半世紀以上も第一線で活躍しつづけるローリング・ストーンズの魅力!
2015年9月15日 更新

半世紀以上も第一線で活躍しつづけるローリング・ストーンズの魅力!

1962年4月のロンドンでデビューをし、その人気は衰えることを知らず、現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で創作を続けるストーンズの魅力について語ります!

1,663 view

ザ・ローリング・ストーンズ

http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/e/esu-kei/20090904/20090904031953.jpg (965810)

ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。

ロック草創期の1960年代前半から現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で創作を続ける、ロックの代名詞的な存在である。エアロスミスやガンズ・アンド・ローゼズ、オアシスなど、ローリング・ストーンズを崇拝するアーティストは数知れない。

音楽の特色

様々な流行の音楽をも取り入れ、一部のメンバーの交替や、様々なアクシデントを乗り越えつつ成長し、デビュー40周年を超えた21世紀に至ってもなお、ブルース(リズム・アンド・ブルース)ルーツのロックンロールという音楽で、第一線で現役を貫き通しているその姿は本当にカッコイイですね!
ローリング・ストーンズの音楽的ルーツは、黒人音楽のブルースにある。デビュー曲の「カム・オン」はチャック・ベリーのカバーである。彼らがデビューした1960年代初期、アメリカにおいてはまだまだ黒人に対する差別が根強く、「ブルースのレコード・ジャケットには、黒人の顔写真を載せてはならない(黒人ミュージシャン本人の顔写真を含む)」という慣習のある州さえ多かった。こうした時代にイギリス出身の白人のグループでありながら、黒人の音楽であるブルースを心から尊敬し、影響を受け、黒人になりきって歌や演奏に表現しようとしたバンドがローリング・ストーンズである。彼らは更にブルースだけでなく、モータウンやスタックスといったレコード会社に代表される、同時代の黒人音楽も吸収した。

ローリング・ストーンズの活躍は、黒人音楽にルーツをもつ、他の白人ミュージシャンが1960年代後半から1970年代初頭にかけて、米英などで多数登場するきっかけとなったともいえる。

Jumpin'Jack Flash(ジャンピン・ジャック・フラッシュ)

『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』 (Jumpin' Jack Flash) は、ローリング・ストーンズの1968年のシングル。
ウーピー・ゴールドバーグ主演の映画『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』(1986年公開)の主題歌として起用されたほか、多くのロックミュージシャンは無論、近年ではヒップホップ・ミュージシャンが取り上げるなど、ジャンルを超えて聴かれる機会が多くなっている。『フルハウス』ではこの曲をサイレント演奏するというシーンがある。

The Rolling Stones - Jumping Jack Flash - Live On Copacabana Beach - YouTube

(I Can't Get No) satisfaction(サティスファクション)

The Rolling Stones - Satisfaction - live 1969 - YouTube

She's A Rainbow

Rolling Stones - She's A Rainbow 1966 - YouTube

Angie(悲しみのアンジー)

The Rolling Stones - Angie - OFFICIAL PROMO (Version 1) - YouTube

Brown Sugar(ブラウン・シュガー)

Rolling Stones - Brown Sugar - 1971 - Top of The Pops - BBC UK. - YouTube

他にも名曲をあげればきりがないのですが、たくさんの曲がCMで起用されたり多くのアーティストにカバーされていますね♪

2014年:2月26日,3月4日,6日の東京ドーム 公演

アルバム『GRRR!』リリース後の14オン・ファイヤー・ツアーの一環として行われた。主催はキョードー東京ほか。チケットは14,000円 - 18,000円と前回から大きく変わらなかったが、ゴールデン・サークル席は80,000円という高額になったにも関わらず完売した。公演回数の減少、平日のみの開催と悪条件が重なったにも関わらず全公演チケット完売のため、ステージが一部見えない「参加席」(10,000円)も販売された。
23 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

2020年公開の長渕剛主演映画「太陽の家」の主題歌「Orange」が完成!かつての長渕の主演映画って?

2020年公開の長渕剛主演映画「太陽の家」の主題歌「Orange」が完成!かつての長渕の主演映画って?

2020年公開の映画「太陽の家」で主演を務める歌手・長渕剛が、このたび映画の主題歌「Orange」を書き下ろし、YouTubeの自身の公式チャンネルなどで公開しました。
隣人速報 | 1,042 view
「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

「情熱の薔薇」など、ブルーハーツのワーナー時代の楽曲がリマスターで配信開始!ミドルエッジの特設サイトも要チェック!

ワーナー時代にTHE BLUE HEARTSが発表したシングル全作品のリマスター版、そして30周年記念ベストの「ワーナー盤」のダウンロード配信がスタート!
隣人速報 | 1,740 view
筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯のピアニスト「エディ」こと三柴江戸蔵としてのデビュー以来、今年で30周年を迎える三柴理。記念アルバム「BEST of PIANISM」の発売にあたり、ミドルエッジ編集部のインタビューに応えていただきました。
BOØWYの地元・群馬の上毛新聞に全面広告が!広告に掲載されたBOØWYからのメッセージの意味とは?

BOØWYの地元・群馬の上毛新聞に全面広告が!広告に掲載されたBOØWYからのメッセージの意味とは?

80年代を代表するロックバンド・BOØWYが、地元群馬の「上毛新聞」に全面広告を掲載しました。また高崎駅や、1988年4月に行われたラストライブ「LAST GIGS」が開催された東京ドーム近くの水道橋駅にも、同様の広告が貼られているとのこと。
隣人速報 | 10,773 view
1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月、世間を熱狂の渦に巻き込んだGLAY伝説の「20万人ライブ」!!

1999年7月31日に開催された「GLAY EXPO(通称:20万人ライブ)」を皆さん覚えていますでしょうか?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト