坂井泉水さんの透明な歌声に励まされる☆ZARDの名曲集
2016年3月21日 更新

坂井泉水さんの透明な歌声に励まされる☆ZARDの名曲集

2007年に40歳という若さで帰らぬ人となってしまった坂井泉水さん。青春時代を彼女の歌声に元気づけられた人は多いはず。今回は、ZARDの名曲を振り返ってみました。

9,646 view

ZARDとは

ZARD(ザード)は、作詞・ボーカルを務めていた坂井泉水を中心とした日本の音楽ユニット。
1990年代に女性ボーカルとして最も多くのCD売上げ枚数を記録、シングルでは「負けないで」「揺れる想い」「マイ フレンド」がミリオンセラーに。
アルバムでは9作が連続でミリオンを達成しており、これは史上最多記録。
ボーカルの坂井泉水

ボーカルの坂井泉水

ZARDの作詞・ボーカルは坂井泉水が担当していました。
ZARD結成前はモデルとして活躍

ZARD結成前はモデルとして活躍

坂井泉水さんははじめモデルとして活動されていたそうです。
この美しさなら納得ですね!!
歌手になるという強い希望を持ち続けました

歌手になるという強い希望を持ち続けました

負けないで

応援ソングとして不動の人気を誇る名曲ですね!!
負けないで

負けないで

ZARDの知名度と人気を上げた最大のヒット曲。
1994年、第66回選抜高等学校野球大会入場行進曲に選定

1994年、第66回選抜高等学校野球大会入場行進曲に選定

2014年1月17日放送のテレビ朝日『ミュージックステーション』「6000人にきいた元気ソングランキング」では、幅広い年齢層から支持され1位を獲得。

20160207 ZARD特集 負けないで - YouTube

君がいない

君がいない

君がいない

ZARD自身7番目の売り上げを記録しました。
大ヒット曲「負けないで」と「揺れる想い」の間にある曲であり、売り上げ自体は80万枚に達し、オリコンチャートにも15週にわたってランクインしている。

ZARD - 君がいない - YouTube

揺れる想い

揺れる想い

揺れる想い

「ポカリスエット」CMソングというだけで想い出す人も多いでしょうね。
47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

B.B.クィーンズ、T-BOLAN、WANDS、DEEN…ビーイング系ギタリストが集結するイベントが開催!!

B.B.クィーンズ、T-BOLAN、WANDS、DEEN…ビーイング系ギタリストが集結するイベントが開催!!

90年代に隆盛を極めたビーイング系アーティスト。このたび、ビーイング系のバンドに所属するギタリストが集結するライブイベント「Being Guitar Summit 2018 Vol.06」が8月に開催されることが決定しました。
隣人速報 | 662 view
安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,037 view
5月27日、ZARD・坂井泉水さん10回目の命日に東京と大阪で献花台が設置

5月27日、ZARD・坂井泉水さん10回目の命日に東京と大阪で献花台が設置

2007年5月27日に、ZARDのボーカル・坂井泉水さんが 亡くなってから今年で10回目の命日を迎える。5月27日の命日に、ファンの思いを届ける場として献花台が東京と大阪で設置されることが分かった。
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 126,738 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 106,801 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト