2016年9月8日 更新

暑い夏は爽やかな【T-SQUARE】で乗り切る

『TRUTH』や『宝島』で有名な【T-SQUARE】の軽やかな音楽は夏にピッタリ☆爽やかな気分~♪

2,201 view

T-SQUARE以前の作品

THE SQUARE時代

THE SQUARE時代

デビュー後数年はメンバーチェンジを繰り返しつつも、後のスクェアの代名詞ともいえるリリコンの導入、ボーカリストを迎えてのボーカル曲の制作、タモリや松任谷由実とのコラボレーションなど独自の路線を展開。

そんな中で1980年に田中豊雪、1982年に和泉宏隆、長谷部徹が加入し、アルバムを出すごとに変わっていたメンバーが1982年の『脚線美の誘惑』より固定され、1984年にはこのメンバーによるアルバム『ADVENTURES』を発表し、ヒットを記録する。このアルバム収録の「ALL ABOUT YOU」、「TRAVELERS」の2曲がサントリーホワイトのCMソングとなり、伊東たけしも「リリコン奏者」としてCMに出演。スクェアや伊東自身の知名度を一気に押し上げるとともに、カシオペアと並び当時のフュージョンブームの旗手となり、日本を代表するフュージョン・バンドに成長した。現在まで毎年欠かさず行っているライブツアーが始まったのもこの頃で、1985年の「STARS AND THE MOON CONCERT」では日本武道館における単独公演も行っている。

メンバー固定後、大きく躍進を遂げたスクェアであったが、1985年に長谷部が、1986年に田中が脱退[5][6]。代わって、その後長らくスクェアのリズムセクションを務めることになる則竹裕之、須藤満が加入する[5][6]。新しい体制となって制作された1987年のアルバム『TRUTH』のタイトル曲「TRUTH」がF1グランプリ(フジテレビ系によるF1中継)のテーマ曲に使用され、F1ブームの始まりとともに大ヒットを記録。現在においても演奏され続けるスクェアの代表曲となった。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/T-SQUARE)
リリコン

リリコン

リリコンは1970年代に米国で開発されたアナログシンセサイザーを用いた電子楽器で管楽器と同様の吹奏楽器である。Lyriconという名称は米国コンピュトーン社(Computone Inc. )固有の商品名で、Lyrical+Controlの造語。

リリコンはリードを持つ管楽器であり、形状はソプラノサックスに似ているが、クラリネットなどとは異なり、リードは発音体ではなく演奏者の唇の圧力をリップセンサーに伝える役割を果している。またキーも電気スイッチであり、一般的な管楽器の様に穴の開閉を行うわけでは無い。さらに吹き込んだ息の圧力を検知するブレスセンサーが付いている。リリコンは管の末端から伸びたケーブルでシンセサイザーに接続され、リップセンサー、ブレスセンサー、キーの状態の情報を元にオシレータからの発振音を加工して演奏する。一般的なセッティングとして、リップセンサーの情報をVCO、ブレスセンサーの情報をVCFとVCA、キーの状態をVCOに入力することで、シンセサイザーの音源を管楽器のアーティキュレーションで演奏することができる。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3)

THE SQUARE / 脚線美の誘惑 - YouTube

THE SQUARE  脚線美の誘惑

THE SQUARE CONCERT LIVE "ADVENTURES"(1-7) - YouTube

THE SQUARE ADVENTURES

TAKARAJIMA / THE SQUARE - YouTube

THE SQUARE 宝島

T-SQUARE - All About You - Adventures 1984 - YouTube

THE SQUARE All About You

The SQUARE / 年越しLIVE '85 - YouTube

The SQUARE 年越しLIVE

T-SQUAREへ

http://jazzfusion.com/int98/tsgrvint.jpg (701727)

1987年12月、アメリカのフュージョンバンド・ヒロシマのライブのオープニング・アクトを務めることとなり、渡米[5]。このときの演奏がエピック・レコードのプロデューサーの耳に留まり、それがきっかけで翌1988年にはアルバム『TRUTH』を全米で発売、そして初の全米ツアーを実現させることとなった[5][7]。この時、アメリカですでに似た名前のバンド「SQUARES」があったため、かの地では「T-SQUARE」と名乗り、1989年より日本でもこのバンド名に改名して活動するようになった
それまでのリリコンではなくAKAI EWIシリーズを使用し始めたのは、解明後の1980年あたりからのようです。
AKAI EWIシリーズ

AKAI EWIシリーズ

EWIシリーズ(アカイ・イーウィ・シリーズ)はAKAI professionalのウインドシンセサイザーの型番・商品名。ヤマハ・WXシリーズと並んで、ウインドシンセサイザーの代名詞的に用いられていた。
ナイル・スタイナーが製作したスタイナーホーン(トランペットタイプのウィンドシンセサイザーで、EVI1000の原型)であり、独特のコントロール体系を持っていたために人気を博した。その優れた表現力に木管楽器奏者が注目、木管楽器タイプのコントローラーの製作をスタイナーに依頼し、完成させたものがEWI1000の原型である。当初は完全ハンドメイドであったが人気が出たために生産が追いつかなくなり、AKAIがライセンスを買い取り、EWI1000として製品化した。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/AKAI_EWI%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA)
1990年末に安藤とともにデビュー以来の主要メンバーだった伊東がLAでのソロ活動に専念するため突然の脱退し、1990年に行われたスペシャル・ライブにてホーン・セクションとして参加していた本田雅人が後任として加入しました。

T-SQUARE - Omens of Love (Farewell & Welcome Live 1998) - YouTube

T-SQUARE Omens of Love 本田雅人

T-SQUARE HARMONY 完全版 - YouTube

T-SQUARE  HARMONY&新日本フィルハーモニーオーケストラ
1993年8月12日Bunkamuraオーチャードホール

1.いとしのうなじ
2.TOMORROW'S AFFAIR
3.君はハリケーン
4.OMENS OF LOVE
5.ガーティの夢
6.Dandelion Hill
7.ROMANTIC CITY
8.FORGOTTEN SAGA
9.Good-bye blue wind
10.STIFF NAILS & ADVENTURES
11.BANANA
12.明日への扉
13.メドレー
14.PLAY FOR YOU

T-SQUARE - 勇者(YUH-JA) - YouTube

T-SQUARE  勇者(YUH-JA)
1998年にフロントを7年間務めた本田、そして16年の長きに渡ってバンドサウンドの中核を担った和泉の2人が同時に脱退[8][10]。3人目のフロントマンとして宮崎隆睦、16年ぶりの新キーボーディストとして難波正司を迎える
20周年

20周年

デビュー20周年記念の「野音であそぶ」を日比谷野音で行う。このライブはこれまでスクェアに在籍した新旧の総勢15人のメンバーが一堂に会してそれぞれの時代のスクェアを再現するというもので、特に伊東たけし、本田雅人、宮崎隆睦の3人の歴代サックス/EWI奏者がスクェアのライブにおいて揃い踏みしたのはこれが今のところ最初で最後となっている。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/T-SQUARE)

T-Square - It's Magic (20th Anniversary, 1998) - YouTube

20周年記念「野音であそぶ」メンバー
 Guitar:安藤まさひろ、みくりや裕二
 Sax & EWI:伊東たけし、本田雅人、宮崎隆睦 
 Keyboards:宮城純子、久米大作、和泉宏隆、難波正司
 Bass:田中豊雪、須藤満
 Drums:マイケル河合、長谷部徹、則竹裕之
 Percussion:仙波清彦

J.S.Bソロ(伊東たけし、本田雅人、宮崎隆睦の揃い踏み) - YouTube

フロントマン3人(伊東・本田・宮崎)が揃うのは超レア!
30周年

30周年

20周年時と同じく新旧のメンバーが集結、総勢15人(20周年公演と顔ぶれは一部異なる)での「野音であそぶ」が催された。本田雅人の参加がなかったため、10年ぶりのT-SQUAREのライブにおける歴代フロントマンの共演はならなかったものの、1998年に欠席していた初代ベーシストの中村裕二が参加したことで、ようやくデビュー時のオリジナルメンバー7人の再結成が実現し、節目の30周年を飾った。
(引用;https://ja.wikipedia.org/wiki/T-SQUARE)

T SQUARE - Omens of Love - 30th Anniversary Live - YouTube

T SQUARE  Omens of Love 30周年ライブ
35周年

35周年

デビュー35周年を迎える2013年には現メンバー4人に仙波清彦、田中豊雪、則竹裕之、須藤満、宮崎隆睦の旧メンバー5人にサポートメンバーの田中晋吾を加えた総勢10人の「T-SQUARE SUPER BAND」を30周年時に引き続き結成し、アルバム『Smile』を発表。
(引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/T-SQUARE)

T-SQUARE - Sunnyside Cruise (35th Anniversary Concert 'Festival') - YouTube

T-SQUARE - Sunnyside Cruise 35周年ライブ

おまけ

T-SQUAREの名曲を集めている動画もありますので、作業BGMにいかがでしょうか♪

"Welcome to the Rose Garden" T-SQUARE - YouTube

『Welcome to the Rose Garden』
T-SQUAREの2­0枚目のアルバム。1995年5月21日発売。

T-SQUARE 夏に聴きたい曲集 - YouTube

T-SQUARE バラード集 - YouTube

THE SQUARE - ITOSHI NO UNAJI - YouTube

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

「T-SQUARE」F1テーマ曲と言えば”TRUTH”!リリコンサウンドが独特な世界観を演出しました!!

「T-SQUARE」F1テーマ曲と言えば”TRUTH”!リリコンサウンドが独特な世界観を演出しました!!

90年代はF1ブームの全盛期。そしてF1と言えばこの曲「TRUTH」!F1のカッコよさに拍車がかかったのは間違いありません。T-SQUAREのサウンドを特徴づけたリリコンを中心に振り返ってみましょう。
青春の握り拳 | 28,857 view
「聖飢魔Ⅱ信者」蓮実クレアの悪魔教布教活動!第19回

「聖飢魔Ⅱ信者」蓮実クレアの悪魔教布教活動!第19回

音楽とは時に人の人生観を変えたりその人そのものをも変化させてしまう力を持っていると思う。音楽やアーティストが直に変えてくれるわけではなく、その人の中に潜んで眠っている何かを揺り起こす手助けをしてくれるだけなのだと思う…。
蓮実クレア | 24 view
【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

【サブカル世界への入り口?】宝島社【VOW】ネター【誤植編】

1980年代から続く宝島社から出版されている雑誌の1コーナー「VOW」。街や新聞の中の「ヘンなもの」がぎっしりつまった、まさにサブカルチャーをポップにした立役者だと思います。今回、少しですが「VOWネタ」をご紹介したいと思います。
ジバニャンLOVE | 1,881 view
「聖飢魔Ⅱ信者」蓮実クレアの悪魔教布教活動!第18回

「聖飢魔Ⅱ信者」蓮実クレアの悪魔教布教活動!第18回

よく「何年くらい信者なんですか?」と聞かれる。好きの度合いに年数なんて関係ないのでは?と個人的には思うのだが周りからはそう見えているのだろう。しかし、悲しいことに私は各構成員のソロを抜かして聖飢魔IIとしてはまだ4回しか経験していない…。
蓮実クレア | 1,039 view
知念里奈がデビュー20周年記念コンサートを開催!あの豪華サプライズゲストも登場!?

知念里奈がデビュー20周年記念コンサートを開催!あの豪華サプライズゲストも登場!?

知念里奈がデビュー20周年を迎えます。それを記念し、コンサート「知念里奈 20th Anniversary Memorial Concert」が、11月30日に開催されます。中川晃教と豪華サプライズゲストも登場しますよ!
隣人速報 | 383 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト