Jリーグ初期に活躍した日本人ストライカー
2016年11月25日 更新

Jリーグ初期に活躍した日本人ストライカー

1993年5月15日、日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が誕生しました。それまでは代表戦ですら閑古鳥が鳴いていた日本サッカー界が劇的に変わった日です。そんなJリーグ黎明期を支えた日本人ストライカーをラインナップしてみました。

16,131 view

Jリーグ黎明期に活躍した日本人ストライカー

1995年5月15日、日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」が誕生しました。当時、ジーコ、リネカー、リトバルスキー、ブッフバルトなど世界的プレイヤーが活躍するなか、個性的な日本人ストライカーも多く生まれてました。そんなJリーグ黎明期に活躍した日本人ストライカーをピックアップしてみました。

三浦知良

この話題を出す時に、彼を真っ先に出さないわけにはいかないでしょう。レジェンド!キングカズ。ブラジル仕込みのドリブル、ここぞと言う時に決めてくれるエースとしての自覚、そしてカズダンスというゴールパフォーマンス!全てにおいて超一級品!そしてあれから20年強、未だに現役というのがすごすぎる!

(三浦 知良)Jクロニクルベスト:1994ベストゴール - YouTube

出典 youtu.be
http://football-uniform.up.n.seesaa.net/football-uniform/image/E383B4E382A7E383ABE38387E382A3E5B79DE5B48E-1996-Mizuno-E38395E382A1E383BCE382B9E38388-E382ABE382BA.jpg?d=a1 (968193)

三浦 知良(みうら かずよし、1967年2月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身のプロサッカー選手。横浜FCに所属。2014年1月現在、プロフェッショナルリーグで実働する日本の最年長プロサッカー選手である。ニックネームは“カズ”、または“キング・カズ”であり、三浦を本稿では原則として「カズ」で表記する。妻は、三浦りさ子。

ブラジル時代のポジションは左ウイングであったが、日本帰国後はセンターフォワードとしてJリーグで活躍し、日本代表としてもFIFAワールドカップ初出場に貢献した。ワールドカップ予選では総得点を27点記録するも、ワールドカップ本大会へは未出場。Jリーグ年間最優秀選手賞1回、得点王1回、ベストイレブンを2回受賞、1993年にアジア年間最優秀選手賞を受賞。釜本邦茂と共に、国際Aマッチ1試合で6得点の日本代表1試合最多得点記録、通算得点記録(55得点)を持つ(2011年時点)[2]。

福田正博

今では信じられない程低迷していた浦和レッズのなかで、孤軍奮闘していたミスターレッズ!1995年には日本人初となるJリーグ得点王にも輝いています。ジーコをして、卓越したスピードとゴール感覚は驚いたというほどの逸材だった。

福田正博 TOP 10 GOALS - YouTube

出典 youtu.be
http://club-football-uni.up.seesaa.net/image/REDS-95-96-MIZUNO-home-red-white-black.JPG (968198)

福田 正博(ふくだ まさひろ、1966年12月27日 - )は、日本の元サッカー選手である。現役時代のポジションは主にFWで、背番号は9番。Jリーグが開幕した1993年から引退する2002年まで浦和レッズの象徴的存在として活躍し、サポーターには「ミスター・レッズ」、「大将」と呼ばれた。

高木琢也

身長184cmとストライカーとしては極めて高いわけではないが、驚異的な打点でヘディングシュートを決めまくっていた「アジアの大砲」。彼以降、ここまで高さを武器にして代表で活躍しているストライカーはいないのではないだろうか。現在は、生まれ故郷のV・ファーレン長崎で監督を務めています。

【アジアの大砲】 高木琢也 脅威のヘディングシュート! - YouTube

出典 youtu.be
http://www.hal.ne.jp/tfa1216/takagi.JPG (968203)

高木 琢也(たかぎ たくや、1967年11月12日 - )は、日本のサッカー選手、元サッカー日本代表選手(FW)・指導者(JFA 公認S級コーチ)。大阪商業大学卒業。

家族は妻と一男一女。長男はサッカー選手の高木利弥。

現役時代は、184 cm・85 kg(公式発表では188cm・82kgとなっているが、高木本人がTBSでの山田邦子の番組にゲスト出演した際に184cm・85kgと語っていた)という恵まれた体格を生かしたポストプレーやヘディングを武器に得点を重ねたセンターフォワード。「アジアの大砲」と呼ばれ、ハンス・オフト監督時代の日本代表におけるターゲットマンとして攻撃のキーマンであった。

武田修宏

前述のカズや、ラモス、北沢らとともにヴェルディ黄金期を支えたストライカー。卓越したスキルなどは持ち合わせていないが、ゴール嗅覚、いて欲しいところにいるポジショニングの巧さは秀逸だった。今では、芸人のようになっていますが、本当に良いストライカーでした。

'92-94 Jリーグ 武田修宏ゴール集 - YouTube

出典 youtu.be
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

GON 中山雅史 本能むき出しの点取り屋 ハットトリック男 熱血、不器用、猪突猛進、侍エースストライカー

Q.好きな言葉は?「力」 Q.欲しいものは?「膝の軟骨、半月板、テクニック」Q. 中山雅史にあるものは?「負けず嫌いとサッカーを愛する気持ちだけ。ほかになにもないから中山雅史だった。なにもないからなにかを得ようともがき苦しみ、もがき苦しむことから抜け出すために、手を伸ばし、その先をつかもうと努力した。ずっとその繰り返しだった」
RAOH | 1,548 view
あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

あれから20年・・・1997年11月16日『ジョホールバルの歓喜』に至る激闘史を時間軸に沿って振り返る

ワールドカップ出場が夢のまた夢だった時代があった。それはついこないだのようだが、1997年11月16日の『ジョホールバルの歓喜』から20年が経つ。サッカー日本代表の1997年アジア最終予選を時間軸に沿って振り返ってみる。
ひで語録 | 4,559 view
Jリーグ開幕初期には“お荷物”とまで言われた!『浦和レッズ 30周年アニバーサリーブック 1992-2022』が発売!!

Jリーグ開幕初期には“お荷物”とまで言われた!『浦和レッズ 30周年アニバーサリーブック 1992-2022』が発売!!

ぴあ株式会社より、『浦和レッズ 30周年アニバーサリーブック 1992-2022』の発売が決定しました。発売予定日は5月17日、価格は1500円(税込)。
隣人速報 | 305 view
Jリーグ初代チームマスコットの昔と今を比較!みんなかわいくなってる?

Jリーグ初代チームマスコットの昔と今を比較!みんなかわいくなってる?

Jリーグを盛り上げるチームマスコットたち。開幕当初から長く活躍している10チームのマスコットは現在どのように変化しているのか。デザインが変わったり、家族が増えたりとそれぞれ変化したマスコットたちを見ていきたいと思います。
snomama | 3,396 view
一時代を築いた90年代サッカー日本代表選手たち!現在の活動を追ってみた

一時代を築いた90年代サッカー日本代表選手たち!現在の活動を追ってみた

1993年に発足されたJリーグの歴史を築き、記憶に残る圧倒的なプレイで一世を風靡したサッカー元日本代表選手たちは現在何をしているのでしょうか。主な選手たちの現在を調査してみました。
snomama | 980 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト