最強の柔道家木村政彦に迫れ!
2015年12月2日 更新

最強の柔道家木村政彦に迫れ!

日本最強は誰だろう?というと候補はやはり多く存在するが、ここは柔道家、木村政彦を推薦したい。その練習、師匠ともどももう化け物の領域でしょう。

20,839 view

最強の柔道家

木村 政彦(きむら まさひこ、1917年(大正6年)9月10日 - 1993年(平成5年)4月18日)は、日本の柔道家。段位は講道館柔道七段。
全日本選手権13年連続保持、天覧試合優勝も含め、15年間不敗のまま引退。「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と讃えられ、現在においても史上最強の柔道家と称されることが多い。
その荒々しい柔道スタイルから「鬼の木村」の異名を持つ
日本人で最強って誰だろうと考えると、必ず候補に挙がる男。
それが木村政彦だ。数々の伝説に裏打ちされたエピソードが語る、その男を見よ。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2c/Masahiko_Kimura_%281917-1993%29.jpg (61508)

超怪力!?

木村政彦といえば怪力エピソードはまさに圧巻の一言。
体つきを見ても分かる通りまさに鬼でしょう。
http://img-cdn.jg.jugem.jp/407/1757332/20131110_1007100.jpg (61511)

上記の画像を見てもお分かりだろう。その強さは本物である。
また、画像のように鍛え上げられた肉体はなにか漫画(グラップラー刃牙など)に出てくるような気がするほど恐ろしい。
想像してほしい、泥棒に入ってこんな体の男がいたら自首しますよね?
木村は師の牛島と共に、本格的にウエイトトレーニングを行い抜群の筋量とパワーを誇った。そのトレーニング方法は、単に高重量を扱うだけではなく、例えば100kgのベンチプレスを1時間1セットで何度も繰り返す、仕上げに腕立て伏せを1000回行うなどといった非常に激しいものだった[14]。その鍛え抜いたパワーは、障子の桟の両端を持って潰すことができ、太い鉛の棒を簡単に曲げたという。また、夏の暑い日、師匠の牛島が木村に団扇で扇いでくれと言うと、木村はその場にあった畳を持ち上げ、それを扇のように仰いで牛島を驚かせた。そして両腕を伸ばした状態で肩から手首に掛けて100kgのバーベルを転がすこともできたという。 また、都電に乗った際、悪戯で吊革のプラスチック製の丸い輪を五指で鷲掴みにし、端から順に割っていくことがあった。
もうエピソードの勢いが違う。
練習だって大木を枯らすほどで、もう勘弁してくれって感じです。

その師匠

http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/33/Tatsukuma_Ushijima.jpg (61516)

忘れちゃいけないのがその師匠。
とんでもないエピソード。名前。まぁ全部怖い。
その柔道の荒々しさ、性格の豪放さは語り草で、「鬼の牛島」「不敗の牛島」と謳われ、対戦相手からは「猛虎」と恐れられた。鷲のような眼光鋭い目は、睨まれるだけで射すくめられたという。
朝は60kgあるローラーを牽きながら走り込み、深夜になると裸で大石を抱え上げて筋肉を鍛えた。さらに茶の葉を噛んで自身を奮い立たせ、大木に体当たりを繰り返した。そして仕上げはその大木に帯を縛り付けて背負い投げ千本の打ち込みをした。
試合前夜にはスッポンの血を飲み、当日はマムシの粉を口に含んで試合場に上がる。開始の合図と同時に突進して相手に躍りかかり、徹頭徹尾、攻めて攻めて攻め続ける。この攻撃精神が牛島柔道の信条であり、愛弟子の木村政彦にも受け継がれている。
1934年の皇太子生誕記念天覧試合では試合前から肝吸虫に体を冒され、体重が9kgも減って歩く事すらままならない状態だったが、精神力でカバーするために洞窟に籠もって1カ月間そこで坐禅し、宮本武蔵の『五輪書』を朗唱して試合に備えた。体が動かぬのを精神で補おうという決意であったが、結局牛島は敗れてしまった。この病気さえなければ間違いなく優勝は彼だったとも言われている。
そんな牛島ですが、あまりに天覧試合を意識するあまり、弟子にその夢を託してしまうなんてあたりがちょっと泣けますね。

力道山と

力道山との一戦はあまりに有名で、昭和の巌流島と言われるほどです。
この戦いはあまりに疑惑が多く「なぜ木村政彦は力道山を殺さなかったのか」なんて本も出る始末。
http://s.eximg.jp/exnews/feed/Excite_review/reviewbook/2011/E1317570668105_1_s.jpg (61522)

出典 s.eximg.jp

伝説の惨劇 力道山vs木村政彦 ‐ ニコニコ動画:GINZA

この戦いはブック破りだとか色々後に噂はありますが、真実はいまだ謎。
また、力道山が死亡した際、木村政彦は「力道山は俺が呪い殺した」とまで言っていますから恨みは相当深かったんでしょう。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【姿三四郎】1986年放送のアニメ版をピックアップ!ストーリーや魅力などを振り返る!

【姿三四郎】1986年放送のアニメ版をピックアップ!ストーリーや魅力などを振り返る!

数々の映画・テレビドラマ化を実現し、リメイクされた回数は数知れず。そして、アニメ化も2回されています。今回の記事では、1986年に日本テレビ系列で放送された『姿三四郎』に注目し、そのストーリーや魅力を紹介していきます。ぜひ記事をご覧になり、当時の熱い気持ちを呼び起こしてくださいね。
tsukumo2403 | 90 view
板垣恵介の格闘技史2  板垣死すとも格闘ドリームは死せず

板垣恵介の格闘技史2 板垣死すとも格闘ドリームは死せず

「男に生まれたからには1度は最強を目指す。最強に憧れないなんて男じゃない。最強を夢みない男なんていない。みんないつかあきらめてしまうだけなんだ。だからこそみんな強さに憧れるんだ」そういう板垣恵介の真っ直ぐな人生と共に20世紀の格闘技史を振り返る。
RAOH | 1,173 view
【ぼくらの】紅三四郎をふりかえる

【ぼくらの】紅三四郎をふりかえる

学校帰りの夕方、バイクに乗った青年が行く先々で柔道の技を入れながら戦ったり、どこかに潜入したりいつの間にか女の子からモテてたりするアニメを見ていませんでしたか。今回はその「紅三四郎」の紹介です。
とりほりとん | 1,702 view
「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。

「人生は考え方ひとつで変えることが出来る」幾度となく新たな挑戦を続ける小林一光さん。

かつて「伝説の保険営業マン」とまで呼ばれた小林一光さんの座右の銘は「受けた恩は石に刻んで、与えた恩は水に流す」。学生時代の輝かしいキャリアを引っ提げて、というわけではなかった小林さんがなぜ「営業」というフィールドで何度も日本一の称号を得、またその称号をあっさり捨てて次のフィールドに挑み続けるのか、お話を伺いました。
YAWARA繋がり?永井真理子の新曲が「柔道グランドスラム2018」のテーマソングに抜擢される!!

YAWARA繋がり?永井真理子の新曲が「柔道グランドスラム2018」のテーマソングに抜擢される!!

ミドルエッジ世代の歌姫・永井真理子が12月1日に発売する新曲「僕らのBig Power」が、11月23日から25日にかけてテレビ東京系列で放送される「柔道グランドスラム2018」の中継テーマソングになることが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,479 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト