いつ聞いてもかっこいい!JUDY AND MARY!
2017年1月23日 更新

いつ聞いてもかっこいい!JUDY AND MARY!

解散してから10年位上経ちますが再結成して欲しいバンド1位。YUKIさんが年を取らないことでも有名です。そんなジュディマリを今さらフィーチャー!

7,557 view
1993年にメジャーデビューして2001年に皆に惜しまれつつも解散した90年代を代表するバンド。
http://www.jmusicitalia.com/artisti/judyandmary/judyandmary.jpg (948059)

メンバー

YUKI(ユキ、1972年2月17日 -、北海道出身)ボーカル担当。
TAKUYA(タクヤ、1971年9月9日 -、京都府出身)ギター担当。
恩田快人(おんだ よしひと、1963年12月13日 -、兵庫県出身)ベース担当、リーダー。
五十嵐公太(いがらし こうた、1963年1月17日 -、神奈川県出身)ドラムス担当。

JUDY AND MARYの由来・意味

バンド名は「ポジティブとネガティブが織り混ざった音楽を作りたい」という理由から恩田快人が考案。英語の人名にはスラングでそれぞれ意味があり、「JUDY」は「活発な女の子」、「MARY」は「マリファナ」という意味がある。「JUDY」=ポジティブ、「MARY」=ネガティブを象徴しており、「ポジティブになれる時とそうでない時を音楽に込めたい」という意味を込めて命名。「MARY」は本来なら「メアリー」と読み、「Mary Jane(メアリージェーン)」もマリファナの通称である。

JUDY AND MARY結成

1991年6月、当時ジャクスン・ジョーカーのベーシストだった恩田快人と、当時短大生だったYukiが北海道の函館での映画撮影をきっかけに出会い、デモテープを送ったところで即決。翌年1992年2月に、Yuki、恩田、ドラムは五十嵐公太、ギターにサポートメンバーを加えて、Judy And Maryが結成されました。ジャクスン・ジョーカーを休業する間に、以前から恩田のなかで構想を練っていた、女のコが歌うポップで切ないサウンドをJudy And Maryでやってみたい、という想いがここで実現。

JUDY AND MARYの代表曲

そばかす

そばかす

フジテレビ系アニメ「るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」の初代オープニングテーマとして使われ120万枚[1]のヒット。バンド初のオリコンシングルチャート1位を獲得。また、解散に至るまで唯一のオリコン1位獲得シングルであり、唯一のミリオンセラーシングルであった。

3日で曲を書けと言われて作った曲。曲のテーマは「キャンディ・キャンディ」。YUKI曰く、「凄く力んで新しい歌い方に挑戦した曲」らしい。

Judy and mary/そばかす - YouTube

 

ラッキープール

ラッキープール

「ラッキープール」(「WARP」収録)はJUDY AND MARY(以下・JAM)の実質最後のシングルである。

確か、解散の直前というか休止中にNHKがJAMの特集を組んでいた。
その時にYUKIが「ずっと、続けたいねって言ってるんですよ」とテレビに向かって喋っていた。
普通の言葉だ。
でも、普通じゃなかったのだろう。
だって、YUKIさんは涙を落としてたから。

JUDY AND MARY ラッキープール - YouTube

 

Over Drive

Over Drive

なんかイイんだよね〜♪
「走〜るぅ雲ぉ〜の〜影ぇをぉ〜飛びぃ越〜え〜る〜わ〜♪」
男の俺が歌うとしっくりこないけど(笑)、
曲のノリとともに惹かれていきますな。

記憶が凄く微妙だけど最後のMステ出演の時に
ライブ形式で演ってましたかな。
どちらにせよ、YUKIの「忘れんなよ♪」が
そこまでファンでもないのにグッと来た!

Judy And Mary  Over Drive(LIVE) - YouTube

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 138,134 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 123,869 view
2020年1月13日、あの「バービーボーイズ」が10年ぶりのワンマンライブを開催決定!!

2020年1月13日、あの「バービーボーイズ」が10年ぶりのワンマンライブを開催決定!!

ミドルエッジ世代御用達の男女混成バンド・バービーボーイズ(BARBEE BOYS)が、ワンマンライブを2020年1月13日に開催することが明らかとなりました。
隣人速報 | 3,392 view
BOØWYの地元・群馬の上毛新聞に全面広告が!広告に掲載されたBOØWYからのメッセージの意味とは?

BOØWYの地元・群馬の上毛新聞に全面広告が!広告に掲載されたBOØWYからのメッセージの意味とは?

80年代を代表するロックバンド・BOØWYが、地元群馬の「上毛新聞」に全面広告を掲載しました。また高崎駅や、1988年4月に行われたラストライブ「LAST GIGS」が開催された東京ドーム近くの水道橋駅にも、同様の広告が貼られているとのこと。
隣人速報 | 10,756 view
1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月31日に開催された「GLAY EXPO(通称:20万人ライブ)」を皆さん覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト