こっそり見てた深夜放送の『11PM』(イレブン・ピーエム)
2018年5月21日 更新

こっそり見てた深夜放送の『11PM』(イレブン・ピーエム)

ドキドキの深夜放送11PM。はじめて、大人の番組を見てしまった子供のころを思い出します。

60,084 view
年頃の少年には過激だった、深夜番組の11PM。当時の話題や人気コーナーをまとめました。
https://pbs.twimg.com/profile_images/378800000016713391/b21acbc3ee34f393054839e8046769c1.jpeg (906901)

『11PM』(イレブン・ピーエム)は、日本テレビと読売テレビ(当時は「よみうりテレビ」表記)の交互制作で1965年11月8日から1990年3月30日まで約24年半に渡って放送されていた深夜番組であり、日本初の深夜のワイドショーでもある。

11PM - YouTube

出典 youtu.be
http://pds.exblog.jp/pds/1/200802/24/89/f0109989_2331486.jpg (906904)

正式名称は『WIDE SHOW 11PM』(ワイド・ショー - )、略称は「イレブン」。「イレピー」とも。開始当初は午後のことを「PM」(Post Meridiem)と呼ぶ概念がまだ薄かった時代であり、新聞のテレビ欄に「11P・M」と記載されていた。
http://ktsob.com/_src/sc1201/img046.jpg (906906)

出典 ktsob.com
それまで視聴率不毛の時間帯と言われた深夜の時間帯の開拓に乗り出し、『モーニングショー』(NET、現・テレビ朝日)同様、アメリカの夜の情報番組をヒントに企画された。現在では"お色気番組の元祖"的なイメージが持たれるが、初期は週刊読売編集長だった山崎英祐が司会を務め、時事問題についての考察を述べる日本テレビ報道局制作の硬派番組だった。
http://blog-imgs-50.fc2.com/a/x/o/axolotlfc2/20131102144149e25.jpg (906908)

視聴率が全く獲れなかったことから方針を転換、放送開始からわずか半年で報道局が総撤退して制作局に当番組の制作を移管するというテコ入れを施した結果視聴率も上昇し、深夜の時間が定着する。
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-9c-18/tiggogawa66/folder/1495163/80/53639080/img_0 (906910)

毎週月曜・水曜・金曜は日本テレビが、火曜・木曜は読売テレビが制作。日本テレビでは大橋巨泉、愛川欽也、読売テレビは藤本義一(作家)が主に司会を担当し、お色気から硬派な社会問題まで幅広く取り上げた。中でも木曜は系列各局を回りながら、その土地の名物や風俗を探訪する企画を、また金曜には週末情報の色合いを強め、釣りや麻雀のコーナーを放送していた。

11PMの人気コーナー

http://blog-imgs-14.fc2.com/2/4/1/241829/11pm2.jpg (906913)

裸のヨガ
火曜イレブンの名物企画。文字どおり、海岸で女性モデルが全裸(前が映るときはトップレス)でヨガのポーズを披露していた。
http://livedoor.blogimg.jp/umunenori/imgs/4/f/4f0c3234.jpg (906915)

秘湯の旅
火曜イレブンの名物企画。「うさぎちゃん」と呼ばれた女性リポーターが全裸に近い状態で、数々の温泉を紹介した。「効能」という言葉もこのコーナーから広まった。
https://encrypted-tbn3.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQTWCg2SFr29dOkjeATE0haUO5MkFI-2-Z4BSYjliyymHjkunrsgw (906917)

裸の報告書シリーズ
故・ポール・モーリアの「オリーブの首飾り」のテーマ曲で始まる月曜イレブンのお色気企画。主にいそのえいたろう(風俗ライター)やカルーセル麻紀がリポーターを務め、トルコ風呂(現・ソープランド)などの性風俗産業の取材を行い、裏文化の仕掛け人の紹介をした。
http://ks.c.yimg.jp/res/chie-que-10146/10/146/323/160/i320 (906919)

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

えっ?! あの人も?80年代11PMのカバーガール

えっ?! あの人も?80年代11PMのカバーガール

深夜番組、11PM(イレブン・ピーエム)に登場する女性 「ホステス」司会者の隣に座りアシスタントを勤める CM前等に写る、「カバーガール」 「今週のギャル」火曜イレブン 水着を着て、棒につかまり踊る。 またソファ、ベッドの上でポーズを取るパターンもありました。
90年代、関西で人気があった深夜のお色気バラエティ番組『おとなのえほん』

90年代、関西で人気があった深夜のお色気バラエティ番組『おとなのえほん』

1980年代~2009年まで続いたサンテレビの土曜深夜枠のバラエティ番組の一つで、1992年10月~1996年9月に放送されていた『おとなのえほん』。規制の緩かった時代からか、この枠の番組の中でも、特に露出度、お色気度が高い番組でした。
ahya810 | 83,190 view
【なすび】伝説の「電波少年的懸賞生活」で彼がゲットしたものは?その過酷な挑戦を振り返る。

【なすび】伝説の「電波少年的懸賞生活」で彼がゲットしたものは?その過酷な挑戦を振り返る。

「人は懸賞だけで食べていくことが出来るか?」テーマに比べて過酷さが際立っていた懸賞生活企画。当時なすびさんが獲得出来た戦利品を今一度確認してみよう。猿岩石のヒッチハイク企画と比べても、決して引けを取らない過酷さだったことがうかがい知れる。
青春の握り拳 | 213,621 view
伝説の深夜番組「11PM」の初代ホステス・元祖芸妓タレント『安藤孝子(あんどうたかこ)』さんは今?

伝説の深夜番組「11PM」の初代ホステス・元祖芸妓タレント『安藤孝子(あんどうたかこ)』さんは今?

伝説の深夜番組「11PM」大人に隠れてこっそり見ていたあの頃を思い出します。そんな「11PM」の司会だった藤本義一の初代アシスタントを務めた安藤孝子さんの今どうしてる??
【電波少年】過酷な試練を乗り越えた彼らはいずこへ。ヒッチハイクをした人たちの今。

【電波少年】過酷な試練を乗り越えた彼らはいずこへ。ヒッチハイクをした人たちの今。

バラエティ界に金字塔を打ち立てた伝説の番組「電波少年」。その企画の中でもとりわけ有名だったのが、「ヒッチハイク」でした。あのとき、過酷を極めた旅を終えた人たちは、今、何をしているのでしょうか。
k_ohnuki | 17,321 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト