可愛い女子が揃ってます! Pリーグの注目選手まとめ ボウリング女子の華麗な活躍を見逃すな!
2015年9月17日 更新

可愛い女子が揃ってます! Pリーグの注目選手まとめ ボウリング女子の華麗な活躍を見逃すな!

過去のボウリングブームが今後 新しい形でリバイバルするかも。 Pリーグの美人ボウラーの紹介です。

52,852 view

1960~70年代にボウリングブームがありました

1970年前後にはスター・プレイヤーである須田開代子・中山律子らの
出現などがきっかけとなって、当時は数百メートルごとにボウリング場があったほどボウリング・ブームと呼ばれる流行ぶりを示した。

70年代のボウリングブームを彩った美女

アイドル的な人気の中山律子さん

アイドル的な人気の中山律子さん

http://www.suntory-kenko.com/contents/brands/glucosamine/support/img/02/img03.jpg (651627)

TV中継でのパーフェクト達成のインパクトは予想を遥かに超えた
社会現象を起こし、中山は「さわやか律子さん」の愛称とともに
抜群の美貌と人気を誇り、花王のフェザーシャンプーのCM等に
出演し一大旋風を巻き起こし、CM曲の「律子さん、律子さん、
さわやか律子さん」は流行語となった。
女子プロボウラーは数多くあれど、中山は後に至るまで
史上最強の女子プロと呼ばれ、同期の須田らと共に爆発的な
ボウリングブームの立役者となった。

出典:ウィキペディア中山律子

ブーム終焉から現在まで

このブームは1973年の石油危機により一旦終息するが1979年頃から
人気が再燃し、当初のブームには至らないものの現在でも安定した
人気を得ている。
現在もスポーツ人口が増えており、体操と並んで国民に最も馴染みの
深いスポーツの1つである。また、スポーツ競技と定義されているが
男女問わず手軽な集団レクリエーション・ゲームとしても浸透しており、あまり経験の無い人も参加しやすい性質を持つと言える。
日本のボウリングブームをけん引してきた名物レーン「田町ハイレーン」がきのう29日(2015年3月)で閉館した。42年前のオープン当時は大変なボウリングブームで、2時間待ちは当たり前、8時間待つこともあった。しかし、施設の老朽化で閉鎖することになった。

新しいブームの兆し? Pリーグについて

暗いニュースもありますが、新しいボウリング女子の
ブームが静かに来ているんです。

その名も
『ボウリング革命 P★League』(ボウリングかくめい ピーリーグ)は、BS日テレおよび日テレジータスで放送されている、日本の女子プロ・女子アマチュアボウラーによるボウリングトーナメント番組[注 1]。2006年4月2日に放送開始。
キャッチーなカラーリングとコスチュームが特徴

キャッチーなカラーリングとコスチュームが特徴

近年低迷するボウリング人気を復活させようと、日本プロボウリング協会(JPBA)・全日本ボウリング協会(JBC)・日本ボウリング場協会(BPAJ)などと番組スポンサーが大会実行委員会を結成し、同トーナメントが行われるようになった。なお、この番組はかつての女性人気プロボウラーだった中山律子(日本プロボウリング協会名誉会長)が立ち上げに参加している
https://ssl.bs4.jp/shopping/upload/save_image/04012016_51596c995fbbf.jpg (651636)

出典 ssl.bs4.jp
① Pretty(キュート)② Passion(情熱的な)
③ Performance(魅せる)④ Power(力強い)
⑤ Perfect(300点GET)
Pのには5つの言葉が隠されています。

魅力的なPリーガーとキャッチフレーズ

若手、実力派のベテランなどが混在するPリーグ。
美人、可愛い女子達が集まっており、特徴的な
コスチュームとキャッチフレーズも相まって
一度見始めるとクセになる魅力を持っています。
大石 奈緒

大石 奈緒

『ボウリング革命 P★League』には第11戦より参加。
Pリーグでのキャッチフレーズは『北国のスーパーヒロイン』。
第12戦、第14戦、第16戦で優勝し、『田町の女王』と
呼ばれたこともあった。第35戦より全日本ボウリング
協会の方針によりしばらく欠場したが、2012年に
プロテストを受験してトップで合格し、第38戦より復帰。

出典:ウィキペディア大石奈緒

最近結婚されたみたいです。
森彩奈江

森彩奈江

P★LEAGUEでのニックネームは 「シンデレラガール」
意外にもスポ根の持ち主で、熱いプロボウラー。
P★LEAGUEでは毎回斬新なコスチュームで登場し、
ファンを楽しませてくれる。

出典:Pリーグオフィシャルブログ
 http://blog.excite.co.jp/p-sanaemori/
渡辺けあき

渡辺けあき

P★LEAGUEでのニックネームは「アクトレス・ストライカー」
バレエ経験からくるスタイルの良さと大きな瞳が特徴的。
以前はタレント業も行っており、女優としても活躍をしていた。

出典:Pリーグオフィシャルブログ
 http://blog.excite.co.jp/p-keakiwatanabe/

2013年ミス日本コンテスト東日本代表選出。
本選では「ミス日本・海の日」に選ばれた。

出典:ウィキペディア渡辺けあき
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【青春時代の遊び対決!】あなたはどっち?「ボウリング V.S. ビリヤード」

【青春時代の遊び対決!】あなたはどっち?「ボウリング V.S. ビリヤード」

あなたの意見がリアルタイムに反映される投票コーナー「あなたはどっち?」!今回は、カラオケが流行る前に、団塊ジュニア世代が嗜んだ遊び対決!次の2つの中から選んでください!
【1970年代前半】女子プロボウラーの人気は今の女子プロゴルファーのより熱かった!!

【1970年代前半】女子プロボウラーの人気は今の女子プロゴルファーのより熱かった!!

私が中学・高校に通っていた1970年前半と言えば、何と言っても日本中でボウリング熱がハンパなく熱かったのが印象に残っている。そのボウリング熱の一翼を担っていたのは、何を隠そう女子プロボウラーたちであった。特に女子プロボウラー1期生の須田開代子と中山律子は、当時超人気アイドル以上の存在で、テレビに出ない日はないと言っても過言ではなかった。そんな彼女たちを中心に当時のボウリング人気について追ってみることにしよう!!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト