2017年1月24日 更新

【ガンガル】覚えてますか?カルトな人気を誇るガンダムのニセモノ

ガンプラ人気に乗っかったパチモン『ガンガル』。“なんか違う感”に逆に愛着がわいてきませんか?

58,598 view

モビルフォース ガンガル

1980年頃に東京マルイが発売していた「プラモデル」のシリーズ。
当時、いわゆる“ガンプラ”ブームが発生していた折に、東京マルイが過去に販売していた「超メカモデル」シリーズなどの箱絵を変えて発売したもの。
モビルフォース ガンガル

モビルフォース ガンガル

縮尺は1/177と1/250の2種類があった。
(ただし実寸は明記されていない)

パーツ数は少ないもので7つとか、ガンプラに比べるとかなり少なく、誰でも作れる安心設計(笑)

本当にあったモビルフォース

ガンガルシリーズのプラモデルは、「モビルフォース」という名称で、以下のものが商品化。
ガンガル

ガンガル

主役メカ。
間違いなくガンダムのパクリ(笑)
http://image1.fg-site.net/image/org/147/org146341_0_1057812.jpg (214271)

作るとこんな感じ
量産型ズク

量産型ズク

肩口に2本の棒状の装備があり、左手がドリルになっている。
色からしてほぼ間違いなく“量産型ザク”。
強化改良型ズク

強化改良型ズク

改良され赤い色になったズク。
シャア専用ザクでしょう。でも顔はなんかジオング(笑)
左手はペンチ状。
旧型ゲルグ

旧型ゲルグ

誰かさん専用のような“赤”を基調とした機体。
旧型というが新型は存在しない(笑)
二本の角とくちばし状の口を持ち、背中にウィングがある。
ジドム

ジドム

地上戦闘用の恐竜型ロボット兵器。
尻尾を持ち、一本角の頭部には牙の生えた口まである。
原型は“ドム”なのか?そうなのか??
アッカム

アッカム

青を基調としたイヌ型四足歩行メカ。
カラーリングは“グフ”だけど…?
ザイック

ザイック

地上戦闘用の四足歩行メカ。
水陸両用っぽいカラー(ズゴック?)だが、見た目はただのサイ(笑)
強化新型ガンガル

強化新型ガンガル

ガンガルの強化新型・・・まんま(笑)
特徴として左手にドリルが装着されている。
鳥のような顔パーツも同梱されており、ヘッドチェンジが可能。

なぜかカルトなガンガル人気が!

当時は“騙されて”買ってしまう人も…。

当時は“騙されて”買ってしまう人も…。

なぜかカルトな人気を誇り、ネットーオークションでも、マニアの間では高額な値段で取引されている。

ネット上でのオリジナルの小説や同人ゲームなどにも活躍の場を広げている。

他作品へも登場したガンガル

こちら葛飾区亀有公園前派出所(106巻「超合金レア物選手権!!の巻」。本物より有名なパチものとして紹介)
ケロロ軍曹(アニメ版では「ダンガル」になっている。その派生として「乙(ゼータ)ダンガル」や「ZZ(ダブルゼータ)ダンガル」といった商品も登場した)
げんしけん(原作ではサンライズの許諾を取ってガンプラを登場させていたのが、アニメ版では許諾を取れなかったため「ガンガル」になっている。アニメ版の世界においてはあくまでガンダムに相当する作品であり、ザク→ザコ、ジム→ジミなどモビルスーツ名は違ったものとなっている)
猿ロック 主人公の所属する渋西チェリーボーイズの田宮が常備している。彼の部屋にはズク等も出てくる。
アウトブレイク・カンパニー
コミックボンボン(2007年11月号に掲載されたあおきけいの4コマ漫画に、ガンガルが登場。名前もガンガルと明記されており、本物のガンダムとV2ガンダムに「お前はガンダムじゃないだろ!」と叩きのめされていた。)

ガンガルの派生作品

MOSAIC.WAVのメンバーらが別名義で「モビルフォースガンガル」と名付けられた楽曲を発表している。
同人サークルの目玉ソフトから「モビルフォースガンガル」を題材とした同人ゲームが作られている。

「ガンガル」以外にも”なんか違う”感が満載だった作品たち

24 件

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

『ガンプラり歩き旅』その006 ~他人の空似にゃ無理がある!~

ガンプラ!あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第6回は、いきなり「メカじゃねぇだろ!」1stガンダム公式ガンプラ唯一のキャラクターフィギュアプラモデルコレクション「キャラコレ」を扱います!
市川大河 | 5,645 view
『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

『ガンプラり歩き旅』その002 ~1/100 ガンダムは、果たして「リアルじゃない玩具」だったのか?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする新企画連載の第2回!「1/100ガンダム」です。
市川大河 | 21,149 view
『ガンプラり歩き旅』その32 〜ドムのキットにハズレ無し!……なのか?〜

『ガンプラり歩き旅』その32 〜ドムのキットにハズレ無し!……なのか?〜

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第32回は、この時期から絶好調だったHGUCから。ドム/リック・ドムをお送りいたします!
市川大河 | 4,964 view
これも日本の文化!?ニューヨークのメトロポリタン美術館で漆塗りのシャアザクに遭遇!!

これも日本の文化!?ニューヨークのメトロポリタン美術館で漆塗りのシャアザクに遭遇!!

ちょっと遅めの夏休み。縁あって渡米することにした中年寝太郎は、芸術の秋とカッコつけてニューヨークのメトロポリタン美術館を鑑賞に。すると美術の教科書で見たことある世界的な有名な作品群のなかに…あれ、シャアザクじゃない!?てなわけで現地から報告です!!
『ガンプラり歩き旅』その31 ~もしもガルマがザクに乗っていたら!?~

『ガンプラり歩き旅』その31 ~もしもガルマがザクに乗っていたら!?~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第31回は、連載初のモビル・スーツ・バリエーションから、ガルマ・ザビ専用ザクをご紹介!
市川大河 | 3,363 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト