Jリーガー外国人列伝!浦和レッズ編
2016年11月25日 更新

Jリーガー外国人列伝!浦和レッズ編

1993年にスタートしたJリーグもいまやJ1~J3あわせて53チーム。 そんな歴史あるJリーグを盛り上げてくれた外国人助っ人をチームごとに懐かしむ企画。昔は弱小チームといえば、レッズでした。いつの間にやら強豪扱い、浦和レッズです。

17,870 view
浦和レッズの外国人と言えば、なぜかドイツ寄りの選手が多かった。
親会社の三菱がドイツで車を売りたかったのだろうか。

ミヒャエル・ルンメニゲ

あのルンメニゲがJリーグに来る!と大騒ぎになったが、弟の方だったと言うオチ。それでもルンメニゲの名前は伊達ではなく、弱かった浦和レッズ内で孤軍奮闘していた。
ミヒャエル・ルンメニゲ

ミヒャエル・ルンメニゲ

ミヒャエル・ルンメニゲ(Michael Rummenigge、1964年2月3日-)は、ドイツ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはMF、FW。

1993年9月、最下位に低迷する浦和レッドダイヤモンズに加入すると主力選手として活躍、1994年にはチームトップの11得点を挙げた。

Michael Rummenigge - YouTube

ウーベ・バイン

口ヒゲが特徴的なウーベ・バイン。
1988年のワールドカップ・イタリア大会の優勝メンバー。浦和には3シーズン所属したが、ドイツ仕込の渋いプレーでチームを牽引した。
ウーベ・バイン

ウーベ・バイン

ウーベ・バイン(Uwe Bein、1960年9月26日-)は、ドイツ・ヘッセン州出身の元サッカー選手。ポジションはMF(攻撃的MF)。ドイツ語の発音では「ウーヴェ・バイン」に近い。

1980年代中盤から1990年代初頭のドイツを代表とする攻撃的MFの一人。柔らかいボールタッチから相手DFの裏を付く鋭いスルーパスを繰り出す事が持ち味であった。
1988年に西ドイツ代表に選出されると1990年のワールドカップ・イタリア大会に出場、4試合出場1得点(1次リーグ第2戦のUAE戦で得点)の活躍で、西ドイツの3度目の世界制覇に貢献した。

1994年からギド・ブッフバルトと共に日本の浦和レッドダイヤモンズへ移籍。翌1995年の浦和の躍進に大きく貢献した。

特にエースストライカー福田正博とのコンビは絶妙で、彼がこのシーズンに得点王を獲得できたのは、バインが絶妙なタイミングと正確なキックで放ったスルーパスによるところが大きい[要出典]。

Uwe Bein in Japan (1994-1996) - YouTube

ギド・ブッフバルト

浦和レッズの外国人で最もサポーターに愛されたと言っても過言ではないのがこの方、ギド・ブッフバルト。ドイツ代表は既に引退していたが、そのプレーはまだ衰えてはおらず、ブッフバルトと対戦して成長したFWもいたほど。
ギド・ブッフバルト

ギド・ブッフバルト

ギド・ウルリッヒ・ブッフバルト(Guido Ulrich Buchwald、1961年1月24日- )は、ドイツ・ベルリン出身のサッカー指導者、元サッカー選手。

元ドイツ代表のディフェンダー。2004年から2006年にはJリーグの浦和レッドダイヤモンズで監督を務めた。

ドイツで放送されたレッズ&ギドの特集 - YouTube

アイトール・ベギリスタイン

レッズにいたときよりも最近の方が露出が多いような気がするベギリスタイン。バルセロナのテクニカルディレクターやマンチェスターシティのディレクターを歴任。元々、バルセロナの名選手なんです。
ベギリスタイン

ベギリスタイン

23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長友佑都  前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

長友佑都 前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、インテルという超ビッグクラブに入った。人々は「シンデレラストーリー」と称えた。そしてイタリアで日本で大地震と津波が起きたことを知った長友佑都は、傷ついた人たちを勇気づけられたらと必死にプレーしたが、逆に彼らから人間の強さを学ばされた。その後、インテルでお辞儀パフォーマンスを定着させ、キャプテンにまでなった。
RAOH | 173 view
中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

Fantasista(ファンタジスタ)とは、サッカーの国、イタリアで生まれた言葉で、ファンタジア(創造、想像力)を持つ選手、思いもつかないプレーで一瞬にしてチャンスをつくりだす特別な選手を指す。
RAOH | 764 view
長友佑都  一心不乱初志貫徹切磋琢磨   前進しか知らぬ熱きサムライ

長友佑都 一心不乱初志貫徹切磋琢磨 前進しか知らぬ熱きサムライ

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、元をたどればボールを持てば誰にも渡さずドリブルで攻め続け、とられると守備に戻らない四国のガキ大将。それがいつのまにか攻めに守りに1番走ってチームに貢献する世界レベルのサイドバックになった。
RAOH | 302 view
GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

Q.好きな言葉は?「力」 Q.欲しいものは?「膝の軟骨、半月板、テクニック」Q. 中山雅史にあるものは?「負けず嫌いとサッカーを愛する気持ちだけ。ほかになにもないから中山雅史だった。なにもないからなにかを得ようともがき苦しみ、もがき苦しむことから抜け出すために、手を伸ばし、その先をつかもうと努力した。ずっとその繰り返しだった」
RAOH | 1,256 view
三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

息子が「お前の親父、キングなんていわれてるけど補欠なんだろう?」なんていわれることもあるらしい。そういうとき大事なことは一生懸命頑張ることなんだって思う価値観を身につけて欲しい。
RAOH | 2,860 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト