaより)

野口五郎 ♪グッド・ラック - YouTube

「グッド・ラック」は、1978年9月に野口五郎がリリースした28枚目のシングルである。

作詞:山川啓介/作曲:筒美京平/編曲:高田弘

第20回日本レコード大賞・金賞、 第9回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞した。第29回NHK紅白歌合戦にも新御三家の郷ひろみ・西城秀樹とともに出場した。(wikipediaより)

.「悲しき友情」 西城秀樹

「悲しき友情」(かなしきゆうじょう)は、1980年1月5日にリリースされた西城秀樹の31枚目のシングルである。

作詞:山川啓介/作曲:筒美京平/編曲:水谷公生

哀愁のカサブランカ / 郷ひろみ - YouTube

「哀愁のカサブランカ」(あいしゅうのカサブランカ)は、1982年7月にリリースされた郷ひろみの43枚目のシングルである。

作詞・作曲:B. Higgins, S. Limbo, J. Healy/日本語詞:山川啓介

SPECTRUM スペクトラム SUNRISE サンライズ - YouTube

作詞・山川啓介 作曲・編曲:スペクトラム

スタン・ハンセンの入場曲として有名ですが、れっきとした日本の曲です!

八神純子 「Mr. ブルー ~私の地球~」 - YouTube

「Mr.ブルー 〜私の地球〜」(ミスターブルー わたしのちきゅう)は、1980年11月にリリースされた八神純子の10枚目のシングル。

作詞:山川啓介/作曲:八神純子/編曲:大村雅朗(wikipediaより)

時間よ止まれ/矢沢永吉 - YouTube

「時間よ止まれ」(じかんよとまれ)とは、矢沢永吉の楽曲で、5枚目のシングルである。1978年3月21日に発売。

作詞:山川啓介 作曲:矢沢永吉

作詞の山川啓介によれば、矢沢が英語で歌ったデモテープがきて、自分に限らず、他の作詞家も、それを日本語に変えていった、テープを聴くと、こう歌いたいんだな、という情感みたいなものが分かり、難しいが楽しい仕事だった、という。(2014.5.5NHK FMの番組で発言。)-wikipediaより
歌謡曲・ロック・ニューミュージックと山川先生の作品は多岐にわたってますよね!

それでは次にアニメ・特撮作品をご紹介します。

キャプテン・フューチャー 主題歌「夢の船乗り」- YouTube

『夢の舟乗り』 作詞:山川啓介/作・編曲:大野雄二/歌:ヒデ夕樹

「キャブテンフューチャー」はNHKの連続アニメ作品。
「ルパン三世のテーマと似てる」としばしば言われますが、作曲が同じ大野雄二さんなのです!..
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その65 ~番外編 ゆけ! ゆけ! 勇者! ライディーン!~

『ガンプラり歩き旅』その65 ~番外編 ゆけ! ゆけ! 勇者! ライディーン!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をしてきた『ガンプラり歩き旅』。 今回は『ガンダム』の富野由悠季監督のロボットアニメ初監督作品『勇者ライディーン』(1975年)の、バンダイ製の当時のプラモデルや近年のキットを紹介していきます!
市川大河 | 4,969 view
映画館で歌って踊ろう!国民的人気番組「おかあさんといっしょ」が初の映画化!!

映画館で歌って踊ろう!国民的人気番組「おかあさんといっしょ」が初の映画化!!

国民的子供番組「おかあさんといっしょ」が、映画館でしか観ることのできないオリジナルのスペシャルプログラムとして映画化されることが決定しました。歌って踊れる内容となっており、上映中に子供が騒いでも問題なし!?
隣人速報 | 571 view
子供はやっぱりNHK教育番組!昔いたなぁって人たち勝手に5選【男性編】

子供はやっぱりNHK教育番組!昔いたなぁって人たち勝手に5選【男性編】

子供の頃はよく見る番組と言えばNHK教育番組。自分が幼いころやお子さんと一緒に見たことがある番組もあるかもしれませんね。あの頃活躍した人たちを勝手に5人選んでみました。ばくさんのかばんのばくさんやたんけんぼくのまちのチョーさんなどが登場します。
ローズリー | 5,381 view
子供はやっぱりNHK教育番組!昔いたなぁって人たち勝手に5選【女性編】

子供はやっぱりNHK教育番組!昔いたなぁって人たち勝手に5選【女性編】

子供の頃によく見る番組と言えばNHK教育番組でしたね。昔同番組で活躍した人たちを勝手に5人選んでみました。今回は女性編です。水森亜土や森みゆきなどが登場します。記憶の片隅に残っている人もいるかも知れませんよ。
ローズリー | 4,462 view
放送開始から35年を迎えた「にこにこ、ぷん ベスト 100」CD3枚組で発売決定!

放送開始から35年を迎えた「にこにこ、ぷん ベスト 100」CD3枚組で発売決定!

子供の頃によく見ていた子ど向け番組と言えば、NHK教育(Eテレ)で放送されていた「にこにこ、ぷん」じゃじゃまる、ぴっころ、ぽろりの名前は今でも覚えている人は多いはず。そんな「にこにこ、ぷん」の

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト