ねるとん紅鯨団の前身【上海紅鯨団が行く】って知ってる?
2016年9月9日 更新

ねるとん紅鯨団の前身【上海紅鯨団が行く】って知ってる?

「ねるとん紅鯨団」は言わずと知れた大ヒット番組!その前身にシャレたバラエティー番組があったのをおぼえているでしょうか?

23,618 view

上海紅鯨団が行く

タイトルロゴ

タイトルロゴ

『上海紅鯨団が行く』(シャンハイべにくじらだんがいく)は、1986年10月11日から1987年9月26日までフジテレビ系列で放送されていた、関西テレビ・IVSテレビ制作共同製作のバラエティ番組である。MIZUNOの一社提供。放送時間は毎週土曜 23:00 - 23:30 (日本標準時)。司会は片岡鶴太郎。構成・ゼネラルディレクターは伊藤輝夫名義のテリー伊藤。
この番組以前の関西テレビ製作番組は大阪本社の製作で、収録も本社内のスタジオで行われていたが、本番組以後は東京支社の製作になり、収録も東京都内のスタジオで行われるようになった。

主な出演者

右:片岡鶴太郎(団長)

右:片岡鶴太郎(団長)

中川比佐子(団員番号002)

中川比佐子(団員番号002)

翔(団員番号003)

翔(団員番号003)

左:柳沢慎吾(団員番号004) 中:ケラ(有頂天、現・...

左:柳沢慎吾(団員番号004) 中:ケラ(有頂天、現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ、団員番号017)

桜金造(団員番号005)

桜金造(団員番号005)

京本政樹(団員番号:不明)

京本政樹(団員番号:不明)

田代まさし(団員番号008)

田代まさし(団員番号008)

荒勢

荒勢

ナレーションが独特。。。

番組のナレーションは大森章督の不気味な語り口によるもの。これは番組そのものが秘密結社という設定であったことやサスペンスタッチの手法を取り入れたため。大森はこの番組がきっかけでナレーターとしての地位を固め、以後売れっ子として活躍している

上海紅鯨団が行くの番組内容

鶴太郎が視聴者からの「なんでもリクエスト」(片付け、掃除など)に応えたり、東京・赤坂にあるアンティークショップ「上海紅鯨」で番組進行をしたりと斬新なる番組内容だった。また、港区白金台にある古い店舗付きの民家を借り、後の番組連動期間限定ショップの先駆けとも言える「べにくじら」を開設。
店頭では雑貨以外にも桃饅頭や肉まんなどを販売し、番組開始・終了時には店舗の場所の告知を行っていた。
1987年に入ると「上海豚ロデオ」「勝ち抜き卓球大会」「紅鯨団に聞け」などの一般人参加タイプの企画が主流になり、同年夏には男女出会い系の企画が出てきたものの、企画が盛り上がる前に番組自体が終了。同時に上海紅鯨団も「解散」となった。

上海紅鯨団 - YouTube

有頂天 べにくじら - YouTube

22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

フジテレビ系人気ドラマシリーズ【季節はずれの海岸物語】について語ろう!片岡鶴太郎演じる喫茶店マスターが恋するマドンナ役が毎回豪華だった!

フジテレビ系人気ドラマシリーズ【季節はずれの海岸物語】について語ろう!片岡鶴太郎演じる喫茶店マスターが恋するマドンナ役が毎回豪華だった!

1988年から1994年にかけて放送されたフジテレビ系人気ドラマシリーズ【季節はずれの海岸物語】。主な出演者は片岡鶴太郎、可愛かずみ、田代まさし。主題歌は松任谷由実の「DESTINY」。【季節はずれの海岸物語】ついて語ろう!
こんなドラマあったっけ?安達祐実主演のSFカンフードラマ『聖龍伝説』

こんなドラマあったっけ?安達祐実主演のSFカンフードラマ『聖龍伝説』

1996年、日テレで放送された安達祐実主演の『聖龍伝説』。あまりにチープなアクションとストーリー。そして無駄に豪華なキャストでマニアックな人気を集めました。
きちんとチキン | 71,651 view
【1954年生まれ】2024年で70歳!見えない!若々しい人気男性・女性俳優たち!

【1954年生まれ】2024年で70歳!見えない!若々しい人気男性・女性俳優たち!

2024年(令和6年)は、1954年(昭和29年)生まれの人が古希を迎える年です。2024年(令和6年)が終われば、昭和20年代生まれの人は全員が70歳以上となります。今の70歳は若いとはと言っても、数字だけ見ると高齢者。今回は、2024年に70歳となる意外な人気男性・女性俳優10名をご紹介します。
izaiza347 | 1,205 view
キャスト、スタッフ総勢40名が明かすアウトロー時代劇の裏の裏『必殺シリーズ始末 最後の大仕事』が1月19日に発売

キャスト、スタッフ総勢40名が明かすアウトロー時代劇の裏の裏『必殺シリーズ始末 最後の大仕事』が1月19日に発売

インプレスグループで音楽関連のメディア事業を手掛ける株式会社リットーミュージック内で文芸・カルチャー関連を扱う出版レーベル立東舎は、『必殺シリーズ始末 最後の大仕事』(高鳥都 著)を、2024年1月19日に発売します。
【追悼・森村誠一】土曜ワイド劇場の傑作!『終着駅シリーズ』再放送の見どころ

【追悼・森村誠一】土曜ワイド劇場の傑作!『終着駅シリーズ』再放送の見どころ

森村誠一の推理小説は、各局の2時間サスペンス枠で人気で、たびたびドラマ化されています。中でも最も人気が高かったのが、土曜ワイド劇場で放送されていた『終着駅シリーズ』。シリーズは2022年に終了しましたが、BS朝日では今もたびたび再放送されています。筆者の独断と偏見で、人気シリーズの見どころを振り返ります。
izaiza347 | 230 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト