【レーザーディスク】VHSとDVDの狭間で一瞬だけ輝いたといってもよいLD、その歴史をご紹介。
2019年9月5日 更新

【レーザーディスク】VHSとDVDの狭間で一瞬だけ輝いたといってもよいLD、その歴史をご紹介。

レーザーディスク、ご存知ですか。「大きなCD」にも見えるこのLDもまた、時代の1ページとして埋もれてしまったのです。今となってはVHSとDVDの狭間で少しだけ輝いた程度の認識ですが、当時羨望の機器だったことは間違いありません。そんなLDについて書き記します。

70,571 view
短命に終わった、でもいまだに大きなインパクトが残るLD(レーザーディスク)。持っていた人は少なかったと思いますが憧れた方は多かったでしょう。ゆえにDVDが登場した時には「買う!」と強い気持ちを抱いたのではないでしょうか。

まずは懐かしのレーザーディスクCMからどうぞ

樋口康雄CM WORKS 1980年 パイオニアレーザーディスク - YouTube

パイオニア LDプレーヤー CM 1994年 ナインティナイン - YouTube

レーザーディスク

LD、直径が30cmもありましたね

LD、直径が30cmもありましたね

当時は超高級なAV機器だと思ってました。
レーザーディスクは直径30cmのディスクに両面で最大2時間の映像を記録できる光ディスク規格。いまとなっては「こんなに大きいのに2時間?」ですが、もちろん当時は画期的でした。本来、レーザーディスクという名称は日本国内ではパイオニアの登録商標でしたが、1989年に商標を無償開放して一般名詞化していたレーザーディスクという名称を他メーカーも使用できるようになりました。発売当時は「絵の出るレコード」というキャッチコピーが使われていましたね。
「レーザーカラオケ」が主流だった時代ありましたね

「レーザーカラオケ」が主流だった時代ありましたね

カラオケ喫茶とか、初期のカラオケでよくみた「レーザーカラオケ」。

レーザーディスクの誕生

1972年に登場したレーザーディスク

1972年に登場したレーザーディスク

1972年9月にオランダのフィリップスが光学式ビデオディスク規格としてVLP(Video Long Play)方式、同年12月にアメリカ合衆国のMCAがディスコビジョン(Disco Vision)方式を発表。

1974年9月に両社の規格が統一され「フィリップス/MCA方式」として発表。
世界でみるとまず1978年にアメリカで製品化され、フィリップスの子会社マグナボックスから発売。パイオニアとMCAの合弁会社ユニバーサルパイオニア(UPC)がアメリカ市場で1979年2月に業務用LDプレーヤーPR-7820、1980年6月に家庭用LDプレーヤーVP-1000を発売しました。

1981年、日本ではパイオニアが製品化

日本では1981年10月、パイオニアが製品化して第1号機LD-1000を発売。当初はパイオニアのみが製品を販売し、日本ビクター(現・JVCケンウッド)の開発したVHD陣営と販売競争を繰り広げました。

ビクターはビデオデッキ市場でVHS方式を広めた実績があり、採用メーカー数では13対1と圧倒的に不利でした。
VHDとレーザーディスクでは、水平解像度が240本程度だったVHDに対してレーザーディスクは400本以上と画質面のアドバンテージがあり、またレーザーによる非接触式のためディスク劣化が無いことからレーザーディスクの方が圧倒的に優勢でした。

さらにCDとのコンパチブル再生機の発売、レーザーカラオケのヒットによって一般層にも普及した事から、結果的に規格争いに勝利。VHD陣営のメーカーも参加して開発した音楽CDの量産技術が、同じ光ディスク方式であるLDの技術とコストの問題を解決させ、LDを勝利に導いたと言われています。

レーザーディスクの普及

当初は7,000~10,000円と高額だった映像ソフト

当初は7,000~10,000円と高額だった映像ソフト

パイオニアLDC(現・NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)が中心となって「エバーグリーンシリーズ」「ブロックバスター」等と称して5,000円を切る価格帯で次々と人気ソフトを発売し、市場が形成されていきました。
他社もこれに追随する価格帯のソフトを増やす一方、パイオニアの他、ソニー、松下電器産業、ケンウッドといった各社から「ロッキュッパモデル」と言われた69,000円台の安価なプレーヤーも次々と登場することに。
パイオニアの「プライベート」

パイオニアの「プライベート」

LDは1990年代前半を最盛期としてユーザーを拡大、多くの映画、音楽、ドキュメンタリー、アニメ、その他各種のコンテンツがLDで発売され、パイオニアからはCD/LDコンパチプルプレーヤーを搭載したミニコンポ「プライベート」も登場しました。
「LD-BOX」発売

「LD-BOX」発売

テレビドラマやアニメーションなどのシリーズ作品を複数枚のLDに全話収録して一括販売する「LD-BOX」というボックス・セット形態の商品が数多く発売され、コアなファンやマニアを取り込んでユーザー層を拡大させていきました。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • のぶ 2018/2/5 03:37

    LDの後に出たVHD ワム!がVHDだったから買った・・・・失敗
    LD用のプリンターがあったのも しらざる事実

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 346 view
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 456 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,160 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 664 view
ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ミドルエッジ世代の男女が選ぶ「かつては美少女だったと思う美熟女タレント」が決定!注目の第1位は!?

ランキングサイト「ランキングー!」にて、40~60代の男女3,222名に「かつては美少女だったと思う美熟女は?」というアンケート調査が実施されました。注目の第1位は誰なんでしょうか?10位から順にご紹介したいと思います!
隣人速報 | 69,099 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト