Jリーガー外国人列伝!清水エスパルス編
2016年11月25日 更新

Jリーガー外国人列伝!清水エスパルス編

1993年にスタートしたJリーグもいまやJ1~J3あわせて53チーム。 そんな歴史あるJリーグを盛り上げてくれた外国人助っ人をチームごとに懐かしむ企画。オリジナル10と呼ばれる創設時のチームで唯一母体となるJFLチームが無かった清水エスパルス。サッカーどころの威信をかけたチームです。

13,593 view

フレドリック・ユングベリ

元スウェーデン代表、元アーセナルの世界的スーパースター。
突然の来日&エスパルス入りには大変驚かされました。全盛期は過ぎていたけど、少しでもプレーが見れたのは幸せだったかもしれません。
ユングベリ

ユングベリ

フレドリック・ユングベリ(Karl Fredrik Ljungberg, 1977年4月16日 - )は、スウェーデン・ヴィット出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。セカンドトップ、ウイング、トップ下、サイドハーフ、センターハーフをこなす。元スウェーデン代表。

2011年8月27日、清水エスパルスと契約したことがFIFA公式サイトなどで報道され[2]、清水の早川巌会長が正式にユングベリの獲得を発表した。2013年1月までの契約[3]で、推定年俸は6000万円[4]。

2012年2月14日、清水は怪我の治療の為に帰国中のユングべリとの契約を解除すると発表。

20110910ユングベリ - YouTube

All goals in Arsenal-Karl Fredrik Ljungberg - YouTube

アーセナル時代のユングベリ

シジマール

通称「クモ男」
もしかすると、現役引退後のバラエティ番組出演の方が有名かもしれません。現役時代は、PKに無類の強さを誇った名ゴールキーパーでした。
シジマール

シジマール

シジマール・アントニオ・マルチンス(Sidmar Antônio Martins, 1962年6月13日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手・サッカー指導者。ポジションはゴールキーパー。

1993年に清水エスパルスのゴールキーパーコーチとして来日したが現役に復帰しレギュラーとして活躍した。1993年シーズンにはリーグ屈指の清水DF陣を率いてJリーグの連続無失点記録となる731分無失点の記録を樹立している。この記録は2006年に横浜FCのGK菅野孝憲に破られるまで13年間Jリーグ記録であり続けた。また、菅野の記録はJ2でのものであり、現在でもJ1では彼の記録は破られていない。

動 interV!EW シジマール監督 - YouTube

Jsoccer pioneer days ( DF + GK ) - YouTube

2分11秒あたりでPKをセーブしているのがシジマール

マッサーロ

1994年ワールドカップ・イタリア代表、ASミラン→ASローマ→エスパルスと謎の経歴を辿った超一流のストライカー。
どうしてエスパルスに来てくれたかはいまだに良くわかっていない。
マッサーロ

マッサーロ

ダニエレ・マッサーロ(Daniele Massaro、1961年5月23日-)は、イタリア・モンツァ出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW、MF。

1982年のスペインW杯では出場こそなかったが優勝メンバーの一員、その後長らくイタリア代表とは縁がなかったが1994年のアメリカW杯に出場し、一次リーグのメキシコ戦では1得点を挙げ、決勝トーナメントではレギュラーの座を勝ち取った。PK戦となったブラジルとの決勝戦ではフランコ・バレージ、ロベルト・バッジョと共にPKを失敗したが、イタリアの準優勝に貢献した。

1995年にはJリーグ・清水エスパルスへ移籍。20試合10得点とその実力の片鱗を見せ、時折スーパープレーを見せた。翌年同クラブを退団後に選手生活から引退した。

Daniele Massaro in Japan (1995-1996) - YouTube

トニーニョ

トニーニョ

トニーニョ

トニーニョ(Toninho)こと、アントニオ・ベネディット・ダ・シルバ(Antônio Benedito da Silva、1965年3月23日 - )は、ブラジル出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワード、攻撃的なミッドフィールダー。

1992年のナビスコカップからは清水エスパルスに移籍。ポジションはFWではなく攻撃的なMFだったがその得点力は驚異的で、93年は負傷のためほぼ1年棒に振ることになるが、翌94年の前期は絶好調で16得点を挙げチームは優勝戦線に躍り出るものの、シジマールが終盤で負傷し失速した。一方で、後期はロベルト・リベリーノへの監督交代劇もあり精彩を欠いた。1995年のサントリーシリーズでは、堀池巧や長谷川健太が序盤で負傷し戦線を離脱。その為チームは低迷していたがトニーニョは獅子奮迅の働きを見せ11得点を挙げている。同シリーズ終了後、外国籍選手枠の関係で浦和レッズに期限付き移籍した。
25 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

川口、小笠原、中澤、楢崎…今シーズンで引退した主なサッカー選手を振り返る。

川口、小笠原、中澤、楢崎…今シーズンで引退した主なサッカー選手を振り返る。

1993年のJリーグ開始以来、年々人気が上昇している日本のサッカー。今シーズンもそんな日本のサッカー人気をけん引してきたベテラン選手が引退を表明しました。この記事では、今シーズンで引退した主なサッカー選手を振り返ります。
隣人速報 | 1,121 view
DJ KOOが繋がりの深いフロンターレに勝利を呼び込む?フロンターレvsヴィッセル戦のゲスト出演!

DJ KOOが繋がりの深いフロンターレに勝利を呼び込む?フロンターレvsヴィッセル戦のゲスト出演!

フロンターレの応援歌「AVANTE」は、TRFの「CRAZY GONNA CRAZY」を原曲にしているなど、DJ KOOと繋がりがある。そのDJ KOOが、川崎フロンターレVSヴィッセル神戸戦にゲストとして登場し、会場を盛り上げた。
自他ともに認めるトシちゃんファン!キングカズと田原俊彦、三浦りさ子を交えた3ショットが公開!!

自他ともに認めるトシちゃんファン!キングカズと田原俊彦、三浦りさ子を交えた3ショットが公開!!

カズこと三浦知良の妻・三浦りさ子が自身のブログにて、夫婦に田原俊彦を加えた3ショットの写真を公開しました。その若さ溢れる姿が、今ネットで話題となっています。
隣人速報 | 3,670 view
加藤久、ラモス瑠偉が日本サッカー殿堂入り!読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した両氏の現役時代をサクっとまとめ!

加藤久、ラモス瑠偉が日本サッカー殿堂入り!読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した両氏の現役時代をサクっとまとめ!

日本サッカー協会は1日、読売クラブ、ヴェルディ川崎で活躍した名選手である加藤久氏とラモス瑠偉氏の「日本サッカー殿堂入り」を発表。クレバーな選手であった加藤久氏と、稀代のゲームメイカーであるラモス瑠偉氏の現役時代も振り返ります。
オフトの申し子「ポイチ」こと森保一!代表デビューでアルゼンチンから高評価!「ボランチ」を広めた逸材でした!

オフトの申し子「ポイチ」こと森保一!代表デビューでアルゼンチンから高評価!「ボランチ」を広めた逸材でした!

若き名将・森保 一(もりやす はじめ)。サンフレッチェ広島では選手としても監督としても実績を残した、Jリーグ黎明期を代表する名ボランチです。サッカー日本代表の監督候補にも数えられる森保の選手時代を振り返ります!
ひで語録 | 2,173 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト