スペースインベーダーの名古屋撃ちは高得点に欠かせない攻略方法。
2016年5月26日 更新

スペースインベーダーの名古屋撃ちは高得点に欠かせない攻略方法。

ゲーセンの元祖といえばインベーダーゲーム。100円玉を何枚もテ―ブルに積み重ねて、喫茶店で夢中でプレイした人も多かったでしょう。とくに名古屋撃ちを使いこなせると、周囲の視線もアツかった!!

14,243 view

スペースインベーダー、これが名古屋撃ち!!

なかなか丁寧な操作が要求された「名古屋撃ち」

インベーダーのミサイル攻撃は、キャラクターの直下からではな、1キャラクター離れたところから発射されており、当たり判定はそのさらに一段下から行われるので、インベーダーが最下段まで降りてきて砲台と隣接した状態では、ミサイルが当たり判定を擦り抜けてしまうことを利用して攻撃する方法。
すなわち、この方法は最下段まで相手をひきつけて行う必要がある。

従ってただ敵が最下段まで降りてくるのを待っていたら攻撃を食らうので、攻撃を避けるために端の列の最上段の敵を残し、その隣の2~3列程度の敵を撃墜しておく。

右側に残す列は3~4列が一般的だったようであるが、下図のように列を多めに残せば進行時間を稼げるメリットもあったため、プレイヤーにより採りうる作戦にバラエティーを生じさせる一因に。

O   OOOOOOO
   OOOOOOO
   OOOOOOO
   OOOOOOO
   OOOOOOO
   凸

これにより、撃墜した2~3列の隙間の部分が常に存在するため、この範囲内で砲台を移動させれば、敵の攻撃を受けることなく最下段に降りてくるのを待つことが可能。
最下段に到達してからミスをすると、即占領、ゲームオーバーとなってしまうため、的確な射撃及び移動が不可欠であるが、安定したUFO破壊による高得点が期待できる戦法だった。

スペースインベーダー:名古屋撃ち - YouTube

明確な語源は存在しない

名古屋発祥が通例とされているが、明確な証拠が存在しない。名古屋とは地名でなく、名古屋→尾張→「終わり」の隠語→あと一段侵略されたら終わり、から来たとする説も。

厳密に「どこの・誰が・いつ・どうやって発見した」点については現在まで全く不明であり、この点を調査して商業メディア上で公表された出典も存在していない。

スペースインベーダー

『スペースインベーダー』(Space Invaders)は、株式会社タイトーが1978年に発売したアーケードゲーム。
これを初めとする同社の後継製品、他社製の類似商品・模倣品を総称してインベーダーゲームと呼ぶ。
シューティングゲームの元祖!

シューティングゲームの元祖!

「敵キャラクターが攻撃を仕掛けてくるゲーム」としては、世界で初めて大ヒットしたゲーム。
シューティングゲームに属し、画面上方から迫り来るインベーダーを移動砲台の自機で撃ち、全滅させることが目的。時々上空に母艦のUFOが出現し、これを撃ち落とすとボーナス点を獲得できる。
硬貨片手にゲーセンや喫茶店に通う若者が続出

硬貨片手にゲーセンや喫茶店に通う若者が続出

敵弾を回避して敵を撃つというこのゲームシステムは『ギャラクシアン』などに受け継がれた。
記録的な大ヒットにより著作権を無視したコピーゲームが氾濫し、それらを作ったメーカーは、後に家庭用ゲーム用のソフトハウスとして世界的な存在となったものも少なくない。

社会現象となり、ゲームセンターが次々に開店し、喫茶店やスナックのテーブルの多くがインベーダーゲーム用のテーブルに変わった。当作品はのちの日本のシューティングゲームの始祖の一つとされる。

スペースインベーダーの流行と影響

社会現象を巻き起こしたスペースインベーダー

社会現象を巻き起こしたスペースインベーダー

流行により「インベーダーハウス」と呼ばれるゲームセンターが各地に乱立。
また、テーブルの代わりにテーブル筐体を設置した喫茶店「インベーダー喫茶」なども出現。
駄菓子屋の店先、待合室などでも、10円から50円と格安なアップライト筐体による稼動があった。
当時、タイトー新入社員のボーナスが100万円だったという都市伝説がある。
また、販売当初の価格は10万円だったものが最盛期には数百万円に跳ね上がっても売れていったとされている。

硬貨について

集金袋を回収するのにライトバンではとうてい間に合わず、4トントラックで回収を行っていた。しかしその4トントラックですら板バネサスペンションが100円玉の重みに耐えきれず、曲がってしまう事故が頻発していた。

国民的人気となったため、軍資金となる100円玉が市中から枯渇し、日本銀行が急遽、普段の月の三倍にあたる66億円分の100円玉を市中に流した。それでも資金が足りないのか、5円玉を100円玉に変造してまでゲームをする者まで現れた。

風評被害

タイトー本社は当時平河町にあり、永田町と近隣であった。そのため、インベーダーを納入するように業者から依頼された国会議員がお忍びで「5000万円で売れ!」などと談判に来たというエピソードもあった。
「インベーダーハウス」に代表される、林立するゲームセンターは不良の温床であるとして、多くの学校で入場禁止の通達を出す措置が講じられた。

スペースインベーダーに始まったシューティングゲームの歴史

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【期間限定】20世紀を代表する名作ゲームをTシャツやバッグに!「VIDEO GAME TOKYO」が東京駅にオープン!

【期間限定】20世紀を代表する名作ゲームをTシャツやバッグに!「VIDEO GAME TOKYO」が東京駅にオープン!

スペースインベーダー、パックマン、悪魔城ドラキュラ……。20世紀を代表する名作ビデオゲームをリデザインし、服飾雑貨として販売する「VIDEO GAME TOKYO」が東京駅八重洲北口地下1階にオープンしています。今回は8月16日までの期間限定。
ニュースFレン | 1,997 view
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 834 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 3,879 view
相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

相変わらず可愛い『モンチッチ』がサンキューマートとコラボ!レトロなグッズが続々登場!

70~80年代に人気を集めたキャラクター人形『モンチッチ』。サンキューマートとのコラボ商品を発売した。合皮台形ポーチや缶バッジ等、レトロな雰囲気が可愛く演出された商品となっている。
女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

女の子の憧れ!バービーとお揃いのスタイルでドレスアップが可能に!!

阪急うめだ本店・4階コトコトステージ41にて、永遠のファッションアイコン「バービー」とお揃いのドレスアップスタイルが可能となるアイテムを販売します。期間は11月15日から11月28日まで。
隣人速報 | 403 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト