2017年1月19日 更新

【夢で逢えたら】ダウンタウン、ウッチャンナンチャン、野沢直子、清水ミチコ!1980~90年代のまさに伝説のお笑い番組『夢で逢えたら』!!

1980~90年代にかけて、ミドルエッジ世代には懐かしい伝説のお笑い番組『夢で逢えたら』。ダウンタウンとウッチャンナンチャン、野沢直子と清水ミチコが出演したこの番組は、深夜番組にも関わらず驚異の視聴率20%超えを果たすなど熱狂的な人気ぶりでした。

37,258 view

「夢で逢えたら」

オープニングはユニコーン。
毎週土曜の深夜は、この「夢で逢えたら」を観るのが楽しみで仕方がありませんでした。

「 夢で逢えたら」 - YouTube

1988年10月13日から1991年11月30日まで放送
『夢で逢えたら』(ゆめであえたら)は、フジテレビ系列局で放送されたフジテレビ製作のバラエティ番組。正式タイトルは『夢で逢えたら - A SWEET NIGHTMARE -』( - ア・スウィート・ナイトメア)。製作局のフジテレビでは1988年10月13日から1991年11月30日まで放送。
「夢で逢えたら」1988年10月13日~1991年11...

「夢で逢えたら」1988年10月13日~1991年11月30日放送(フジテレビ)

ダウンタウンとウッチャンナンチャン。清水ミチコに野沢直子。
実力者揃いのなかで、ダウンタウン派とウッチャンナンチャン派にファンが分かれたりもしましたね。
コントが中心でしたが、トークもあったりメンバーが音楽に挑戦したりと見どころが満載でした。
後にお笑い第三世代の代表的存在となるダウンタウン、ウッチャンナンチャン、野沢直子、清水ミチコが出演していたコント番組。
番組構成は、主に毎回週代わりのテーマに沿ったコント中心で、1、2分単位のショートコントと連続ドラマ仕立ての長めのコントからなる。「ガララニョロロ」「伊集院みどり」「サービス」「タキシーズ」「ポチ&卍丸」など多数の人気キャラクターが生まれた。

ダウンタウンとウンナンの豪華共演

いまとなっては貴重過ぎる映像の数々。
いまテレビで活躍しているお笑い芸人のなかにも、この番組を見て芸人を志した人たちがきっといるはずです。

夢で逢えたら ダウンタウン ウッチャンナンチャン 野沢直子 - YouTube

『酷』~夢で逢えたら(ダウンタウン・ウッチャンナンチャン) - YouTube

「夢で逢えたら」 - YouTube

1988年10月13日から1991年11月30日まで放送 『夢で逢えたら - A SWEET NIGHTMARE -』( - ア・スウィート・ナイトメア) 第069回 コント部分のみ

夢で逢えたらOP 働く男 ユニコーン DT ウンナン 野沢直子 清水ミチコ - YouTube

夢で逢えたら 名作コント 「もう1回言ってみろー」 「まんじ丸」 - YouTube

『とうとう・・・』~夢で逢えたら(ダウンタウン・ウッチャンナンチャン) - YouTube

数々のシチュエーションコントから、たくさんの人気キャラクターが生まれました。

伝説のバラエティ【夢で逢えたら】人気キャラクターたち! - NAVER まとめ

伝説のバラエティ【夢で逢えたら】人気キャラクターたち! - NAVER まとめ
今も語り継がれる伝説のバラエティ「夢で逢えたら」ダウンタウン・ウンナン・清水ミチコ・野沢直子らが演じた多くの人気キャラクターをまとめました。
清水ミチコや野沢直子が告白、共演者のレベルが高く収録は大変だったようです。

清水ミチコ 伝説の番組と呼ばれた「夢で逢えたら」での苦悩告白 - ライブドアニュース

清水ミチコ 伝説の番組と呼ばれた「夢で逢えたら」での苦悩告白 - ライブドアニュース
清水ミチコが6日のテレビ番組で、かつて放送された伝説の番組を語った。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンらと清水が共演した「夢で逢えたら」。共演者らのトークスキルの高さから、毎回収録時は気分が沈んだという

野沢直子「ダウンタウン、ウンナンとの実力差を感じ渡米した」 | 世界は数字で出来ている

野沢直子「ダウンタウン、ウンナンとの実力差を感じ渡米した」 | 世界は数字で出来ている
ラジオ/テレビ番組情報・芸能情報ニュースサイト

ベタを進化させた笑い

現在のコントに繋がる分野を切り拓いたといってもよいでしょう

現在のコントに繋がる分野を切り拓いたといってもよいでしょう

シュールな笑いを理解できる視聴者は多くありません。面白さが伝わらなければ誰も笑えませんし、テレビバラエティにおいて面白さが伝わらないと価値がないことに等しいのが現実です。番組の作り手としては、そのことに早く気が付いた方が勝ちです。ただ、それをお笑い芸人さんに強制させるのはひとつの苦労があります。

しかし、ウッチャンナンチャンとダウンタウンは、ベタをそのままの形で表現するのは難しくても、ひねりを加え、ベタを客体化して楽しんでいました。そこにあるのは、ベタであると同時に、ベタから一段進化した高度な笑いです。お笑い第三世代(とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャンなど)があえてベタをやる。これこそが、「夢逢え」で追求した笑いの本質だったのです。
出来ればもう一度、このメンバーで見てみたいですね。

「夢逢え」の「バッハスタジオ」コーナーにはアーティストも出演していました

メンバーが音楽に挑戦する「バッハスタジオ」コーナーには大人気のアーティストが参加していました。

あの頃、教室机に「J(S)W」って彫ってるヤツいたよね?そうジュンスカ「JUN SKY WALKER(S)」が大好きだった! | Middle Edge(ミドルエッジ)

あの頃、教室机に「J(S)W」って彫ってるヤツいたよね?そうジュンスカ「JUN SKY WALKER(S)」が大好きだった! | Middle Edge(ミドルエッジ)
ヤンキーっぽい女子や机に「J(S)W」って彫ってたのを見て、自転車にステッカー貼ったりしてた青春時代。またジュンスカを聴いて新しい「START」しませんか?

私は「夢で逢えたら」のオープニングで流れた『BELIEVE IN LOVE』からリンドバーグ好きになりました。 | Middle Edge(ミドルエッジ)

私は「夢で逢えたら」のオープニングで流れた『BELIEVE IN LOVE』からリンドバーグ好きになりました。 | Middle Edge(ミドルエッジ)
リンドバーグ、好きでした。渡瀬マキのハスキーなハイトーンが女性ボーカルバンドの王道って感じがして。きっかけは「夢で逢えたら」のオープニングなんでミーハーファンでしたが、20周年の限定復活と25周年の本格復帰は素直に嬉しかったです。

バンドブームに「バンド御三家」と呼ばれていた、奥田民生率いるユニコーン! | Middle Edge(ミドルエッジ)

バンドブームに「バンド御三家」と呼ばれていた、奥田民生率いるユニコーン! | Middle Edge(ミドルエッジ)
ユニコーン大好きでしたよ、カラオケで数えきれないほど歌いました。「すばらしい日々」は間違いなく名曲ですし「働く男」「大迷惑」とかユニコーンならではの名曲がたくさんありました。ソロとなった後は更に大活躍した奥田民生も、原点はユニコーンだったのでしょうね。

ダウンタウン伝説のコント番組「ごっつええ感じ」

「ダウンタウンのごっつええ感じ」特集 | Middle Edge(ミドルエッジ)

「ダウンタウンのごっつええ感じ」特集 | Middle Edge(ミドルエッジ)
1991~1997年にかけて放送されていたダウンタウン伝説のコント番組

こちらはウンナンの出世作「やるやら」

「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」のまとめ - Middle Edge(ミドルエッジ)

「ウッチャンナンチャンのやるならやらねば」のまとめ - Middle Edge(ミドルエッジ)
ウンナンの誰かがやらねば!から始まった、やるならやらねば!パロディコントや豊富なキャラクター達は毎週土曜の夜の楽しみでした。そんな「やるやら」のまとめです。
33 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

野沢直子、芸能活動休止した真相を “しくじり先生”でテレビ初告白!!

野沢直子、芸能活動休止した真相を “しくじり先生”でテレビ初告白!!

10月10日(月)に放送されるテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!!3時間スペシャル』(後7:00)で、お笑いタレントの野沢直子が“天才を目の当たりにして海外に飛んじゃった先生”として登場。今回、芸能活動休止の真相をテレビ初告白する。
red | 5,818 view
私たちの記憶に残る名司会者、逸見政孝さん。真面目さと一生懸命さで1980~90年代のお茶の間から愛されたアナウンサーでした。

私たちの記憶に残る名司会者、逸見政孝さん。真面目さと一生懸命さで1980~90年代のお茶の間から愛されたアナウンサーでした。

逸見政孝さんといえば、フジテレビのアナウンサー時代とフリーアナウンサー時代で2つの顔がありました。ニュース番組やキャスターとして見せた報道現場の堅い顔、その真面目さや一生懸命さがバラエティ受けしたフリーアナウンサー時代。とくに「いっつみい」で人気だったフリーアナウンサー時代、お茶の間にはいつも逸見政孝さんの真面目な笑顔が映っていました。そんな逸見政孝さんの早すぎる死は多くの方に悼まれました。1980年~90年代にかけて、お茶の間でもっともお馴染みの顔だったといっても過言ではない、そんな逸見さんについて振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 17,142 view
突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

突然番組終了した「ダウンタウンのごっつええ感じ」。1990年代お笑い番組の金字塔だった同番組の、番組終了の舞台裏。

1990年代に大人気だった「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ)。松本人志、浜田雅功のダウンタウン、今田耕司、東野幸治はじめいまや吉本の大物芸人たちやYOU、篠原涼子といったこれまた大物タレントがコントに飛び回り、「ガキ使」と並ぶダウンタウンの代表作だった同作品、人気絶頂期に突然打ち切りになった真相とは。
青春の握り拳 | 55,901 view
【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

【一人ごっつ】1990年代後半、ダウンタウン松本人志伝説のお笑い番組!!【IPPONグランプリのルーツ】

1990年代後半に放送された、松本人志が一人大喜利スタイルで挑むお笑い番組「一人ごっつ」。後に『IPPONグランプリ』や『すべらない話』などに引き継がれる、いわゆる即興系のお笑いセンスを試される番組で、松本人志の芸人としての志向性が色濃く反映された番組である。当時、お笑い意外にも活動の場を広げていった浜田雅功とは対照的に、松本人志がお笑いの新ジャンルを開拓するような試みだった。
青春の握り拳 | 8,862 view
【サニーさん】「ダウンタウンのごっつええ感じ」の名物コーナー「サニーさん」!松ちゃんの体を張ったズッコケが凄かった!!

【サニーさん】「ダウンタウンのごっつええ感じ」の名物コーナー「サニーさん」!松ちゃんの体を張ったズッコケが凄かった!!

「ダウンタウンのごっつええ感じ」で、大御所をパロディーモノマネした企画といえば「やすしくん」と並び、この「サニーさん」が人気でしたね。桂三枝(現:桂文枝)を思い切りよくモノマネした「サニーさん」は松ちゃんのズッコケっぷりの激しさも特徴的でした。本人に怒られなかったのか?なんて思いながらも大爆笑した「サニーさん」を見てみましょう。
青春の握り拳 | 9,317 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト

オススメ

おすすめ記事