V9戦士・南海、巨人、日本ハムなどで内野手として活躍した【富田勝】が死去
2016年11月25日 更新

V9戦士・南海、巨人、日本ハムなどで内野手として活躍した【富田勝】が死去

南海(現ソフトバンク)や巨人などで内野手として活躍した富田勝(とみた・まさる)氏が死去。全球団本塁打を達成するという偉大な記録を作っています。

1,949 view

富田勝

南海、巨人、日本ハムなどで内野手として活躍した富田勝(とみた・まさる)氏が26日午後5時32分、肺がんのため大阪市の病院で死去した。68歳。
非常に残念ですね。ご冥福をお祈り申し上げます
http://news.biglobe.ne.jp/sports/0526/7955368135/spn_spnbiglb-20150526-0117-009-p-0_thum630.jpg (276017)

大阪出身で興国高から法大に進学。田淵幸一、山本浩司(後に浩二)とともに“法大三羽がらす”として活躍した。68年ドラフト1位で南海(現ソフトバンク)に入団。シュアな打撃で2年目に正三塁手となりオールスター戦にも出場した。73年巨人に移籍、公式戦終盤に右手薬指を骨折した長嶋茂雄に代わり、日本シリーズ5試合に三塁手としてフル出場しV9に貢献。75年には巨人通算3500号アーチも放った。
http://tsuri-ten.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/09/21/tomita.jpg (276019)

13年のプロ野球人生でしたが
全球団本塁打を達成するという
偉大な記録を作っています。
達成したのは史上2人目。
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tToZ7%2BHAL._SY445_.jpg (276021)

引退後はテレビ東京、中京テレビで野球解説者を務める傍ら、『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日)内で野球チーム「たけし軍」の助っ人として活躍するなど、タレントとしても活動していた。

球界のコメント

楽天・星野仙一シニアアドバイザー

楽天・星野仙一シニアアドバイザー

六大学の頃から一緒にほんま、よう遊んだ。(13年に見舞いに行き)それからは月に1回は電話がかかってきて、最近は「俺もうアカンわ」なんて言ってたけど、まさかなあ、まだ早いやろう…。大学の時からシュアなバッティングで、プロでは田淵よりも、(山本)浩二よりも伸びると思ってたんや。でも、腰をやってしまって。中日で2年間だけ一緒にプレーしたんやけど、よく助けられたよ。
東尾修氏

東尾修氏

年齢は私が4歳下だが、ドラフト同期ということもあって非常にかわいがってもらった。実は私がスポニチに初めて登場したのがドラフト後の正月紙面。富田さんと有藤(通世)さんと、1位3人で撮影をした。同じパ・リーグ。私があげたバットで、私から本塁打を打った、というようなこともあった。

みんなの声

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
1989年バブル絶頂~2004年球界再編問題「たかが選手が」球団vs選手会  ライブドアvs楽天  旧vs新  置き去りになった近鉄ファン

1989年バブル絶頂~2004年球界再編問題「たかが選手が」球団vs選手会 ライブドアvs楽天 旧vs新 置き去りになった近鉄ファン

近鉄とオリックスの合併、球界再編問題、ストライキ、IT企業のプロ野球参入合戦、近鉄バッファローズ消滅、オリックスバッファローズ、楽天イーグルス誕生 夢と感動がいっぱいのプロ野球の裏側では、それを支えるドロドロの利権と古い体質を持つ巨大な権力があった。
RAOH | 1,135 view
巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

巨人と台湾のOB選抜戦で、王貞治が「一本足打法」を披露!両軍ナインはベンチ前で整列、球場のファンは総立ち!

両国のレジェンドが集まった巨人と台湾のOB選抜戦は15-11で巨人OB選抜が逆転勝ちした。試合では”世界のホームラン王”の王貞治氏が1968年の台湾キャンプ以来、48年ぶりに故郷で打席に入り、豪快なスイングを披露した。
【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

【河野博文投手】ミスターに「ゲンちゃん」と愛された中継ぎエースの現在地。

1988年に最優秀防御率賞を獲得した河野投手はその後、FAで日本ハムから巨人に移籍する。1996年シーズン、首位に最大11.5ゲーム差をつけられてからの大逆転優勝(メークドラマ)に大きく貢献した。長島監督から「ゲンちゃん」と呼ばれた中継ぎエースは引退後波乱の人生を送ることになる・・・。
和尚 | 6,859 view
宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知と言えば巨人軍の投手として記憶に残っている方も多いと思います。今回は宮本和知選手の現役時代に関する成績やエピソードなどを振り返りつつ、現在はどのような活躍をしているのかを紹介します。
ゆうなパパ | 881 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト