【特攻(ぶっこみ)の拓】90年代の少年マガジンで絶大な人気を博したヤンキーマンガの「イッチャッテル人たち」
2018年10月27日 更新

【特攻(ぶっこみ)の拓】90年代の少年マガジンで絶大な人気を博したヤンキーマンガの「イッチャッテル人たち」

マガジンで大人気だった「特攻(ぶっこみ)の拓」。ツッパリ/ヤンキーたちのイッチャッテル表情や台詞の最後の「!?」がとても印象的でした。いったい誰が最強なのか、も当時の話題でしたよね。

236,156 view

疾風伝説 特攻(ぶっこみ)の拓

1990年代のマガジンで大人気だった「特攻(ぶっこみ)の拓」。
次から次に現れる凶悪なヤンキー、一体だれが最強なのか議論になったものです。
『疾風伝説 特攻の拓』(かぜでんせつ ぶっこみのたく)は、原作:佐木飛朗斗、作画:所十三による日本の漫画作品。1991年から1997年まで、『週刊少年マガジン』(講談社)にて連載された。題名の「かぜ」「ぶっこみ」は当て字読み。

『疾風伝説 特攻の拓』

時折コマに表記される「!?」、漢字に独自の読み仮名をあて、台詞の途中を「“”」でくくる表現、超人のような不良達の表現が特徴。

「特攻(ぶっこみ)の拓」イッチャッテル登場人物たち

「爆音小僧」

浅川 拓

浅川 拓

主人公
私立横浜港ヶ丘高校に通い、“マジメ”こいて“いじめられっ子”だった生徒。しかし秀人と出会い、相手に立ち向かう勇気を少しずつ持つようになる。その後、内部抗争が絶えない不良のふきだまりの私立聖蘭高校、通称「乱校」の1年D組に転校することとなる(本人は進学校の県立聖蘭高校への編入と勘違いしていた)。話の流れで「爆音小僧」のメンバーとなるが、外道の秀人、元獏羅天のヒロシ&キヨシ&天羽、美麗の大珠、初代極悪蝶の来栖など、族の垣根を越えて仲良くなるため、常に厄介な位置にいる。故人である半村誠の面影をもち、それに気づいた一部の人間(特にマー坊)からは庇護をうけている。
鮎川 真里(マー坊)

鮎川 真里(マー坊)

「爆音小僧」7代目頭
(表紙左)
「爆音小僧」の七代目頭。愛称は「マー坊」「マサト」。聖蘭高校1年D組。拓と同じくらい小柄。大の甘党。拓には初対面の頃から友好的な態度で接している。事故で亡くなった半村誠を、誰よりも尊敬と憧れの目で見ていた。普段の振る舞いは無邪気な女の子を彷彿させるが、キレると手がつけられなくなる。片手で80キロの人間を持ち上げる程の怪力の持ち主。単車の操縦技術はチームトップ。相原勇等の、女の子に似ている、というたぐいの指摘を受けると激怒する。龍也、武丸とは犬猿の仲。「港洛中」出身。アキオ、晶とは幼馴染。口癖は「ひき肉にしちゃうよ?」
真嶋 秋生

真嶋 秋生

「爆音小僧」の特攻隊長
(表紙左奥)
聖蘭高校1年D組の生徒で「爆音小僧」の特攻隊長兼チーフメカニック。愛称は「アっちゃん」「アキオ」。兄は元六代目「爆音小僧」の頭であるナツオ。マー坊と晶とは昔からの幼馴染で、誰よりも気に掛け、理解している。喧嘩の腕前は爆音2位で、その強力な拳から「ワンパンのアキオ」と呼ばれている。実家が自動車解体業の真嶋商会ということもあり、単車の製作や修理が得意。「港洛中」出身。

「外道」

鳴神 秀人

鳴神 秀人

「外道」のリーダー格
(表紙後ろ)
「外道」のリーダー格。単車の走りで有名な外道の中でも別格の速さを誇り、喧嘩でも勇名を馳せる。港ヶ丘高校への転校がきっかけで、拓と出会い、マブダチになる。拓が乱校へ転校する際には、「秀人メモ」という喧嘩のバイブルを渡した。麓沙亜鵺の緋咲とは不倶戴天の敵同士。
愛車はパールホワイトのZ400FX-E4。

「朧童幽霊」

榊 龍也

榊 龍也

「朧童幽霊」初代総長
「朧童幽霊」の初代総長。乱校の2年E組。元六代目「爆音小僧」の特攻隊長。マー坊、須王、武丸とは犬猿の仲。特に、マー坊には、誠の死後、夏生を含む先代の「爆音小僧」が引退したのに対し龍也が別の族を作ったことから、強い敵対心を抱かれている。喧嘩の実力は折り紙つきで、アキオ曰く、"喧嘩のテクは一等"。単車も族の頭に相応しい相当な技術を持っているが、須王には”技術(テク)なし野郎”と酷評された。"スピードの向こう側"の存在を否定し、単車の速さは馬力、暴走りに邪魔なものはなぎ倒す、が信条。頬の傷は須王につけられたもの。鳥浜のゼロヨンレースでエンジンが焼きついたり、湘南弾丸ストレートレースでは単車が燃えてしまうなど何かと単車のトラブルが多い。拓には自らの単車を操られたり、暴走時に蹴り一発で止められたりした事があり、密かに一目置いている。
愛車はフレアーラインに豹柄の三段シート、デビル管のマフラーを備えたGPZ900R。六代目爆音時代は、GPZ400Fに搭乗。

「魍魎」

63 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

【クイズ】個性溢れるヤンキーが魅力!「ろくでなしBLUES」から”東京四天王”に関するクイズです!!

90年代、ジャンプ黄金期のヤンキーマンガといえば「ろくブル」こと「ろくでなしBLUES」!主人公の前田太尊はじめヤンチャで個性的、ときに人情味あふれるヤンキーたちが魅力的でしたよね。なかでも多くの読者が引き込まれた「東京四天王」編。どのヤンキーが強いのか、ハラハラしながら読んでいた人も多いかと思います。そんな「ろくでなしBLUES”東京四天王”」からのクイズ、ろくブルファンなら簡単だと思いますがお気軽に試してみて下さい!
ビーバップ?特攻の拓?ろくでなしBLUES?それとも湘南爆走族?ヤンキー漫画の発行部数TOP10!!

ビーバップ?特攻の拓?ろくでなしBLUES?それとも湘南爆走族?ヤンキー漫画の発行部数TOP10!!

大好きだった往年のヤンキー漫画!!甲乙つけ難い作品を、発行部数でランキングしてみました!!ビーバップ?特攻の拓?ろくでなしBLUES?それとも湘南爆走族?皆が知っているヤンキー漫画の金字塔がズラリと並ぶ結果となりました。
つきねこ | 49,739 view
“所十三”と“岩橋健一郎”が“特別(スペシャル)”な対談をやっちまった!?“i-Q JAPAN”にて掲載!!

“所十三”と“岩橋健一郎”が“特別(スペシャル)”な対談をやっちまった!?“i-Q JAPAN”にて掲載!!

秋田書店「チャンピオンクロス」にて連載中の半自伝漫画「ドルフィン」より、原作者の「ヤンキー界の重鎮」岩橋健一郎氏と、「疾風伝説 特攻(ぶっこみ)の拓」をはじめ数々の不良漫画を描いてきた「不良漫画界の神様」所十三先生の“COOOL”な対談が「i-Q JAPAN」上にて実現!
隣人速報 | 1,352 view
”待っ”てたぜ、この”瞬間(とき)”をよぅ!『特攻(ブッコミ)の拓』の10年後を描いた続編の連載が決定!

”待っ”てたぜ、この”瞬間(とき)”をよぅ!『特攻(ブッコミ)の拓』の10年後を描いた続編の連載が決定!

1991年からから1997年まで、週刊少年マガジン(講談社)にて連載され、独自の読み仮名や独特の表現、その熱い世界観が人気を博したヤンキー漫画、『疾風(かぜ)伝説 特攻(ブッコミ)の拓』。その続編が2017年2月より連載される。
「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

「週刊少年マガジン」が100万部割れ!編集部が原因をツイートし、悔しさも吐露!

漫画誌「週刊少年マガジン」(講談社)の印刷部数(印刷証明付き)が、日本雑誌協会が算定したデータで今年7~9月の平均が99万5017部と、100万部を割り込んだことが分かった。また、その原因について週刊マガジン編集部がツイートしている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト