Jリーガー外国人列伝!サンフレッチェ広島編
2016年11月25日 更新

Jリーガー外国人列伝!サンフレッチェ広島編

1993年にスタートしたJリーグもいまやJ1~J3あわせて53チーム。 そんな歴史あるJリーグを盛り上げてくれた外国人助っ人をチームごとに懐かしむ企画。出ましたサンフレッチェ広島。安く育てて高く売る。広島は野球もサッカーもお金をかけない主義なんです。

14,510 view
サンフレッチェの外国人助っ人における特徴は多国籍主義&安年俸が基本。いわゆるビッグネームではなく、いぶし銀の活躍が見込める選手を狙っての獲得が多かった。

イワン・ハシェック

チームが地味だったためか、活躍の割りにあまり目立たなかったハシェック。高木との2トップは他のチームの脅威となっていた。
Ivan Hašek

Ivan Hašek

イワン・ハシェック(Ivan Hašek, 1963年9月6日 - )は、チェコ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元チェコスロバキア代表。カタール・スターズリーグのカタールSC監督。

1994年、Jリーグ・サンフレッチェ広島[1] へ入団。高木琢也と2トップを組みパベル・チェルニー、盧廷潤ら攻撃陣と活躍[2]。同年のファーストステージ制覇に大きく貢献した。この年に挙げたシーズン19得点は、2012年に佐藤寿人が更新するまでの長い間、広島所属選手のJ1におけるシーズン最多得点記録だった。

ハシェック 1995 サントリー前半ゴール集 - YouTube

盧廷潤(ノ・ジュンユン)

Jリーグでプレーする韓国人選手は大勢いるが、その先駆けとも言える存在がこの人、盧廷潤である。韓国出身選手初のJリーガー。そしてサンフレッチェ所属選手として初めてW杯本大会出場を果たした選手でもある。
盧廷潤

盧廷潤

盧 廷潤(ノ・ジョンユン、노정윤、1971年3月28日 - )は、大韓民国出身の元サッカー選手。元韓国代表。仁川広域市出身。Jリーグ初期はノ・ジュンユンの読みで登録されていた。元韓国女子代表選手の[1]劉永玉[2] は妻。韓国代表として初めてJリーグでプレーしたサッカー選手。

1992年度行われたKリーグドラフトで油公(現済州ユナイテッドFC)に指名されたが、以前からオファーの届いていたJリーグのサンフレッチェ広島に入団[注 2]。韓国内でも将来の中心選手として期待が高かったため、Jリーグ入りは韓国国民から強い非難を受けた。しかしJリーグ開幕時から不動のレギュラーの座をつかみ、1994年のサントリーシリーズ(1stステージ)優勝に貢献。なお、本人はワールドカップアメリカ大会出場のため、チームが優勝を決めた同年6月11日のジュビロ磐田戦を含め、第1ステージ終盤の5試合はチームを離れた。

盧廷潤および大木ヒーローインタビュー

トニー・ポポヴィッチ

トニー・ポポヴィッチ

トニー・ポポヴィッチ

アンソニー・ポポヴィッチ(Anthony Popović、1973年7月4日 - )は、オーストラリア・シドニー出身の元プロサッカー選手。Aリーグ・ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC監督。サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー。

1997年6月、トムソンがJリーグ・サンフレッチェ広島監督に就任、それに伴いポポヴィッチも入団する[1]。守備の要[2] として活躍、上村健一およびハイデン・フォックスと組む3バックは当時のJリーグでも屈指の守備陣だった[3]。一時はキャプテンを務め、PKも蹴っており[4]、監督やチームにとって絶対的な存在だった。 2001年、ヴァレリー・ニポムニシに監督が代わると2バック気味の4-3-3に戦術変更したなかでも主力として活躍した。

Tony Popovic - YouTube

ミハエル・ミキッチ

現在の広島に在籍する外国人選手。
奥さんが美人で有名。地元の広島では目撃談が多数。
ミハエル・ミキッチ

ミハエル・ミキッチ

ミハエル・ミキッチ(Mihael Mikić、1980年1月6日 - )は、クロアチア・ザグレブ出身のサッカー選手である。Jリーグ・サンフレッチェ広島所属。

2009年より、Jリーグ・サンフレッチェ広島へ完全移籍した[1]。すぐに右サイドのレギュラーに定着、同シーズンリーグ4位躍進に貢献した[2]。

上記のクラブ遍歴を経て選んだJリーグのレベルを高く評価する一方で、日本人選手の安易な海外志向に疑問を呈している [3]。

広島に加入以降は怪我による離脱はあるものの右サイドのレギュラーを確保し続けており、2012年・2013年には広島のJ1連覇に貢献。2014年には在籍が6年目を迎え、1993-1997年の5年間在籍した盧廷潤を越えて、広島の外国籍選手では史上最長在籍の選手となっている。

2013.8.17サンフレッチェ広島vs 名古屋 ミキッチゴーール! - YouTube

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

長友佑都  前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

長友佑都 前進しか知らなかったアスリートが東日本大震災 から学んだ境地「心に余裕をもつこと」

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、インテルという超ビッグクラブに入った。人々は「シンデレラストーリー」と称えた。そしてイタリアで日本で大地震と津波が起きたことを知った長友佑都は、傷ついた人たちを勇気づけられたらと必死にプレーしたが、逆に彼らから人間の強さを学ばされた。その後、インテルでお辞儀パフォーマンスを定着させ、キャプテンにまでなった。
RAOH | 173 view
中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

中村俊輔のサッカーノート Fantasista 破壊的なまでに超攻撃的サッカーは相手を完膚なきまでにたたきのめし、みる者を魅了する

Fantasista(ファンタジスタ)とは、サッカーの国、イタリアで生まれた言葉で、ファンタジア(創造、想像力)を持つ選手、思いもつかないプレーで一瞬にしてチャンスをつくりだす特別な選手を指す。
RAOH | 759 view
長友佑都  一心不乱初志貫徹切磋琢磨   前進しか知らぬ熱きサムライ

長友佑都 一心不乱初志貫徹切磋琢磨 前進しか知らぬ熱きサムライ

抜群のスピード、運動量、1対1で絶対に負けない強さを持ち、「僕から努力をとったら何も残らない 」と語る長友佑都は、元をたどればボールを持てば誰にも渡さずドリブルで攻め続け、とられると守備に戻らない四国のガキ大将。それがいつのまにか攻めに守りに1番走ってチームに貢献する世界レベルのサイドバックになった。
RAOH | 302 view
GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

Q.好きな言葉は?「力」 Q.欲しいものは?「膝の軟骨、半月板、テクニック」Q. 中山雅史にあるものは?「負けず嫌いとサッカーを愛する気持ちだけ。ほかになにもないから中山雅史だった。なにもないからなにかを得ようともがき苦しみ、もがき苦しむことから抜け出すために、手を伸ばし、その先をつかもうと努力した。ずっとその繰り返しだった」
RAOH | 1,254 view
三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

三浦知良 15歳でブラジルへ 近所カズはキングカズになった 「ビッグになってやろうみたいな気持ちが自然と湧き出てきた。日本ではそういう格差が少ないからね」

息子が「お前の親父、キングなんていわれてるけど補欠なんだろう?」なんていわれることもあるらしい。そういうとき大事なことは一生懸命頑張ることなんだって思う価値観を身につけて欲しい。
RAOH | 2,859 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト