東宝特撮女優コレクション 星由里子(ほし ゆりこ) 「世界大戦争」「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣 地球最大の決戦」
2015年11月10日 更新

東宝特撮女優コレクション 星由里子(ほし ゆりこ) 「世界大戦争」「モスラ対ゴジラ」「三大怪獣 地球最大の決戦」

特撮の歴史に残るキングギドラ初登場の名シーンで有名な「三大怪獣 地球最大の決戦」、昭和ゴジラが唯一負ける「モスラ対ゴジラ」、「世界大戦争」の作品紹介と3つの作品のヒロインとして華を添えてくれた星由里子さんの出演カットのまとめです。

8,304 view

星由里子(ほし ゆりこ) 東宝の看板女優・清純派の映画女優

星由里子(ほし ゆりこ)

星由里子(ほし ゆりこ)

星 由里子(ほし ゆりこ、1943年12月6日 - )は、日本の女優。東京都千代田区鍛冶町出身。身長164cm。千代田区立今川中学校を経て精華学園女子高等学校卒業(吉永小百合は1年後輩)。所属事務所は東宝芸能。
1958年、東宝が宝塚歌劇団東京公演にちなんで募集した「ミス・シンデレラ娘」で優勝したことをきっかけに芸能界へ。八重歯のシンデレラがキャッチフレーズ。翌1959年に映画『すずかけの散歩道』で銀幕デビュー、同名のレコードで歌手デビューをも果たす。1960年には同時期にデビューした浜美枝、田村奈巳とともに東宝スリーペットとして売り出される。控えめで大人しい雰囲気の田村と、明るく活発で女殺し屋やスパイもこなす浜のちょうど中間に位置する星は、清楚だが現代的な気の強さも持ち合わせた役柄を多くこなした。
(出典:Wikipedia)

左写真は「モスラ対ゴジラ」からのカット
清楚だが現代的な気の強さも持ち合わせたヒロイン役を多く...

清楚だが現代的な気の強さも持ち合わせたヒロイン役を多くこなした星由里子は東宝の誇る看板スターだ

「清く正しく美しく」健全なお嬢さんイメージを代表する一人

星由里子の特撮映画主演作

映画「世界大戦争」

世界大戦争(せかいだいせんそう)

世界大戦争(せかいだいせんそう)

『世界大戦争』(せかいだいせんそう)は、1961年10月8日に公開された、東宝制作の特撮SF映画。 カラー、東宝スコープ、多元磁気立体音響。上映時間110分。
芸術祭参加作品。併映は『アワモリ君乾杯!』(原作:秋好馨、監督:古澤憲吾)。
(出典:Wikipedia)

見よ!地球最後の日!悲願をこめて全世界に訴える世紀の超大作!
世界大戦争のストーリー

世界大戦争のストーリー

戦後16年が経過し、急速な復興を遂げた日本。主人公・田村茂吉は家族の幸せを願いながら、外国人記者の集まるプレスセンターの運転手として日々働いていた。そんな中、田村の長女・冴子は下宿している青年・高野と恋仲になっており、長い航海を終えて帰還した彼との久々の再会を喜ぶ。そんな二人はついに茂吉に対して結婚の決意を語り、驚く茂吉だったが妻のお由も賛同し、とうとう二人は結ばれることになる。
(出典:Wikipedia)
http://www.geocities.jp/lovefairylandx/001.jpg (387464)

一方、世界は連邦国と同盟国の二つの陣営に分かれ、両陣営はお互いに核兵器を持って対峙していた。そして北大西洋で行われた同盟国陣営の軍事演習エリアに連邦国陣営の潜水艦が侵入したことをきっかけに、両者の関係は緊迫する。田村が担当する記者・ワトキンスもその状況を危惧し始めた。日本政府も国民の間に動揺が広がりつつあることを考慮し、両国の関係改善の道を探ろうとする。だがワトキンスが緊迫した朝鮮半島・北緯38度線の情勢を取材に向かったその数日後、小型ながらも実戦で核兵器が使われるという事態が発生し、ついに連邦国・同盟国陣営双方で命令一つでボタンが押されれば弾道ミサイルが発射される状況となっていた。
(出典:Wikipedia)
http://summaars.net/sekai/sekai4.jpg (387465)

日本では総理が病身を推して公務を行い、両国の緊張をこれ以上高めまいと懸命の努力を行う。そして現場にいる軍人達も最悪の事態だけは避けたいという思いを胸に、事故や機械故障により危うくボタン戦争となりかけた状況を必死で阻止していた。やがて南北朝鮮間で停戦協定が結ばれ、ようやく緊張が解け始めるが、北極海上で発生した軍用機同士の戦闘をきっかけに再び悪化、幾多の人々の努力も全て水泡と帰してしまう。そしてついに日本でもミサイルへの警戒が始まったことで人々の不安は頂点へ達した。
(出典:Wikipedia)
http://www.geocities.jp/lovefairylandx/Hoshi001.jpg (387466)

大都市から避難しようとする人々で大混乱が起こる中、田村一家は自宅に残り最後の晩餐を開く。冴子は数日前に再び長い航海に出た高野へ向けて、覚えたてのアマチュア無線で最後の通信を行った。「サエコ・サエコ・コウフクダッタネ」「タカノサン・アリガトウ」。夕陽を前にして茂吉は叫ぶ。「母ちゃんには別荘を建ててやるんだ! 冴子には凄い婚礼をさせてやるんだ! 春江はスチュワーデスになるんだ! 一郎には大学に行かせてやるんだ! 俺の行けなかった大学に……!!」
(出典:Wikipedia)
http://www.geocities.jp/lovefairylandx/002.jpg (387467)

その夜、閃光に包まれた東京は、核の影響で溶解。そして翌朝、洋上の高野たちは、ある決意を固めていた。
(出典:Wikipedia)

田村冴子(茂吉の娘):星由里子

当時17歳の星由里子さん

当時17歳の星由里子さん

http://summaars.net/sekai/sekai2.jpg (387470)

http://auctions.wing.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/img309.auctions.yahoo.co.jp/users/6/9/0/5/kaiseido2f-org-1429581894888167&dc=1&sr.fs=20000 (387471)

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-4a-70/room304zombie/folder/973704/91/26332991/img_8?1321187818 (387472)

http://www.i-media.jp/ja1swl/03/images/eiga_02_2.jpg (387473)

http://www.kochi-bunkazaidan.or.jp/~museum/previous/tokusatsu/sekaidaisenso.JPG (387474)

映画「モスラ対ゴジラ」(1964年)中西純子役(星由里子)

モスラ対ゴジラ 1964年(昭和39年)

モスラ対ゴジラ 1964年(昭和39年)

『モスラ対ゴジラ』(モスラたいゴジラ)は1964年(昭和39年)4月29日に公開された日本映画。ゴジラシリーズの第4作であり、『モスラ』の続編でもある。製作、配給は東宝。カラー、東宝スコープ。上映時間は89分。併映は『蟻地獄作戦』。初回興行時の観客動員数は351万人。登場怪獣はゴジラ、モスラ(幼虫、成虫)。
本作でのゴジラはモスラに対する悪役として描かれており、ゴジラにとって怪獣同士の闘いにおける初の黒星(昭和シリーズでは唯一)を喫した作品である。
(出典:Wikipedia)
81 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたち

平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたち

平成VSゴジラシリーズに登場する怪獣とヒロインたちを振り返ります。平成ゴジラシリーズの原点となる『ゴジラ』(1984年)のヒロインを演じた「沢口靖子」さん、平成VSゴジラシリーズの全作品に出演する超能力少女・三枝未希役を演じた「小高恵美」さんほか。
トントン | 11,522 view
特撮ヒロイン・ヒーローについて語ろう!

特撮ヒロイン・ヒーローについて語ろう!

少年・少女時代に憧れた!ときめいた!特撮映画や戦隊シリーズなどのヒロイン・ヒーローについて語りましょう!
全高192センチのゴジラが発売!448万円のフィギュア!1991年のキングギドラとの対決時を基に製作!

全高192センチのゴジラが発売!448万円のフィギュア!1991年のキングギドラとの対決時を基に製作!

特撮映画「ゴジラ vs キングギドラ」(1991年公開)に登場するゴジラの巨大フィギュア「HUMAN SIZE ゴジラ(1991 北海道Ver.)」が、バンダイから10体限定で発売される。価格は448万2000円(税込み、配送料別)。
シリーズ唯一彼等がタイマン勝負をした!映画「ゴジラvsキングギドラ」

シリーズ唯一彼等がタイマン勝負をした!映画「ゴジラvsキングギドラ」

1991年(平成3年)12月14日公開の日本の特撮映画。観客動員数は約270万人。配給収入の14億5千万円は1992年の邦画で第8位だった。東宝創立60周年記念作品でもある。メカキングギドラも登場し、ド迫力の対決シーンが魅力だ!
ひで語録 | 3,083 view
現代的にリファイン(アレンジ・リメイク)された昭和特撮ヒーロー(作品)

現代的にリファイン(アレンジ・リメイク)された昭和特撮ヒーロー(作品)

昭和の人気特撮ヒーロー(ヒロイン)および作品のリファイン版(リメイク・アレンジ)と旧作のビジュアル比較をしてみました。現代的な新デザインと旧デザイン、どちらがお好きですか?新旧ギャバンのダブル蒸着などは熱いですね!
ガンモ | 92,233 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト