「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」でミリオンを記録『L⇔R』活動休止理由
2015年9月15日 更新

「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」でミリオンを記録『L⇔R』活動休止理由

「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」でミリオンセラーを記録した『L⇔R(エルアール)』。人気絶頂期に突如活動を休止した彼らの歴史を追う。

3,436 view

1995年5月 シングル「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」でミリオンセラーを記録

L⇔R /knockin'on your door 1995 (TV) - YouTube

フジテレビ系ドラマ『僕らに愛を!』の主題歌に起用され、オリコン1位を獲得。

L⇔R(エルアール)のメンバーと歴史

黒沢健一(くろさわ けんいち)

黒沢健一(くろさわ けんいち)

1968年8月11日生まれ
ボーカル、ギター
高校生時代、アマチュアバンドで参加したコンテストで、小室哲哉から特別賞を与えられる(後のL⇔R「(I Wanna)Be With You」)。 その楽曲がきっかけとなり、19歳で作曲家としてデビュー。南野陽子、島田奈美らに楽曲を提供する。
黒沢秀樹(くろさわ ひでき)

黒沢秀樹(くろさわ ひでき)

1970年8月28日生まれ
ギター、ボーカル
兄の健一、友人であった木下裕晴の3人でL⇔Rを結成し、グループ活動を開始。
木下裕晴(きのした ひろはる)

木下裕晴(きのした ひろはる)

1967年10月11日
ベース
L⇔R結成した当時は会社員であった。本格的に活動するにあたり退職している。
黒沢健一、秀樹の兄弟らによって結成されたバンド、「ラギーズ」(「ラギース」説もあり)が前身。
1991年、黒沢健一、黒沢秀樹の兄弟と木下裕晴の3人でL⇔Rを結成。

1991年11月25日 ミニアルバム『L』でポリスターよりデビュー。

1992年 ファーストアルバムをレコーディング中、コーラスで参加した嶺川貴子が正式加入。
嶺川貴子(みねかわ たかこ)

嶺川貴子(みねかわ たかこ)

1969年6月3日生まれ
キーボード
1995年「CHAT CHAT」でデビュー。「Maxi On」など国内外8枚のアルバムを発売。
2000年にミュージシャンの小山田圭吾と結婚し、2001年に長男が誕生したが、2012年に離婚した。
1993年4月 ファンクラブ「SCRUFFS」発足

L⇔R / 恋のタンブリングダウン-TUMBLING DOWN- - YouTube

1993年6月25日リリース
アサヒビールのCMタイアップ
1993年10月 第一回服部良一音楽賞を受賞。
1994年1月 レコード会社移籍に伴い、嶺川貴子が脱退。

1994年7月21日 ポニーキャニオン移籍後初シングル「REMEMBER」をリリース。
1994年 ポッキーのCM曲となったシングル「HELLO,IT'S ME」がオリコンチャート最高10位を記録。

L⇔R /Hello it's me 1994 (TV) - YouTube

1994年10月21日リリース
ポッキーCM曲。「四姉妹物語」映画の主題歌にもなった。
1995年5月 シングル「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」がフジテレビ系ドラマ『僕らに愛を!』の主題歌に起用され、オリコン1位を獲得。10月 シングル「BYE」がオリコン6位を獲得。
1996年初の武道館公演。
1997年に突如、活動休止を宣言。

解散ではなく活動休止とされているが、その理由は明確にされていないままであった。

L⇔R活動休止の理由

2013年5月30日 テレビ番組『1番ソングSHOW』に黒沢健一と秀樹が出演。

黒沢秀樹にL⇔Rの活動を休止した理由を尋ねてみると、「メインのソングライターは兄の健一で、彼がエンジンのようなものだった。エンジンがぶっ壊れちゃったんですよ。ある日、今となっては最後となるアルバムを作っていた時に途中から兄貴がいなくなっちゃって…」と語った。

また、黒沢健一は「そこら辺の記憶が曖昧で、都合よく忘れてる」と笑いながらも「たぶんいなくなりたいっていうか、切羽詰っていたんでしょうね、自分が。これは冷静にならないといけないなと思い、スタジオから逃げ出した」と当時を振り返った。

活動休止後の主な共演

2003年、黒沢健一と木下裕晴を中心にcurve509結成。
2007年、黒沢健一ソロツアー「LIVE without electricity」に黒沢秀樹が参加。
2008年、デコレ村オールスターズで黒沢健一と黒沢秀樹が共演している。
2009年4月、黒沢兄弟によるユニット「ハンキーパンキー」がミニアルバムをリリース。

L⇔Rの再結成について

黒沢秀樹は兄の健一にL⇔Rの活動再開について「またやらないの?」と何度か尋ねたことがあるが煮え切らない返答だとし、健一は「みんなでお茶したり、食事するのは平気だけが音楽で何をやるかとなると頭が真っ白になってしまう」と今はまだ再結成の意志が無い事を語っている。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

全曲 売上100万枚超え!ミリオンセラーを記録した8センチシングル Part2

全曲 売上100万枚超え!ミリオンセラーを記録した8センチシングル Part2

L⇔R、猿岩石、H Jungle With t他、100万枚以上売れた8センチシングルを、ジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!
【訃報】脳腫瘍で闘病中だった「L⇔R」黒沢健一さんが48歳の若さで死去

【訃報】脳腫瘍で闘病中だった「L⇔R」黒沢健一さんが48歳の若さで死去

90年代、シングル「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」のヒットなどで人気を集めたバンド「L⇔R」の元メンバーでミュージシャンの黒沢健一(くろさわ・けんいち)さんが5日午前3時52分、脳腫瘍のため48歳で亡くなった。通夜、葬儀・告別式は近親者のみで執り行われ、後日「お別れの会」を開く予定。
デビュー25周年のL⇔R!オリジナルアルバム8作品の再発と貴重なライブ映像をDVD化し発売へ!

デビュー25周年のL⇔R!オリジナルアルバム8作品の再発と貴重なライブ映像をDVD化し発売へ!

L⇔Rがデビュー25周年を記念して、過去のオリジナルアルバム8作品の再発と、1996年の東京・日本武道館公演のライブDVD『L⇔R LIVE at Budokan“Let Me Roll It! Tour 1996”』のリリースが決定した。
【なんとなく一発屋】流行った曲【1995年版】

【なんとなく一発屋】流行った曲【1995年版】

1995年。一番のヒットはDREAMS COME TRUEの「LOVE LOVE LOVE」。懐かしいヒット曲はたくさんありますが、その中でも”もしかして一発屋!?”と思うヒットを独断と偏見で選びました。
かけつけ3杯 | 2,276 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト